Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

羅生門蔓の花・・・

ラショウモンカズララショウモンカズラ 「羅生門蔓(ラショウモンカズラ)」。 この花の名前に出くわす度に、「想像力豊かな感性に拍
ラショウモンカズララショウモンカズラ手を送りたくなります。」といった記述を数え切れないくらい目にしたけれど、耄碌爺、コノ感性にはいつもナットクできず、手近なところで芥川龍之介の「羅生門」導入部を“青空文庫”で拾い読みをして(一部抜粋)・・・「羅生門蔓(ラショウモンカズラ)」という花の名の呪縛から離れたかっただけ・・・深い意味はない。

  芥川龍之介 羅生門 =青空文庫=

 ―― この二三年、京都には、地震とか辻風とか火事とか饑饉とか云う災がつづいて起った。そこで洛中のさびれ方は一通りではない。旧記によると、仏像や仏具を打砕いて、その丹(ニ)がついたり、金銀の箔(ハク)がついたりした木を、路ばたにつみ重ねて、薪(タキギ)の料(シロ)に売っていたと云う事である。洛中がその始末であるから、羅生門の修理などは、元より誰も捨てて顧る者がなかった。するとその荒れ果てたのをよい事にして、狐狸(コリ)が棲(ス)む。盗人(ヌスビト)が棲む。とうとうしまいには、引取り手のない死人を、この門へ持って来て、棄てて行くと云う習慣さえ出来た。そこで、日の目が見えなくなると、誰でも気味を悪るがって、この門の近所へは足ぶみをしない事になってしまったのである。
 その代りまた鴉(カラス)がどこからか、たくさん集って来た。昼間見ると、その鴉が何羽となく輪を描いて、高い鴟尾(シビ)のまわりを啼きながら、飛びまわっている。ことに門の上の空が、夕焼けであかくなる時には、それが胡麻をまいたようにはっきり見えた。鴉は、勿論、門の上にある死人の肉を、啄(ツイバ)みに来るのである。――



◆ラショウモンカズラ シソ科 ラショウモンカズラ属
=(植物図鑑・撮れたてドットコム)=


      ==================== * ====================

 以前から気にはなっていたけれど、「マサか!?」と、逸る心を抑えながらも機会があればと、ベンキョーに努めていたコトが、妙に現実味を帯びて登場することがある。日々検索を繰り返しながら、人の気を惹くためだけの記事ではないと判断し、これからも目を離せないと感じているコトを少しだけ拾い集めてみた。

◆株式会社ムサシ
◆ 【不正選挙疑惑】「ムサシ」は投票機器からスタッフ派遣まで独占状態!
ムサシとロックフェラー家の意外な関係など!
=大摩邇(おおまに)=

◆=「たいへんタイミングのいい地震だった」という、聞くもおぞましい妄言
によく表れている=本気で腹が立つふたりの人物 
風塵だより73「マガジン9」:鈴木 耕氏 | 晴耕雨読

◆<北海道5区の補欠選挙で不正発覚か>:「ムサシ」敗れたり!
<本澤二郎の「日本の風景」=「ジャーナリスト同盟」通信=

<不正選挙疑惑を調べてみた> 選挙開票・企業株式会社ムサシにまつわる事実
- みんな楽しくHappyがいい♪



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TB

ご当地風見鶏

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索