Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

菅野 完(すがの たもつ)氏が語る、「浪花の野望」・・・その後。。。

  菅野 完氏のハナシが説得力あり、面白い。。。菅野完 事件の責任は迫田前理財局長と松井一郎大阪府知事・・・菅野 完という人は見かけに似合わずキモの据わった人で、少し気になり調べてみれば、橋下氏以下大阪維新の面々と似た土壌から始まり、成長過程で、もの書きの視点に目覚めたのか、 『日本会議の研究』の出版が知られている。現代日本のマスメディアやジャーナリストとは「ひと味違う・・」と感じたのは、「なるほど。。。」であった。インタビューにならないインタビューでお茶を濁し、一人前のジャーナリスト面をしている似非ジャーナリストよりは数段オモシロイ。。。

◆菅野完 - Wikipedia

:◆森友学園の籠池理事長が会見を延期した理由について、
菅野 完氏が取材に応じた。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

浪花の野望・・・

  「浪花のジャニス」小林万里子氏に出会ったのは、神戸・三宮のジャズ喫茶が満席で相席させて貰ったのが約40年前、大学の友人らしき女性と二人、「今、父親に勘当されている・・・」などと、気さくに話してくれる元気な女子学生といった風であった。今想えば、彼女が神戸大学時代に出会っていたようだ。彼女のヒット曲、「朝起きたら・・・」は、すでに聴き憶えがあったし、友人の個展会場まで出向き、ギター1本で聴かせて貰った「浪花のブルース」の数々・・・今もよく憶えている。「松井氏」を「顔がヤクザ!」と皮肉ってみせる感性ははさすがなのだ。。。

◆昨日、 「同業者としてのみなさんへのお願いです。この人たちこそが悪い奴なんです」
塚本幼稚園で行われた修了式において籠池理事長は
|LITERA/リテラ

◆森友問題、国有地9割引きの責任者が現国税庁長官というブラックジョーク- Yahoo!ニュース
◆ 木村真と菅野完の二人の英雄は、もはやこれ以上、森友疑惑で何もしないほうがいい
安倍首相を追い込んだ勇気ある二人の英雄
  天木直人 赤かぶ


◆小林万里子 (シンガーソングライター) - Wikipedia

<森友学園>籠池理事長の野望の裏に潜む「大阪維新」幹部の影


小林万里子「パンク橋下徹」






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

カルト思想、“おかしなオッサンの思いつき”・・・根は深い、

 ここにきて、現政権が吹っ飛びそうな材料がゴロゴロ、それとなくアブナイ政策の撤収に取り掛かるあたりは「積極的平和主義を掲げながら口先政策に奔走し続ける安倍政権」らしいと言えばラシイ・・・が、もう崩れかかっていることには間違いない、そう遠くはないハズ。。。政治腐敗が目を覆うばかりになっている。悪党が善人に見えるほどなのだ。

◆土の搬出業者がトイレでの変死直後、唐突に、安倍でんでんと麻生太郎が「8億円は妥当」と開き直った - のんきに介護
◆<悲鳴を上げた心臓>官邸炎上<本澤二郎の「日本の風景」 - livedoor Blog(ブログ) -
◆安倍首相の怯えが手に取るようにわかる 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆<南スーダンPKO>撤収 政府本音はリスク回避 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
◆森友問題の原点 安倍・松井・籠池を結びつけた団体の正体(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
◆“歴史を変えた伝説の2・26会談” 森友問題の原点 | 日刊ゲンダイDIGITAL
◆第二の森友学園、安倍首相の友人学校に36億円の土地!|情報速報ドットコム






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関連記事

スプリング・エフェメラル(春植物)ではない芹葉黄連・・・

セリバオウレンセリバオウレン 芹葉黄連もスプリング・エフェメラルなどと呼ばれる“春の植物”と想ってしまい勝ちだが、芹葉黄連の葉は枯れることなく、年間を通じて付けているのでスプリング・エフェメラル(春植物)ではないのだ。芹葉黄連には両性花と雄花があるのが特徴と言える。 両性花は花の中央に暗緑色の雌しべがあり、明らかに雄花とは様子が異なる。
 



