Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

いま一度、アンコールを聴く・・・Vienna Philharmonic New Year's Concert

 行ったこともなければ、無論、住んだこともない「永世中立国・オーストリア」の「楽都・ウィーン」には、憧れにも似た妙な想い入れがある。モーロク爺、まだ観ぬ“ウィーン”への想い入れのウラには、若い頃に観た映画「第三の男」や近年では「愛の嵐」など、映画の影響が少なからずある・・・所詮は「映画小僧の誇大妄想」の域を出るモノではないけれど。初めてフルに聴いたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート・・・ 「ウインナワルツ」は、いわゆるワルツの「ブンチャッチャ・・・」では理解しにくいのだという。「ダダダン!タン、ダダダン!タン」くらいの勢いで解釈した方がウインナワルツの感じがつかめるというのだ。作曲家によっても違うが、ヨハン・シュトラウス2世のワルツはわりと猥雑なので、お上品なノリにしないほうがいいとも言われている。また、この有名なニューイヤーコンサートでは、毎年決まり事のように守られる「お約束ゴト」があるのだ。アンコールは3曲演奏され、2曲目は『美しく青きドナウ』、ラストは『ラデツキー行進曲』が演奏される。『美しく青きドナウ』の冒頭が演奏されると一旦拍手が起こり、指揮者は演奏を中断し新年の挨拶を行う。そして再び最初から演奏を始める。『ラデツキー行進曲』では、指揮者が観客に手拍子を求めるのが慣習となっている・・・そんな慣わしがあるとは知らなかった。それでというわけでもないがアンコールと新年の挨拶部分などで指揮者それぞれの持ち味が楽しめる。また、その年によってカメラワークが変わり、視覚的にも楽しませてくれる ・・・歴史ある「楽都ウィーン」ニュー・イヤーFes・・・「ウィンナワルツ祭り」といったところなのだ。モーロク爺には、想った以上に気楽に楽しめるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートは、なるほどヨハン・シュトラウス、なるほどウィンナ・ワルツなのだった。。。最後に今年のニューイヤーコンサート、指揮ズービン・メータ:の後半部、アンコールタイムRadetzky-Marsch(ラデツキー行進曲)までの動画も並べてみた。

◆第三の男(The Third Man ) - YouTube
◆愛の嵐(The Night Portier) - YouTube

シュトラウスⅡ世 美しく青きドナウ  小澤征爾 ウィーン・フィル


Radetzky March with Happy New Year on Neujahrskonzert 2002


指揮 : ズービン・メータ
Vienna Philharmonic New Year's Concert 2015 Part 2
2.Concierto de Ano Nuevo 2015_Orquesta Filarmonica de Viena





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

コメント

二月になりました。

■Tokiraさま。
二月になりました。
あなたも風邪に罹られたようですが、私も
一月下旬に不覚にも風邪に罹りまして、
十日あまり風呂にも入れず、散歩も止めて、
静かにしておりました。
冬の寒さが身に堪えるようになりました。
二日ほど前から風呂も散歩も再開しましたので、
ご放念を。
二月は私の誕生月で、私も「ん」歳になりました。
つまらないことを書きました。 では、また。
2015/02/01 【sohya】 URL #- [編集]

コメントの投稿







 ブログ管理者以外には秘密にする
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索