Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

三草山初冬・・・

昭和池昭和池  冬、早朝の昭和池、やっと霧らしきモノに覆われた三草山と昭和池を見ることができた・・・だか
昭和池昭和池らといって、どうした!?といったことはナニも無い。数年前、霧の中を登った記憶が甦り、もう一度、ファンタスティックな、昭和池界隈の光景に出会ってみたいと想っていただけのことである。コレで十分と言うにはちょっと物足りない気もす
昭和池昭和池るけれど、刻々と流れるように変化する景色の中に居るだけで、なかなかファンタスティック!
mikimiki時間の経過に連れ高くなる太陽に、ともすれば掻き消されるようになるモヤといった方がいいようなキリではあるけれど、吹き込む風が次のベールを送り込んでくる・・・静かな景色に動きが加わりドラマティックや。この日は、“みくさ古道”を、山頂下のビューポイントまで登り、淡路島から播磨灘を眺めながらの昼食、ということになったけれど、この道を歩く人が多くなっているのには驚いた。
炭焼窯sawa食事している間にも行き交う登山者が2組、この道も今や完全に市民権を得たようで・・・やや下
沢道沢道り気味の空模様に折り返し下山を開始、途中、例の縄師・ K氏の労作「・・・隠れ家」へ寄り道、少し入ったところで声が聞こえてくる。若い人が2人、ガスコンロを置き、賑やかに食事中なのだった。話を聞いてみれば「サミット会場」の案内板は意味が解らぬまま立ち寄ってみたら、なかなかの景観と、よく行き届いた「・・・隠れ家」の造りに、「腰を下ろし寛いでいるところです。こんなにいい場所があるとは・・・有り難いです」と話してくれた三木の男性二人連れ、三草山にはもう二度目になるとか、格好いいお兄さん達とはココで別れ、炭焼き窯コースから昭和池周回コースを歩き、久しぶりに歩く沢沿いの落ち葉道は、頼りない足にも優しく初冬の里山を満喫させてくれる。



◆霧の種類=(天気の仕組み)=





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索