◆セリバオウレン 両性花・雄花・雌花






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関連記事

山這う節分草・・・

セツブンソウセツブンソウ 日常の気忙しさに気を取られ、忘れていた丹波の森のアノ林床・・・次々と開花するスプリ
セツブンソウセツブンソウング・エフェメラルに彩られる華やかな季節が、もうやって来ている筈だ。待った無しで駆け付けてみれば、セツブンソウの群落が山裾をこぼれ落ちそうになって咲き乱れていた。 この花の開花期にもなんとか間に合ったけれど、いつものことながら、自然界の「生命(イノチ)の営み」には感動させられる。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

壊れかけの鉢にも・・・春の兆し。

フキノトウフキノトウ 庭の片隅に放りっぱなしの忘れられた鉢から春の兆し・・・これぞ、巡る生命(イノチ)の逞しさと言うべきなのだろう。昨年の春、持ち帰った蕗の薹、鉢に指したまま忘れていたモノが芽を吹き始めたのだ。秋の月さんより歌が寄せられていたので転載させていただきました。

         蕗の薹 食す吾に 春や春
                丹波の山の 想いよ深き・・・秋の月


     





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

寒椿と山茶花・・・

カンツバキ寒椿 花の少ない季節にも、目を惹き付けて放さない花はある・・・それは「寒椿」とか「山茶花」と
寒椿カンツバキか。椿と山茶花は花びらのつき方やおしべの形、花の散り方までが違うらしいのだが、寒椿は、椿という名がついていても、その特徴は、山茶花とほぼ同じなのだという。寒椿と山茶花は非常に近い品種ということになり、現在多く生えている寒椿は日本固有種で、山茶花の園芸品種、椿と山茶花の交雑種、中国種との交雑種など、色々な説があるようだ。もともと寒椿は椿と山茶花が交雑して出来たと考えられる「獅子頭(ししがしら)」のことを指していた。それが、獅子頭からいくつもの園芸品種が作られ、それらすべてを「寒椿」と呼ぶようになり、椿自体が日本古来の種と中国原産の種の交配が進み、現在日本だけで500種類ほどあるとされている。山茶花の特徴を持った品種もあり、この3種類を分けるのはますます難しくなりそうなのだ。

◆ 椿(Camellia japonica)ツバキ科ツバキ属 花期:2月~4月(原種) 9月~5月(園芸品種) 花形:一重・カップ型(原種) 一重・八重(園芸品種) 花の開き方:平開にはならない 少し内側にまとまっている おしべ:筒状になる 子房(おしべの付け根にある膨らんだ部分)の毛:なし花色:紅(原種) 紅・紫・ピンク・白など(園芸種) 落花:花の根元から全部落ちる 香り:あまりない

椿の特徴をザックリと羅列してみればザッとこんな風になるのだが、このように見てみると、寒椿と山茶花を別物として捉えることはほぼ不可能で、花びらの数が寒椿のほうが心持ち多いといった差くらいしかない。園芸種ともなると専門家でも見分けがつかないことがあり、寒椿は山茶花の一種と捉えることが主流になっているようなのだ。

寒椿は元々は椿と山茶花が交雑して出来たと考えられる「獅子頭(ししがしら)」のことを指していた。それが、獅子頭からいくつもの園芸品種が作られ、それらすべてを「寒椿」と呼ぶようになったのだ。

この「獅子頭」に関しては異説もあり、中国原産だという説、山茶花のみから生まれた園芸品種だという説、中国のユチャ(油茶:中国揚子江からラオス・ベトナムに生えるツバキ属の一種。山茶花と近縁)と椿との雑種という説もあり、「寒椿伝説」のネタが尽きることは無し。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

