Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

水辺が似合う禊萩の花・・・

ミソハギミソハギ 「禊萩(ミソハギ)」の花は水際がよく似合う。禊萩(ミソハギ科 ミソハギ属)、和名は禊
ミソハギミソハギ萩(ミソギハギ)であるという。『禊』(ミソギ)とは神道や仏教で神事などを行なう前に、自らの穢れを氷水や、清水、滝などで洗い清めることで、仏教では『水垢離(ミズゴリ)』と言った。しかしこの禊は次第に神事の他、様々な祭りとの関係を深め、やがて『通過儀礼』としての禊も行なわれるようになる。・・・ミソハギは墓や仏壇に供える花としても良く使われ、花弁は6枚。6月~8月の終わりにかけ、紅紫色の花を次々とつけ、花期は長い。和名の由来には諸説あり、『禊(ミソギ)萩』の詰まったもので、『盂闌盆会』(ウラボンエ)の時に仏前の供物に水を注ぐとき、ミソハギの花穂を用いる習慣があったために名付けられたとする説があり、また、『水萩(ミズハギ)』が転じたもので、水辺に生え、 花が萩に似ているためとする説もある。別称としては盆花(ボンバナ)やホトケサンバナなどがある。ミソハギには12 本の雄シベと1 本の雌シベがある。雄シベのうち6本は短く6本は長い。そして雌シベには3つのタイプがあり、第一は「長花柱花(チョウカチュウカ)」と言うもので、どの雄シベよりも長い雌シベの柱頭を持っているタイプ。第二は「中花柱花(チュウカチュウカ)』で、長い雄シベと短い雄シベの中間に雌シベの柱頭があるタイプ。第三は『短花柱花(タンカチュウカ)』で、どの雄シベよりも雌シベの柱頭が短いタイプである。同じタイプの花で受粉しても結実することはなく、これは近親増殖を防ぐために神が与えた自然の知恵と考えられている。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索