Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

金鳳花という花・・・

ウマノアシガタウマノアシガタ 群生するウマノアシガタと、ツヤのある黄色い花を飛び回る蝶、ベニシジミを今年になって初めて見たのは、四月も終わりの頃だった。それ
ウマノアシガタベニシジミまでは時期が巡ってきても咲くはずの花は咲かず、花が咲かないので虫の姿を見ることもない。虫がいなければ野鳥も姿を見せず・・・といった異
ニリンソウニリンソウ常な状態に陥っていた自然界のサイクルが、四月の終わり頃になって一斉に目覚めたらしい。畦に咲く花という花が殆ど同時に、そして、一斉に狂ったように咲いた。このウマノアシガタでさえ群生する姿を見るのは久しぶりなのだった。ウマノアシガタといえば、いつもその名前の由来には、納得するとか、しないとか以前の「いい加減さ・・・」ばかりを思い知らされてイヤになるけれど、「金鳳花」という別名には惹かれる。ツヤのある光沢に輝く花のイメージにピッタリだと思うし、見方によれば金ピカの光沢が誘う「キッチュな世界」も連想させてくれるアートな花なのかも知れない。キンポウゲ科のイチリンソウ属にはニリンソウ(下段の二枚)やオダマキ、オキナグサ、フクジュソウなどよく知られた花が多いけれど、その殆どが毒成分を持っているので要注意植物でもある。「金鳳花」とは、本来、八重咲きのモノを指す名前で、画像のような一重の花は「ウマノアシガタ」と呼ぶのが正しいらしい・・・のだが「ウマノアシガタ」ではねぇ・・・ナンセンス!としか言いようがない。

◆キンポウゲ科の花(植物生態研究室(波田研))











blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索