FC2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫01

紋黄蝶の季節・・・

モンキチョウモンキチョウ 何処にでも居るといえば、言い過ぎか・・・でも、何処にでも居る「モンシロチョウ」同様なじみ深い蝶なのだ。ただ、コチラは紋白蝶に対して紋黄蝶なのだ。黄色の紋のある蝶という意味なのだが、すべてのモンキチョウが黄色というわけではない。いろいろ検索を繰り返している内に知り得たことなのだが、黄色は雄であり、雌は白っぽい色をしているのだという。「何処にでもいる蝶」と呼ばれるほど有名な蝶ともなれば、私のような、いわゆる一般人には「ほとんど何も知られていない」というのが「常識」になっているのかも知れぬ・・・ところが、黄色全てがオスかといえばそうでもない。メスの中にも黄色いモノと白いモノがいるからだ。北方に行くほど白いものが多いと言われている。辺りの野原では霜の降りる頃まで活動しているのを目撃することもあり、寒さに強い蝶のようだ。黄色い雄と白い雌のモンキチョウがもつれ合いながら飛んでいるのを見かけることがある。黄色い雄が先に飛んでいて白い雌が後を追いかけているように見える。これは、雌が積極的であるのでも、雌がすなおに雄につき添っているのでもない。実は飛んでいる雌を見つけた雄が、雌が通るのを妨害しているということらしい・・・どうでもいいようなコトばかり妄想している間に「秋の彼岸」になってしまった。強化ガラスに頭部をブッ付け、三途の川を渡りそうになりながら、なんとか此岸に踏み留まったのが「春彼岸の入り(03/18)」、縫合ヶ所(数十ヶ所)の抜糸(04/19)、今日秋彼岸の入り(09/20)、事故以来、すでに半年が経過・・・ガラスの小さな破片が少しずつ剥がれ、腫れが引き始めるに連れ、空恐ろしい現実に引き戻される今日この頃ではある。こんなコトに想いを馳せながら馴染み深いハズなのに具体性のない妄想に耽るばかりの紋黄蝶との「馴染み」を、的確に捉えた短文が秋の月さんより寄せられていた・・・突然受けた強烈な衝撃に「夢みるユメ男」の危ないユメも漸く晴れそうだ。。。

秋の月 > 紋黄蝶の季節・・・子供達が網を持って追っかけこしている野原には、宝物のような思い出があります。草むらの花に止まっている蝶やトンボの羽を摘まんで「ピリピリ」とした体に伝わる感覚…その、不安な手を放すと…何処かへ飛んで行ったこと… 。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

高校野球ダンス

フルバージョン【朝日新聞公式】第100回全国高校野球選手権記念大会「ダンス」篇




関連記事

チョウトンボの夏・・・

良く晴れた日に、チョウトンボは水辺に隣接する高い木に群れる。このような行動をよく見せるのは、まだ未熟成虫に多いと言われているが、上空で、木の周りに集まるアブやカを捕食し、群遊する光景もよく目にすることはあった。チョウトンボの交尾は短時間(約数秒)で終わるため、見極めるチャンスも少ない。交尾は静止して行われるほか、飛びながら空中で済むことも多い。成虫は6月中旬~9月中旬に見られ、未成熟個体は水域周辺の雑木林などで栄養飛翔を行い、成熟すると水辺に戻り、♂はなわばりを持つ。特に夕方に群れをなして上空から水面付近に次々と舞い降りる姿には息を呑む。幼虫は平地の抽水植物や浮葉植物、挺水植物などが繁茂する腐植栄養型の池などを好むのだが、近年このような環境は少なくなりつつあり、残念ながら個体数は減少の一途をたどっているようなのだ。天敵が増えたとか、チョウトンボの生命を脅かす直接的な減少の原因といったものが明確になったというコトよりも、自然界の在りようそのものの変化がチョウトンボの生命存続、繁殖には適合しなくなりつつあるのが「現代の流れ」・・・淋しいけれど致し方なし、「チョウトンボに幸あれ」。


チョウトンボの飛び方


チョウトンボの産卵





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

桔梗が咲いた・・・チョウトンボの池。

キキョウキキョウ チョウトンボの池に桔梗が咲いた。眼に見えて、減少し続けるチョウトンボ
チョウトンボチョウトンボの出現数が気になり始めてからもう数年になる。それ以前のこの池では、シーズ
チョウトンボチョウトンボンともなると大きなメタリックカラーの翅を羽ばたきながら の見事な乱舞シー
チョウトンボチョウトンボンも、今や懐かしい夢物語になってしまった・・・これらBlog の画像を揃えるために 一日に二度、約1週間通いつめ拾い集めたもの。何分にも現れてくれる個体の絶対数が少ないので水面を飛びながら交尾や産卵を繰り返す姿には涙ぐましいシーンもあり、開花したばかりの桔梗が文字通り花を添えてくれるチョウトンボの夏なのだった。

