Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

カルト思想、“おかしなオッサンの思いつき”・・・根は深い、

 ここにきて、現政権が吹っ飛びそうな材料がゴロゴロ、それとなくアブナイ政策の撤収に取り掛かるあたりは「積極的平和主義を掲げながら口先政策に奔走し続ける安倍政権」らしいと言えばラシイ・・・が、もう崩れかかっていることには間違いない、そう遠くはないハズ。。。政治腐敗が目を覆うばかりになっている。悪党が善人に見えるほどなのだ。

◆土の搬出業者がトイレでの変死直後、唐突に、安倍でんでんと麻生太郎が「8億円は妥当」と開き直った - のんきに介護
◆<悲鳴を上げた心臓>官邸炎上<本澤二郎の「日本の風景」 - livedoor Blog(ブログ) -
◆安倍首相の怯えが手に取るようにわかる 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆<南スーダンPKO>撤収 政府本音はリスク回避 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
◆森友問題の原点 安倍・松井・籠池を結びつけた団体の正体(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
◆“歴史を変えた伝説の2・26会談” 森友問題の原点 | 日刊ゲンダイDIGITAL
◆第二の森友学園、安倍首相の友人学校に36億円の土地!|情報速報ドットコム






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


なんともオゾマシイ名前、「瑞穂の國記念小學院」のハナシ・・・

 いよいよ「アベ自爆」の時がやって来たか。。。幼稚園児に「教育勅語」を暗唱させている学校法人、「森友学園」に格安で国有地を売却するという「トンでも話」が持ち上がり、アベ関連の問題が持ち上がっても居眠りでやり過ごしを決め込んできた「マスゴミ各社」も目を覚ましたフリを見せ始めた。これを黙ってやり過ごすことは、さすがにウシロメタイことではあるらしい。。。



◆政権の底が抜けるほどネタはある! 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然 |
日刊ゲンダイDIGITAL

◆内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑の闇
| 日刊ゲンダイDIGITAL

◆疑惑の愛国小学校設立案件がクロであることを証明する写真 : 経済ニュースゼミ
◆安倍国会答弁で安倍小学校の事件化は必須: 『知られざる真実』
◆ 恥を知れ、安倍晋三 売国奴安倍晋三完璧アウト - 生きるため
◆大阪・森友学園 寄付募った名称は「安倍晋三記念小学校」
| 日刊ゲンダイDIGITAL





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

あらひとがみ(現人神)~しょうちょう(象徴)へ・・・

  天皇陛下がビデオメッセージで「象徴」としての【心】を公開(16/08/08)されて以来、◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!や、 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日における細野豪志・民進党のキレ味鋭い質疑動画を見る度に深く考えさせられ、気付けば約3週間の思考停止状態に陥ってしまったようなのだ・・・幾度となく動画に耳を傾け、説得力ある文章を噛み砕くように読む・・・そして考える・・・こんなコトばかり繰り返していたけれど久しぶりにオベンキョーしたような気分に浸っている今日この頃なのだ。。。
 ◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!

- 安倍首相に対する批判や罵詈雑言は数々ある。

 私も安倍批判においては言いたい放題、書きたい放題だ。

 しかし、これほど厳しく、なおかつ、的確な安倍批判は、後にも先にもないだろう。

 そう私が思う、いわば「日本一の安倍批判」を見つけたので紹介したい。

 まず黙って次の文章をお読みいただきたい。

 「安倍さんは、ずるい政治家です。政治の世界では、人を欺いたり、裏切ったり、ずる賢く立ち回ったりというのはありますが、それは政治家同士の権力争いで行われること。政策決定が国民の生活なり人生設計に影響がある場面で、そういうズルをやっちゃいけないんです・・・安倍さんを表現するとき、私は、二つの『ムチ』に集約できると思うのです。ひとつはignorantの無知、もうひとつはshamelessの無恥です。無知については、彼はまず歴史を知らない。戦後の日本人が築いてきた歴史を踏まえていないんです。ある政策を決定する場面で、現代に至るまで過去の政権がどういう議論と決定をしてきたか、そのプロセスを知る事は非常に重要な事です。しかし、安倍首相はそういう過去の世代へのリスペクトがまったくないんです。日本国憲法というのは、戦争で310万人もの人がなくなり、その犠牲者たちに対する義務感で作られた側面があるわけです・・・もうひとつ、安倍首相の無恥についてお話ししましょう。一言で言って、安倍さんはずる賢いんです・・・安倍首相は自分の考えに同意する人物を登用し、反対する人はクビにしてしまう。つまり、安倍政権のやり方というのは、『法による支配』ではなく、『人』による支配なんです。現在、政策の違憲性について指摘するのは最高裁判所と内閣法制局です。安倍さんは、これまで集団的自衛権について違憲だと唱えていた内閣法制局長官をクビにし、自分に都合の良い人物を据えた。内閣法制局長官が解釈すれば、それが法ですから、形としては法の支配です。しかし、裏を返せば、実際には人の支配なんですよ。これまでの歴代の内閣はこれだけはやってこなかった。人事に手をつけて自分の都合の良い解釈を引っ張り出して後の事は考えない。実に危険な考え方です。『無恥』としか言いようがない・・・」

