Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

虚ろな花・・・

ハナウドハナウド ハナウドは里山の草地にもよく現われ、山際の草地や棚田や水田の土手などにも姿を見
ハナウドハナウドせる。ここでは水田の土手に、スギナ、スイバ、ウマノアシガタ、ヨモギ、ノアザミなどとともに見られた。花時には2mにも達するハナウド(セリ科ハナウド属)の早春のロゼット状の若葉を「ウドナ」と呼んで食べるが、西播磨の一部の地域を除いては、殆ど知られていないローカルな山菜であるらしい。また、アイヌ文化では、茎を生であるいは焼いて、また煮物料理にするなどして食べ、干して保存食にもするとか。ヒメザゼンソウと並び特に重要な「神の野草」ともいわれ、儀式の際の供物とされる地域もあるらしい。また薬にしたという地域もある。里山や山間の草地、原野に生育する越年草ときに多年草。根は太く、茎は中空で直立し、上部は分枝し、高さは1mにもなる。花序径は約18cmで、かなり密に白花をつけ、頂生のものは稔り、側生のものは雄性で稔らないものが多く、周辺花の外側の1花弁は大きくなる。

今回も、秋の月さんより歌が寄せられ、転載させていただきました。
有り難うございます。

      大輪の 山辺の里の
           独活の花 背伸びして見る
                    我が身老いたる・・・秋の月




◆ハナウド(花独活・セリ科ハナウド属 )-初夏の花・
=(西宮の湿生・水生植物)=
◆ウドの語源=植物名の語源=
◆草木の話







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索