Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

道端に、大きく波打つ、「姫女苑」というキク科の花・・・

ヒメジョオンヒメジョオン 梅雨の中休みか、朝はともかく、日中ともなればムシムシ、ムンムン、暑苦しい時が流れ吹
ヒメジョオンヒメジョオンき抜ける一塵の風に、大きく波打つ道端の花、「姫女怨」。土壌の種類を選ばず、土壌環境に対する適応性が強く、江戸時代末(1865年ごろ)に渡来、明治初年には雑草化・・・。「一塵の風、盛者必衰の理をあらは(わ)す。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏(ひとえ)に風の前の塵に同じ。」こんなフレーズを想わせる道端の花、ヒメジョオンは秋の発生後、ロゼット状(根生葉)で生育、越冬するため刈り込みや踏み付けにも強く、越冬した個体が春先になると急激に生長する。種子には冠毛があるため風による伝播が起こりやすく、遠くまで種子の拡散が可能なのだ。夏から秋にかけて発生が始まり、越冬後に茎が立つが、春に発生する個体もある。主な開花期は春~夏だが、10月ごろまで咲く個体もあり、茎上部の枝先にキクの花に似た直径2cmほどの小さな花を多数つける。地上部は開花結実後の秋に枯死する・・・諸行無常。。。


      風に揺れ 群れて咲く花 美しい
            乙女の祈り 天に届けと ・・・秋の月




      ==================== * ====================


感覚を研ぎ澄ませて聴く童謡







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索