 その批判はこう締めくくられている。

 「過去の世代が議論し築き上げてきたものへの敬意と次世代への責任。その二つを考えるなら、重要な案件はたくさんあります。少子高齢化、原発、地震など、国の存続に影響する重要課題は山積しています。きちんと過去と向かい合い、次世代につなぐ政権運営をするべきなのです」

 これほど厳しく、それでいて、罵詈雑言ではなく、これほど的確な批判があるだろうか。

 しかもこの批判をした人物はただの批判者ではない。

 大学の名誉教授である。

 しかもただの名誉教授ではない。

 安倍首相の政治思想史の恩師である加藤節成蹊大学名誉教授なのだ。

 恩師からこのような批判を受けるようでは、もはや安倍首相は、まともな神経の持ち主なら、日本の首相にとどまるわけにはいかないだろう。

 いくら野党が不在でやりたい放題出来るとしても、首相にとどまること自体が恥だ。

 それにしても、このような批判を、身分を明かして公言した加藤節名誉教授の勇気は凄い。

http://◆天木直人.com/ - 日本の動きを伝えたいより、転載。


細野豪志・民進党 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日




      ==================== * ====================


天皇陛下「お気持ち」表明 ビデオメッセージで公開(16/08/08)






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

「云々(うんぬん)」を読めず・・・(でんでん)でも・・・

 「云々(うんぬん)」を読めず・・・安倍晋三が「訂正云々」の云々を「でんでん」と読んだ。引用した文や語句のあとを省略するときに、以下略の意で、その末尾に添える語「云々(うんぬん)」が読めないまま、恥ずかし気もなく「でんでん」と読み上げたという話で妙に盛り上がっていたけれど、わたくし如き耄碌老人社会の住人には、ありがちなコト・・・というより「日常茶飯事」でもあり、枝葉末節、重箱の隅をほじくるような話なのだ・・・が、安倍首相の場合も首相得意の上から目線によるこれは蓮舫代表とのやり取りで安倍首相の口から飛び出てきた言葉で、プラカードを掲げた民進党や野党を皮肉る言葉を繰り返している中で「訂正でんでんというご指摘は全くあたりません」と発言。あまりにも安倍首相が堂々と言っていることから野党側も気が付いていない感じだったっが、後からジックリと見直してみると、文脈から見ても言葉の違和感が強いと言える・・・さすが総理、安倍晋三。

しかし、山本太郎氏「褒め殺しノリ質問」には迫力もあり、それなりの効果もあったけれど、問題はその後だ。安倍首相の答弁が終わると、伊達忠一参院議長が「山本君の発言につきましては速記録を調査の上、適切に対応したい」と宣言したからだ。たしかに山本の質問は少々煽り気味ではあったが、その内容は虚偽ではなく事実を並べ立てただけだ。もしもこの山本氏の質疑が議事録に残らないようなことになったとしたら、それは権力による事実の「改竄(かいざん)」に他ならない。

◆国谷裕子がNHK『クロ現』降板の舞台裏を告白!突如、上層部から交代指示が…|LITERA/リテラ



山本太郎vs安倍晋三【全21分】1/25参議院・本会議









blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



“総理のやることは何でも素晴らしい”と言わんばかりのその姿は、もはや痛々しいほどである。

 我が国にはジャーナリストと呼べる人が居なくなって久しい。そんな中でいつも冷静な目で捉えながら、的確な解説や見解を示してくれる人が居る・・・今となってジャーナリストと呼べる数少ない人、それが池上晃、この人だと思っている。今朝(1/06)コノ池上晃氏が、有働アナ、井ノ原快彦(アイドルグループ「V6」のメンバー)が司会するNHKの「あさイチ」に登場、元NHK職員でもある池上氏をゲストに呼ぶとは・・・NHK内部に改革でも・・・ !? と勘ぐってはみたけれど果たしてどうなのか。。。