なんともオゾマシイ名前、「瑞穂の國記念小學院」のハナシ・・・

 いよいよ「アベ自爆」の時がやって来たか。。。幼稚園児に「教育勅語」を暗唱させている学校法人、「森友学園」に格安で国有地を売却するという「トンでも話」が持ち上がり、アベ関連の問題が持ち上がっても居眠りでやり過ごしを決め込んできた「マスゴミ各社」も目を覚ましたフリを見せ始めた。これを黙ってやり過ごすことは、さすがにウシロメタイことではあるらしい。。。



◆政権の底が抜けるほどネタはある! 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然 |
日刊ゲンダイDIGITAL

◆内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑の闇
| 日刊ゲンダイDIGITAL

◆疑惑の愛国小学校設立案件がクロであることを証明する写真 : 経済ニュースゼミ
◆安倍国会答弁で安倍小学校の事件化は必須: 『知られざる真実』
◆ 恥を知れ、安倍晋三 売国奴安倍晋三完璧アウト - 生きるため
◆大阪・森友学園 寄付募った名称は「安倍晋三記念小学校」
| 日刊ゲンダイDIGITAL





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

あらひとがみ(現人神)~しょうちょう(象徴)へ・・・

  天皇陛下がビデオメッセージで「象徴」としての【心】を公開(16/08/08)されて以来、◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!や、 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日における細野豪志・民進党のキレ味鋭い質疑動画を見る度に深く考えさせられ、気付けば約3週間の思考停止状態に陥ってしまったようなのだ・・・幾度となく動画に耳を傾け、説得力ある文章を噛み砕くように読む・・・そして考える・・・こんなコトばかり繰り返していたけれど久しぶりにオベンキョーしたような気分に浸っている今日この頃なのだ。。。
 ◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!

- 安倍首相に対する批判や罵詈雑言は数々ある。

 私も安倍批判においては言いたい放題、書きたい放題だ。

 しかし、これほど厳しく、なおかつ、的確な安倍批判は、後にも先にもないだろう。

 そう私が思う、いわば「日本一の安倍批判」を見つけたので紹介したい。

 まず黙って次の文章をお読みいただきたい。

 「安倍さんは、ずるい政治家です。政治の世界では、人を欺いたり、裏切ったり、ずる賢く立ち回ったりというのはありますが、それは政治家同士の権力争いで行われること。政策決定が国民の生活なり人生設計に影響がある場面で、そういうズルをやっちゃいけないんです・・・安倍さんを表現するとき、私は、二つの『ムチ』に集約できると思うのです。ひとつはignorantの無知、もうひとつはshamelessの無恥です。無知については、彼はまず歴史を知らない。戦後の日本人が築いてきた歴史を踏まえていないんです。ある政策を決定する場面で、現代に至るまで過去の政権がどういう議論と決定をしてきたか、そのプロセスを知る事は非常に重要な事です。しかし、安倍首相はそういう過去の世代へのリスペクトがまったくないんです。日本国憲法というのは、戦争で310万人もの人がなくなり、その犠牲者たちに対する義務感で作られた側面があるわけです・・・もうひとつ、安倍首相の無恥についてお話ししましょう。一言で言って、安倍さんはずる賢いんです・・・安倍首相は自分の考えに同意する人物を登用し、反対する人はクビにしてしまう。つまり、安倍政権のやり方というのは、『法による支配』ではなく、『人』による支配なんです。現在、政策の違憲性について指摘するのは最高裁判所と内閣法制局です。安倍さんは、これまで集団的自衛権について違憲だと唱えていた内閣法制局長官をクビにし、自分に都合の良い人物を据えた。内閣法制局長官が解釈すれば、それが法ですから、形としては法の支配です。しかし、裏を返せば、実際には人の支配なんですよ。これまでの歴代の内閣はこれだけはやってこなかった。人事に手をつけて自分の都合の良い解釈を引っ張り出して後の事は考えない。実に危険な考え方です。『無恥』としか言いようがない・・・」

 その批判はこう締めくくられている。

 「過去の世代が議論し築き上げてきたものへの敬意と次世代への責任。その二つを考えるなら、重要な案件はたくさんあります。少子高齢化、原発、地震など、国の存続に影響する重要課題は山積しています。きちんと過去と向かい合い、次世代につなぐ政権運営をするべきなのです」

