FC2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫09

似我蜂と女郎花・・・

オミナエシ&ハチオミナエシ&ハチ 風にゆれるオミナエシの黄色い花が、秋へと誘う。ジガバチは幼虫に食べさせるために餌を
オミナエシオミナエシ漁り、適当な場所を見つけると穴を掘り、獲物を埋め、そこに卵を産みつけるのだ。幼虫は孵
オミナエシオミナエシ化すると親が残していった獲物を食べて育ち、成虫になる。ジガバチの「ジガ」の由来には2つの説があり、穴を掘る親バチの発する「ジガジガ」という音がするからという説と、もうひとつは「似我」なのだ・・・この虫の生態がまだよく知られていなかった頃、ハチが獲物を埋めておくと、後日、そこから獲物ではなく、ハチが生まれてくるという事実に驚いて、「似我」すなわち「我に似よ」と母バチが念じて獲物を埋めるとそれがハチに化けて現れて来た、という観察に基づく話で、なかなか手の込んだ話ではあるが面白い。また、芭蕉のこんな句もあった・・・

       見るに我も折れるばかりぞ女郎花
     (みるにがも おれるばかりぞ おみなえし)

 芭蕉、18歳から29歳。伊賀上野から江戸移住初期の作。この時代の「我を折る」のは現代のように自己主張をしないの意ではなく、「まいった、負けた、魅惑された、感心した」のような文字どおりの意で使われていた。



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索