最初に取り込んでいた YouTubeの動画が午後には全て削除され、使用できずYouTube以外のサイトにあったので取り込み使用させて貰った。。。


池上彰の2017年 世界を見に行く 2017年1月3日

池上彰の2017年 世界を見に行く 2017年1月3日 170103... 投稿者 tvbagi

池上彰の2017年 世界を見に行く 2017年1月3日170103... 投稿者 Usagi-1



◆安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表!
2017年もコイツらには要注意|LITERA/リテラ

:◆日銀、株高下支えの上場投信購入 「10%超保有」が年内、13社に:経済(東京新聞)


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



「活動的な馬鹿より恐ろしい物はない」・・・

 ウソに塗れた2016年も、なんとか誤魔化し終えた安倍政権・・・まだ、活動的な馬鹿とまでは成長し切れていないようではあるが、潰すなら今の内・・・ 「活動的な馬鹿より恐ろしい物はない」。。。

◆国の借金は1000兆円を優に突破これが2016年の安倍晋三だ! 半歩前へⅡ
◆天皇が「主権回復の日」に「沖縄の主権は回復されてない」と異議を唱えていた!
安倍政権に奪われる天皇の発言機会
|LITERA/リテラ

◆言えないことをズバッと、さすが「世界の北野」だ 半歩前へⅡ/
◆日本政府に一片の「反省なし」を世界に宣言! 半歩前へⅡ/
◆なぜここまで平気で嘘をつけるのか?
2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10!
/リテラ
-
◆弱者を救済せずして何が政治家かバカ者! 半歩前へⅡ
◆国の不正が発覚!
ついにデータ捏造を政府が認めた
simatyan2のブログ




      ==================== * ====================




New Year's Concert 2017 Vienna Philharmonic
Gustavo Dudamel Classical Music Library



2017 ウィーン・ニューイヤー・コンサートでも聴きますか!?
◆2017年はグスターボ・ドゥダメル指揮 2017ニューイヤーコンサート



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

”説・アメリカ属国”憲法論・・・

日本の真の自立とは・・・と、熱く語ってくれるのは、西部邁センセと日本共産党・書記局長小池晃氏という珍しい組み合わせにどんな見解が飛び出すのか?興味深いモノがある。


16-11-10 プライム 西部 小池



      ==================== * ====================


西部邁が大竹まことに人生、思想を語る




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

「テロリストは僕だった~基地建設反対に立ち上がる元米兵・・・

 日常のコトになっていた安倍政権の暴走は、今や、逆走の連発も辞さず、当たり前のコトとなっている・・・この分では、安倍政権の自爆もそう遠くはないようだ。今回の動画「テロリストは僕だった~」・・・は必見。
                     
◆「テロリストは僕だった~基地建設反対に立ち上がる元米兵16.11.20- miomio.tv

◆悲しいのは国会議員でありながら・・・
半歩前へⅡ/ウェブリブログ

◆1977年度成蹊大学法学部政治学科卒業生、安倍晋三さんAJAA
安倍晋三に反対する成蹊大学後輩による抗議声明 on Strikingly

◆ こいつ、偉そうな顔してただの犯罪者じゃないか!!
麻生太郎、政治資金を愛人と山分けしていることが判明。 - のんきに介護

◆>自民党の支持者たちよ、どう償うのか? 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆アベノミクス終了浜田教授の懺悔と黒田総裁の暴走 | THIS WEEK - 週刊文春WEB
◆駆けつけ警護はkaketsuke―keigoだったカルト国家日本-
安倍晋三は、年金カット法案の採決時、「私が述べたことを理解しないなら、何時間やっても一緒だ」と言い放った。

- 逝きし世の面影

◆「安倍晋三・稲田朋美・世耕弘成」の気色悪さ|simatyan2のブログ




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

冬へ、秋山歩・・・

紅f紅f やっと、里山にも秋・・・テレビの画面にも京都の名勝や寺の秋景色が頻繁に登場するよう
紅c紅cになり、いよいよ「秋本番」。黄葉や紅葉の美しい画像を毎日のように見せてくれる・・・最新の
紅c紅c4Kフルハイビジョンなど家電量販店で観るくらいで無縁だが、一般向けのデジタル画像で観る紅葉の画像には、その派手さにいつも圧倒され続けている。時には派手な画面も悪くはないけれど、私はどうも好きにはなれず、デジタル独特のシャープな画像とキリのない派手な画像は好みではない。といっても時代はデジタル・・・フィルムを使わなくなってから約10年になる。繰り返し使用可能なメモリーカードによるコストパフォーマンスも年金暮らしの耄碌爺には捨て難く、仕事ではなく、楽しみとして写真に関わる分にはこれほど有り難いことはない。ともすれば、派手になりがちな画像は補整ソフトなどで調整しながら楽しんでいる今日この頃ではあるけれど。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