 これほど厳しく、それでいて、罵詈雑言ではなく、これほど的確な批判があるだろうか。

 しかもこの批判をした人物はただの批判者ではない。

 大学の名誉教授である。

 しかもただの名誉教授ではない。

 安倍首相の政治思想史の恩師である加藤節成蹊大学名誉教授なのだ。

 恩師からこのような批判を受けるようでは、もはや安倍首相は、まともな神経の持ち主なら、日本の首相にとどまるわけにはいかないだろう。

 いくら野党が不在でやりたい放題出来るとしても、首相にとどまること自体が恥だ。

 それにしても、このような批判を、身分を明かして公言した加藤節名誉教授の勇気は凄い。

http://◆天木直人.com/ - 日本の動きを伝えたいより、転載。


細野豪志・民進党 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日




      ==================== * ====================


天皇陛下「お気持ち」表明 ビデオメッセージで公開(16/08/08)






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

「云々(うんぬん)」を読めず・・・(でんでん)でも・・・

 「云々(うんぬん)」を読めず・・・安倍晋三が「訂正云々」の云々を「でんでん」と読んだ。引用した文や語句のあとを省略するときに、以下略の意で、その末尾に添える語「云々(うんぬん)」が読めないまま、恥ずかし気もなく「でんでん」と読み上げたという話で妙に盛り上がっていたけれど、わたくし如き耄碌老人社会の住人には、ありがちなコト・・・というより「日常茶飯事」でもあり、枝葉末節、重箱の隅をほじくるような話なのだ・・・が、安倍首相の場合も首相得意の上から目線によるこれは蓮舫代表とのやり取りで安倍首相の口から飛び出てきた言葉で、プラカードを掲げた民進党や野党を皮肉る言葉を繰り返している中で「訂正でんでんというご指摘は全くあたりません」と発言。あまりにも安倍首相が堂々と言っていることから野党側も気が付いていない感じだったっが、後からジックリと見直してみると、文脈から見ても言葉の違和感が強いと言える・・・さすが総理、安倍晋三。

しかし、山本太郎氏「褒め殺しノリ質問」には迫力もあり、それなりの効果もあったけれど、問題はその後だ。安倍首相の答弁が終わると、伊達忠一参院議長が「山本君の発言につきましては速記録を調査の上、適切に対応したい」と宣言したからだ。たしかに山本の質問は少々煽り気味ではあったが、その内容は虚偽ではなく事実を並べ立てただけだ。もしもこの山本氏の質疑が議事録に残らないようなことになったとしたら、それは権力による事実の「改竄(かいざん)」に他ならない。

◆国谷裕子がNHK『クロ現』降板の舞台裏を告白!突如、上層部から交代指示が…|LITERA/リテラ



山本太郎vs安倍晋三【全21分】1/25参議院・本会議









blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



関連記事

山帰来・・・さるとりいばら

カジツサンキラ葉 実は日本の野草植物の中で、最も解毒効果があるといわれている。昔は、水銀中毒患者
サンキラ葉サンキラカジツに使われていたそうで、重金属を解毒する強力な植物とされている。水銀まで解毒するとは・・・また、梅毒によく効くそうで、昔は使われていたらしい。そして餅、西日本では、サルトリイバラの葉っぱで柏餅を包むのが(葉は食べないが)一般的に普及していた。







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関連記事

新春、播磨灘遠望。。。

ハリマナダハリマナダ 2017/01/11・・・新年、初登り。取り敢えずは、山頂直下のビューポイントを目指し、一
西山昭和池気に駆け上がった。此処まで来れば、明石海峡から西へ播磨灘がキラキラ輝く細いラインを引いて見せてくれるのだ。。。よく見れば工場の建造物や煙突などがよく解る。視界をゆっくりと西へ移動してみれば播州平野の穀倉地帯を挟むように、さして高くはない、なだらかな里山が横たわる。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索