Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

オケラが咲いた・・・

オケラオケラ オケラ、野原を歩き、リンドウの青い花が目を惹く頃になれば、必ず登場するのがオケラ
オケラオケラの白い蕾、そしてオケラとよく似た姿のコウヤボウキの花が姿を見せ始めるのもコノ頃になり、モーロク爺が見間違い、記憶違いに悩まされる頃でもある。実物をよく観れば直ぐに分別のつくことなのだが、それが出来にくくなったというのが「モーロク」の所以なのだから致し方がない・・・「オケラ」といえば、食べておいしい野草のひとつで、信州には「山で旨いのはオケラにトトキ(ツリガネニンジン)、里で旨いのはウリ、ナスビ、嫁に食わすのも惜しゅうござる」と言った里謡の記述が定番になっている。4月か5月ごろ、柔らかい若芽がまだ白い綿毛に包まれているところを摘みとってあえものやお浸しにするが、くせのない味が好まれるらしい。また、オケラは「厄除け」の植物とされ、京都・八坂神社の大晦日から元旦にかけての行事「オケラ詣り」では、オケラの根茎を入れて篝火(かがりび)を焚き、参詣者はその火を家に持ち帰って燈明に点けたり、元旦のお雑煮を作る際の火種として使い、1年の無事を祈願しする。また、梅雨の時期には、除湿の目的で根茎を室内でいぶすとカビの発生を防ぎ、蚊の退治にも有効。湿気の多い地方ではよく行われたという。また、同じ名前の昆虫◆ケラ おけら オケラ(バッタ目ケラ科)=(昆虫エクスプローラ)=の話もあり、昆虫のオケラを正面から見た際、前足が万歳(=お手上げ)をしているように見えることから、所持金を無くし、お手上げ状態・・・オケラとは所持金が全く無い状態をいうコトもある。


◆オケラ(キク科 オケラ属)=(Y.HADA'S Home Page)=



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

コメント

いよいよ十一月です。

■Tokiraさま。
いよいよ十一月になります。
急に寒くなりました。先日には「木枯らし一号」も吹きました。
お風邪など召しませんよう、ご自愛ください。
では、また。
2015/10/31 【sohya】 URL #- [編集]

コメントの投稿







 ブログ管理者以外には秘密にする
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索