木洩れ日を遊ぶ・・・

紅c紅c 炭焼き窯跡コースを下るのはこの秋三度目だった。他のコースより少し荒れた空気感
紅c紅cはあるけれど、雑木林と沢を縫うように木立の中を歩くと気分も変わる。葉を揺らし風が抜け
紅c紅cる木陰の道は、どちらかと言えば夏向きだ・・・ときどき吹き抜ける風に、高く伸びた枝を転がり落ちる陽光はキラリ弾む。踏み越える枯れ枝の割れる音が心地よい沢筋の道・・・。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

 「安倍さんは、ずるい政治家です」・・・成蹊大・加藤節教授

ボク、ソーリ、でお馴染みの「安倍晋三首相」の出身母校である成蹊大の加藤節教授、「言い得て妙・・・さすが恩師」と、変に感心してしまいました。

◆総理の恩師(成蹊大・加藤節教授)  安倍首相の無知と無恥を叱る!
(FRIDAY) - Yahoo!ニュース




 貴族院議員で元東京大学総長)は、「(憲法制定に関わった)メンバーを見たまえ、そんなケチなヤツは一人もおらんよ」と言っていました。ある政策を決定する場面で、現代にいたるまで過去の政権がどういう議論と決定をしてきたか、そのプロセスを知ることは非常に重要なことです。しかし、安倍首相はそういう過去の世代へのリスペクトがまったくないんです。日本国憲法というのは、戦争で400万人もの人が亡くなり、その犠牲者たちに対する義務感で作られた側面があるわけです。歴史を学ぶというのは、過去の人々のアイデアを学ぶことで、憲法制定までには、敗戦直後から多くの学者や政治家が必死になって頭を使ってやってきたわけです。憲法議会ではまさに丁々発止の議論をして憲法を作っていきました。押しつけ憲法なんて言う人もいるけど、私が影響を受けた政治哲学者の南原繁(憲法制定時の貴族院議員で元東京大学総長)は、「(憲法制定に関わった)メンバーを見たまえ、そんなケチなヤツは一人もおらんよ」と言っていました。人から押しつけられて自分たちのことを決めるようなヤツは一人もいないから、メンバーを見てものを言えと言いたかったのでしょう。

 さらに、これまで70年間、憲法を改正しようという動きはほぼ封じられてきました。これは、憲法を自分たちの手で掴み取り、そして定着してきたという証拠でしょう。

消費税の増税は、特に次の世代のために社会保障の充実をはかるための財源を確保するという共通認識の下、国会という立法部で合意し、決定した政策でした。首相は行政府の責任者として立法府のこの決定を忠実に執行する義務を負っています。それをしないということは、安倍さんが三権分立という近代国家の大原則を認識していないのではないかと考えざるをえません。何度となく自分を「立法府の長」と公式の場で語った安倍さんの発言とともに大変気になるところです。これが指摘しておきたい第一の点です。第二に指摘しておきたいのは、消費税増税を選挙の争点として国民の信を問うという安倍さんの姿勢の問題性についてです。国民の多数も野党の多くも賛成している消費税増税再延期は選挙の争点にはなりえません。むしろ、消費税増税が次世代への責任という政治家が負うべき重要な責任に基づくものであるならば、その責任に忠実に、むしろ増税の実施をこそ争点として国民の信を問うことが、政治家に求められる態度であり見識であるはずです。それを示すことのできない安倍さんには、次世代を含む国民の豊かな人生の設計に責任を負うべき政治家としての資質や姿勢に大きな問題があると感じられてなりません。

 
◆総理の恩師(成蹊大・加藤節教授)  安倍首相の無知と無恥を叱る!
(FRIDAY) - Yahoo!ニュース
・・・より、一部抜粋転載させて戴きました




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


秋空に想う・・・

ソラソラ 夏から秋へ・・・空の透明度が増し、「天高く馬肥ゆる秋」などというコトバがあるけれど、秋ソラソラの空気は澄み切っており、空が高く見える。夏は南の海育ちに対し、秋の高気圧は大陸育ちで、大陸育ちの高気圧は空気中に含んでいる水蒸気が少なく、空気が乾燥している、空気が乾燥しているので太陽光の持つ7色の光の内の青や紫など波長が短い光を強く散乱し、そのため、夏の空よりも青々と見え、透明感があり高く感じるのだという。また、2016年11月14日に68年ぶりの大規模なスーパームーンが発生するという。スーパームーンとは月が地球に接近する現象の事を言い、今年は68年ぶりの近さに月が接近する見通しだという。スーパームーン(11月14日)今年のうちで、月がもっとも地球に近づいたタイミングで満月(スーパームーン)になるのが11月14日。今年は月と地球の距離がぐっと縮まって、なんと68年ぶりの近さまで接近する スーパームーン中のスーパームーンで、名付けるなら「ウルトラスーパームーン」といったところか。夜空にぽっかりと浮かんだ迫力満点の月を想像するだけで、心躍る「スーパームーン(超満月)」でもある。

◆スーパームーン2016年は11月14日!時間と方角は?



