Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

ねじばなの花・・・

ネジバナネジバナ 6月下旬以来、時々立ち寄ってみる里山の麓の原っぱや、溜池の土手にネジバナの鮮やかなピンクがよく目立ち、これといった花のない野原を活気づけている。「ネジバナ」の“花物語”を少し探ってみたら野に咲く小さな花ではあっても意外に多いのには驚いた。ネジバナは「ねっこ草」として万葉集に登場するほど古くから自生する野生ランのひとつである。花が小さいのでランの花には見えないけれど、アップにして見ると、いかにもランの花である。花が螺旋状にねじれて咲くので、ネジバナの名があり、右巻きも左巻きもある。別名「モジズリ」とも言い、福島県信夫(しのぶ)郡名産の「しのぶもじずり」の乱れ模様の織物に由来する。信夫もじずりと言えば、百人一首の源融(みなもとのとおる)のよく知られた歌がある。

「みちのくの 忍ぶ(信夫)もじずり 誰ゆえに
             乱れそめにし 我ならなくに」・・・(古今集)

(しのぶもじずりのように私の心はちじに乱れています。
               コレは誰あろう、アンタのせいですよ!。)


 昔の高貴な御方はどこまでも優雅であったらしい。日当たりの良い野原や芝生の中に生え、花は赤味がかったモノからピンク系、稀に白花もあり、日本、東南アジアに広く分布する。ネジバナの付き方は、主に染色体勢の1遺伝子によって決められているという研究結果が昔にあるそうだ。また、螺旋のない直線型の変異体もあるそうで、花の並び方は包葉と呼ばれている花の下にある特殊な葉の付き方で決まり、その包葉より古い包葉がどこに配置されていたかによって決まる。新しい包葉は古い包葉からなるべく離れた位置にできる。螺旋葉序が1:1で出現するのが一般的で、ネジバナの花の巻き方に二つあることは、むしろ普通であるといえるのだ。

◆しのぶもぢ摺(信夫文知摺)について
=「俳聖 松尾芭蕉・芭蕉庵ドットコム」=


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索