Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

可憐な花を咲かせる・・・東国鯖の尾

tougokusabanootougokusabanoo “春植物の宴”も終わりに差し掛かる頃ともなれば、アノ花、「東国鯖の尾」という植物
sabanooutougokusabanooが可憐な花を咲かせ始める。この花に初めて出会ったのは2年前、杉の木が生い茂る植林
sabanoousabanoou帯・・・大木の隙間から木漏れ日が少し差し込むだけで、昼なお薄暗い。堆積した枯れ葉や木
sabanoousabanoouの隙間に、白い花を捧げ持つように茎を伸ばすその姿は、ひっそりとして可憐・・・無我夢中
sabanoousabanoouでカメラに収めた。アノ日以来、この時期になれば丹波通いが恒例になっている。「東国鯖の尾(トウゴクサバノオ)」、なんとも凄い名前が付けられたものだ。調べてみれば、実は袋果で水平に開く。この形を「鯖の尾」に見立て、関東地方に多く見られるというのが名の由来で、大袈裟な名に見合うほどの深い意味などない・・・「東国鯖の尾」、名に似合わず可憐な花を咲かせる植物・・・忘れ難い名前でいいと思う。 キンポウゲ科シロカネソウ属 山地のやや湿った場所に生える多年草。茎は高さ10~20cmとの記述が多いけれど10cmがいいところではないか、20cmもあるモノは見たことがない。花は5~8mmで全開せず、淡黄緑色でやや下向きに咲く。花は下向きに咲くものが多く天気が悪いと開かない。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索