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ





秋の麒麟草・・・

アキノキリンソウアキノキリンソウ 立ち寄れば、必ず歩いて回る溜池の土手に「アキノキリンソウ」が姿を見せ始めた・・・まだ幼い茎揺らす秋の風。。。枝に花を穂状に付け、その花穂のカタチを酒が発酵する時の泡立ちに見立て、別名をアワダチソウ(泡立ち草)とも呼ばれる。秋の野の花を代表する花のひとつ。晩秋の野原を席巻している帰化種のセイタカアワダチソウは、在来種であるアキノキリンソウに似て背が高いのでセイタカアワダチソウと名付けられたいきさつがあり、別名セイタカアキノキリンソウとも呼ばれる。アキノキリンソウとセイタカアワダチソウはキク科アキノキリンソウ属の同科同属、近縁の花なのだが、セイタカアワダチソウはすっかり有名な花になったのに対し、本家のアキノキリンソウは、さほど知られるコトもなく山裾にひっそりと咲いている。黄色の小さな花が穂のように咲き『麒麟草(きりんそう)』と呼ばれるように伝説のキリンの姿を連想させる山野草なのだ。「麒麟草」の名には、

「黄輪草」
 キリンソウは黄輪草である――とする考え方は白井光太郎博士により提唱された。
博士は、大正の初め頃「園芸之友」誌上に、「在来四季草花名称考」と題する一文を寄せ、次のように書いていた。
キリンソウのキリンは黄輪の意にして、花弁の黄色なるに取る。麒麟の意に非ず。
キリンソウは、その花の色が黄色であるから、黄輪草というのである。世間では麒麟草と呼んでいるようだが、これは間違いであると、白井博士はいう。。。など、ひと悶着あったとか。 




◆アキノキリンソウ(キク科 アキノキリンソウ属)=(西宮の湿生・水生植物)=







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

藪豆の花・・・

ヤブマメヤブマメ ヤブマメ(藪豆)マメ科ヤブマメ属/日本各地から北東アジアに分布。花は初秋に咲き葉腋に数個、花は長さ2cmほどの筒状で薄い紫色、花冠は淡赤紫色から淡紫色になるのが特徴。マメ果(タネ)は長さが3cmほどで、やや扁平で、種子は小さく径3.5mmくらい。また、地下にも閉鎖花をつけ、地下には、径1cmほどで淡桃色の球形の種子が1個入った果実をつけるのが特徴であるとか。長さ2mから3m位にもなるツル性の1年草で、日当たりのよい林縁の草地など、やや湿りっ気のある場所に生育している。自生地が限られていて、一年草では種子が稔る前に刈られてしまうことが多い里山など、頻繁に草刈りが入るような場所では、地域絶滅が危惧されているという・・・といった植物で、この画像は休耕田の土手から笹の茂みを覆うように蔓を伸ばした「アレチウリ」などと絡み合うようにして、ヤッと明るみのミゾ近くに花を出したところで撮影・・・コレだけ撮るのに苦心惨憺。。。


◆ヤブマメ(マメ科 ヤブマメ属)=植物生態研究室(波田研)=





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


どこに向かう日本の原子力政策・・・「NHK・解説スタジアム」

 偏向報道が酷くなるばかりのマスメディア、NHK他、民放4社には辟易していたところへ「安倍デタラメ原発政策を一刀両断 NHK番組の波紋広がる」との見出しで、紹介されていた「NHK・解説スタジアム」・・・安倍政権側にとっては不都合な番組であり、即削除されたらしいが、そこはネットの強み、再度アップされ、一見の価値在りと、当BLOGにも取り込んでみた。まだ生き残っていた「NHKの良識」。。。これぞジャーナリズム。


どこに向かう日本の原子力政策
          
動画再生できない時はコノ文字をクリック後、フル画面で。


◆安倍デタラメ原発政策を一刀両断 NHK番組の波紋広がる
| 日刊ゲンダイDIGITAL

◆いとうせいこう・アジカン後藤が「音楽に政治をもちこむな」炎上に本質的批判!
「そんなバカ言ってるのは日本だけ」
|LITERA/リテラ


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索