秋の月さんより下記のようなコメントを頂戴しました。「チョウトンボとジュンサイ」の関わりやその影響など、・・・あるのか?ないのか?耄碌爺なりに現在も調査中です・・・。

秋の月 > 桔梗が咲いた???蝶蜻蛉の池・・・ “ この夏の 水面の濁り 一輪の 蜻蛉すいすい 清きに映る ” 私が初めてチヨウトンボを見た池…あの美しい翅…エメラルド色に輝く…手の平に止まってくれた…蝶蜻蛉が乱舞する棲家でした…。画像は、其の当時のように美しい…。 ( 2018/07/21(土) 12:43 )




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

チョウトンボの夏・・・

チョウトンボチョウトンボ 「チョウトンボの夏」がやって来た。季節が巡ってくれば必ず数回は足を運び、チョウトンボの美しい姿を撮り始めてから約十年は過ぎた。近ごろ、その数は眼に見えて少なくなり、飛び回るトンボの動作にも余裕が無く、目視する数も明らかに減少した・・・環境変化と言えばそれまでの話なのだが・・・こんなコトを繰り返しながら「イノチつなぐ」自然の営み。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ




関連記事

「空気よめよ!」山本太郎【国会中継 参議院 内閣委員会】平成30年7月10日・・・

「空気よめよ!」山本太郎【国会中継 参議院 内閣委員会】平成30年7月10日






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

キバナノマツバニンジン

キバナノマツバニンジンキバナノマツバニンジン 何度も見ているはずなのに「名前が出てこない・・・」こんなコトの連続で無駄に時間を費して一日が終わってしまう。こんなコトの繰り返しでは何事も「遅々として進まない」・・・「キバナノマツバニンジン」もそんな状態で、もがいた挙げ句にヤッと解放された「よく知られた帰化植物」なのだ。






◆キバナノマツバニンジン=(Y.HADA'S Home Page)=
◆マツバニンジン目撃情報=(Y.HADA'S Home Page)=



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

織女と牽牛の七夕伝説・・・

 7月7日は七夕。伝説では年に一度、おりひめ星とひこ星が天の川を渡って会うことのできる、特別な日なのだ。短冊に願い事を書いたら、空を見上げてみよう。星を眺めることが少ない耄碌爺たちにとって、七夕は曲がり始めた腰を伸ばす良い機会でもあるのだ。今年の伝統的七夕(旧七夕)は8月17日。7月7日とともに、刻々と更新されながら続く「大雨特別警報」を尻目に星や宇宙に思いを馳せてみるのは、やはり不謹慎なことなのか。

むかしむかし、天帝という神様が星空を支配していたころ、天の川の西の岸に、織女という天帝の娘が住んでおりました。織女は機織り(はたおり)がたいへん上手で、彼女の織った布は雲錦と呼ばれ、色も柄も美しく、丈夫で着心地も軽い、素晴らしいものでした。一方、天の川の東の岸には、牛飼いの青年、牽牛が住んでおりました。牽牛は、毎日、天の川で牛を洗い、おいしい草を食べさせたりと、よく牛のめんどうをみる、働き者でした。天帝は、くる日もくる日も働いてばかりいる娘を心配して、娘の結婚相手をさがすことにしました。そして、天の川の向こう岸に住む牽牛をみつけると、二人を引き合わせ…「おまえたち二人は、まじめによく働く。牽牛よ、わしの娘、織女と夫婦(めおと)にならぬか?」牽牛は恐縮したようすで「天帝様、私のような者には、夢のようなお話しでございます。ありがたくお受けします」織女も、働き者の牽牛をたいへん気に入り、二人はめでたく夫婦となりました。ところが、一緒に暮らすようになると、二人は朝から晩まで天の川のほとりでおしゃべりばかりをしています。これを見た天帝は「おまえたち、そろそろ仕事を始めたらどうだ?」といましめますが、織女と牽牛は「はい、明日からやります」と答えるばかりで、いつになっても仕事を始めるようすがありません。織女が布を織らなくなってしまったため、機織り機にはほこりが積もり、天界にはいつになっても新しい布が届きません。また、牽牛が世話をしていた牛たちも、やせ細って、次々に倒れてしまいました。業を煮やした天帝はとうとう、二人を引き離し、一年に一度、7月7日の夜だけ、天の川を渡って会うことを許しました。今でも二人は、7月7日に会えるのを楽しみにして、天の川の両岸でまたたいているとのことです。

[織女と牽牛の七夕伝説]より転載


Hideko Yoshida 吉田 日出子   


Get Out and Get Under the Moon - DOOZY


Get Out And Get Under The Moon
(訳詞:ゆうこ)

