Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

浅黄色の美しいチョウ・・・

asagiasagi 若狭・青葉山の登山口で軽やかに舞う「アサギマダラ」3頭に出会った。“渡り”の途
asagiasagi中なのか、ヒラヒラ舞ってはヒヨドリバナで吸蜜を繰り返す。アサギマダラを撮らなくなって、
asagiasagiというより、撮ることが出来なくなってから何年になるのか・・・温暖化の影響も少なからずあるとは想うけれど、コチラの行動範囲の変化も一因であることは確か。夏も終わりの若狭の山で出会うとは・・・感慨もひとしお、夢中でシャッターを押し続けた。もう忘れかけていた「アサギマダラ」に関するコトをまた少し調べてみたら“渡り”の距離がどんどん更新されていて、アサギマダラの会の記録によれば最新の最長移動距離は、以下のような経路を辿り、今までの最長飛翔距離を更新したことが確認されたようだ。

アサギマダラの会の記録によれば以下のような経路を辿っている。

和歌山県日高町西山 2011年10月10日(標識・放蝶)
  ↓
高知県香美市香北町谷相白尾林道 2011年10月20日(再捕獲・再放蝶)
  ↓
中国・香港 2011年12月31日(再捕獲:Colleen Chiu)

「過去最長の移動距離は長野県―台湾間の約2300キロ。今回は間違いなく、それを上回っている」と指摘した。(2012年1月7日 香港時事)

◆アサギマダラ(チョウ目 タテハチョウ科 マダラチョウ亜科)
=昆虫エクスプローラ=

・・・消え始めていた「アサギマダラ」の記憶を甦らせようと復習してみた・・・

 浅黄色(淡青色)とは、蝶の写真で薄青色の透き通りそうな部分の色を指し、この色の言葉が生まれた背景には、参勤交代で江戸に上ってきた地方の侍が、普通何度も染めて出す藍色を1、2 回で済ませた安い「浅葱木綿」を羽織の裏地にしたので、田舎侍を馬鹿にして「浅葱裏」と呼んだことからきているそうだ。アサギマダラの本州での食草はキジョランやイケマ、などガガイモ科の植物で、路傍でよく繁茂している植物。いずれも毒があり、これを食べているアサギマダラには他の昆虫や鳥も近づけないのだ。

 春から夏にかけては本州等の標高1000メートルから2000メートルほどの涼しい高原地帯を繁殖地とし、秋、気温の低下と共に適温の生活地を求めて南方へ移動を開始し、遠く九州や沖縄、さらに八重山諸島や台湾にまで海を越えて移動する。地球の温暖化が進んでいることも解ってきていて、近年、移動の時期がどんどん早くなる一方、日本では東北地方あたりが北限だったものが、今では北海道・函館山あたりがアサギマダラの名所になってきているという。少し前まで「アサギマダラは平地では5月ごろに成虫が現れ、夏は平地では見られず、山地へ集まる。そして、秋になると再び平地に見られるようになり、冬でも枯れないキジョラン(鬼女蘭)だけで幼虫越冬をする」と考えられていたけれど、移動のルートが判明し始めるとともに、どうも大空に蝶たちが通う「蝶の道」があるのではないかと推測されはじめているようで、行きと帰りでルートが違うことも明らかになってきているという。

蝶を数えるとき、1匹、2匹、又は、1羽、2羽と数えてしまうが、正式には1頭、2頭と数えるらしい。この数え方は、大型動物のような数え方なのだが、明治のはじめに海外から標本が入ってきたとき、ばらばらになった欠陥品が多く、正確な数がわかる頭の数を数えるようになったコトから来ているらしい。だが、「頭」ではしっくり馴染まないので、今は1匹、2匹が多いという・・・結局、どちらでもいいと言うことか。

 小さな蝶が日本列島を縦断、さらに南の沖縄や台湾、香港まで2000キロ㍍以上を飛んでいく。翌年春には、その逆のコースを日本に渡って来るという。近年、その不思議な旅が、更に明らかになりつつあるようだ。知らなければ野鳥も昆虫も植物も、ただ自然の一部に過ぎないけれど、ひとたび知識を得ると、そこからファンタスティックワールドへの扉が開かれ、いろんなことを教えてくれる・・・アサギマダラの話に興味が尽きるコトはない。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

コメント

いよいよ十月です

■Tokiraさま。
いよいよ十月です。
台風が接近しているようで何となく不安な一日です。
だいぶ勢力が弱まっているようですが今日午後からは
注意したいと思います。内外ともにザワザワと騒がしく
下々のこちらとしても心が落ち着きません。
心して参りましょう。  では、また。
2012/09/30 【sohya】 URL #- [編集]

コメントの投稿







 ブログ管理者以外には秘密にする
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索