Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

七節(ナナフシ)の不思議・・・

ナナフシナナフシ ナナフシ目 ナナフシ科 オスは濃褐色でメスよりも細いが、通常、メスだけで単為生
ナナフシナナフシ殖を行うため、滅多に見つからない奇妙な昆虫。ナナフシは小枝によく似ている。木の上を生息環境としているので、地球上で最も効果的な自然の擬態が行える動物と言われている。歩く棒という意味の「ウォーキング・スティック」とも呼ばれるナナフシの大きさは、体長が約1.2センチの北アメリカ産の小さな種から、体長が30センチを超えるボルネオ産の大きな種までさまざまだ。巨大なものは、脚を伸ばした状態で50センチ以上もあり、世界最長の昆虫として知られている。メスは通常、オスよりも大きい。ナナフシは熱帯や亜熱帯地方で見かけられることが圧倒的に多く、温帯地方に生息する種もいるが、森林や草地で葉を常食としており、夜行性で、日中はほとんど動かずに植物の下に隠れている。メキシコに生息するファノクレス・ホルニという種のオスは、とにかく交尾をしたがるらしい。メス1匹に3匹のオスが同時に交尾していることもあったり、枯れ枝と交尾しているオスもいたりするそうだ。学名のホルニは、「性的に興奮状態の」を意味し、この昆虫の幼生の触角を切断してみると、やがて起こるべき再生のうち、約30%では、元どおりの触角ではなく、脚が作られてくるというのだ。 この奇妙にもドラマチックな変化こそは、実は今日の、遺伝子の働きによる形態形成・発生の研究の隆盛をもたらした基礎に通じるものなのだった。



◆孵化したナナフシ・・・(【Aladdin's cock】 )
◆G線上のアリアからラヴィアンローズへ・・・七節物語(【Aladdin's cock】 )
◆ナナフシの「七不思議」=(ナショナルジオグラフィック日本版サイト)=


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索