夜は どうしてすごしているの    
何もすることがないときは?
本でも読むの? ゲームをするの? 
毎晩 おんなじね

いいことを 教えてあげましょうか
気が滅入らなくなる方法を
わたしの助言は ためになるし
やるのは もっと簡単よ

どんな夜でも ひとりぼっちで
気持ちが ふさいでいるときは
帽子を持って 戸をしめて
月光の中へ 出て行くの 

明るい 銀色の光の下で
じきに 気分がよくなるわ
帽子を持って 戸をしめて
月光の中へ 出て行けば 

ほら 頭上には 星が輝き
ほら 恋人たちは 愛を語る
ああ わたしも 6月の夜がほしい

そうよ 簡単なこと どんな夜でも
気持ちが ふさいでいるときは
帽子を持って 戸をしめて
月光の中へ 出て行くの



関連記事

薮萱草 (やぶかんぞう)の花・・・

ヤブカンゾウヤブカンゾウ 車を走らせている間に眼に飛び込んできたヤブカンゾウらしき色の花のある
ヤブカンゾウヤブカンゾウところ数カ所に立ち寄ってみたけれど全て「ヤブカンゾウ」であった。カンゾウとは中国語
ヤブカンゾウヤブカンゾウで「緩草」と書き、憂いを忘れる草という意味だそうだ。ノカンゾウとの違いは「一重」と「八重」の違いだ。「藪のように複雑なのがヤブ」と記憶することにしている。ノカンゾウにはもっと花の色が濃い、「ベニカンゾウ」があり、花は一重で分かり易い。ヤブカンゾウは雌しべと雄しべが弁化して八重咲きになった。ノカンゾウの蕾や若葉は食べられる。

秋の月さんより、歌が寄せられていましたので転載させて戴きました。いつも有難うございます。

     草木萌ゆ 川の流れの 藪萱草
        生き生きとして 野辺に咲くかな・・・秋の月








blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関連記事

束心蘭の花・・・

ソクシンランソクシンラン 花期は4~6月で、花茎は高さ30~50㎝になり、長さ15~20㎝
ソクシンランソクシンランの穂状花序に多数の花をつける。花は長さ5~6㎜のつぼ形で、白色または淡紅色を帯びる。花茎や花被片に腺毛が密生する。ソクシンランは(ユリ科 ソクシンラン属)の多年草で、本州・四国・九州・沖縄、朝鮮南部、中国などの日当たりのよい山麓の草原や道端などに生える。根茎は太くて短い。花茎や花被片に腺毛が密生する。


◆ソクシンラン=(Y.HADA'S Home Page)=





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

平和の詩 「生きる」・・・慰霊の日 2018

これほど、存在を実感させられる言葉との出会いは感動モノだ。素晴らしく、そして美しい!!

【沖縄の願い】平和の詩 「生きる」慰霊の日 2018


沖縄慰霊の日 曽祖母の体験聞き「命よ響け」 平和の詩





<平和の詩全文> 生きる 浦添市立港川中学校3年 相良 倫子
             (原文のまま、沖縄県平和祈念資料館提供)


私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、
何と美しい島だろう。
青く輝く海、
岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、
小川のせせらぎ、
畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、
生まれ育ったのだろう。

ありったけの私の感覚器で、感受性で、
島を感じる。心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさが
この瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり
私の中に広がりゆく。

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。



七十三年前、
私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃え尽くされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。



みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手を取り合っ

て生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの

日々を。



摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島
の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。



私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争

を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、

宗教を超え、あらゆる利害を越えて、平和

である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。



あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。



今を一緒に、生きているのだ。



だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだとい

うことを。



私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。



大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。



これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。



摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。



 沖縄全戦没者追悼式では、沖縄県浦添市立港川中学3年の相良倫子(さがらりんこ)さん(14)が、自作の平和の詩「生きる」を朗読した。沖縄戦を生き抜いた曽祖母の体験を聞き、「平和とは、あたり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きること」と考えた。【2018年6月23日公開】



関連記事

銀竜草の花・・・

ギンリョウソウギンリョウソウ 「ギンリョウソウ」、北海道から南西諸島までの広域に分布。葉緑素を欠いているため
ギンリョウソウギンリョウソウ大部分が白色で、その姿かたちを竜にみたて「銀竜草」の名がつけられた。植物のなかには光合成をしなくなり、菌類(キノコやカビの仲間)から栄養を奪って生きるものが知られているが、ギンリョウソウもそんな「菌従属栄養植物」の1種で、ベニタケ類の菌糸から栄養を得ている。特に光を必要としないため、暗い森の中での暮らしも難なく暮らしていけるのだ。もっとも地上部に植物体が現れるのは、花を咲かせ、実をつけるための約2か月間だけと短期間なのだ。どちらかと言えば暗いイメージの植物ではある。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索