Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

いろはにほへど・・・夕萓の花

ユウスゲユウスゲ例年なら昭和池の土手に「ユウスゲ」の黄色い花が目を惹く頃なのだが、今年は一向に姿を
ユウスゲユウスゲ見せない。いつも大小とり混ぜて群生する姿を見せるのだが・・・刈り込み時期など環境に何か変化があったのかも知れない。また来シーズンを楽しみにすることにして、今年はいつもとは違う場所で見たユウスゲを並べてみた。夕方4時頃からレモンイエローの可憐な花を開花させ、薄暗くなった夕闇の中で涼風にそよぐ姿は、かすかな芳香すら想わせて情緒たっぷり・・・夏の宵の花。夕方に咲いて翌朝にしおれる花にはマツヨイグサやカラスウリ等、いずれも夕暮れを感じる体内時計を持っているとか、その他、フォーオクロックと呼ばれ四時ごろ花を開くオシロイバナや三時ごろに開くハゼランなど、特殊な体内時計を持つ野の花は多いようだ。ユウスゲはユリ科ワスレグサ属の多年草、この仲間は東南アジアに約20種生育し、日本にはノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ニッコウキスゲ、ユウスゲなど10種近くが見られ、いずれも一日花であるが、夕方から咲き芳香性を持つのはユウスゲのみらしい。万葉の頃は、ひっくるめてワスレグサ(忘れ草)の名で登場し、この花を身に付け、花の美しさで悲しい事を忘れられるとされており、その後、ユリ科ワスレグサ属の花としてノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ニッコウキスゲ、ユウスゲ等、細かく分類されるようになったと言われている。


◆ユウスゲ(ユリ科 ワスレグサ属)=(西宮の湿生・水生植物)=


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索