Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

リュウノウギク咲く三草山麓・・・

k&aリュウノウギク 前夜の荒れ模様がウソのように晴れ上がった朝、縄師・Kさん、秋の月さんと久しぶりの三草山歩を楽しみに出かけた。まだシットリと水を含ん
リュウノウギクだ三草コースには、少ないけれどコウヤボウキが咲き始めている。日曜日とあって山頂は賑わい、周辺のススキが山の秋をまだ彩っていて美しい・・・“三草古道”を下り、ビューポイントから眺める昭和池は、台風12号の影響を受けて以来、約二ヶ月にもなるけれど未だに水を満々と湛えていて、こんな昭和池を見るのは初めてで、久しぶりに歩く岩場も滲み落ちる水に光り、なかなかの景観を見せてくれる。先を行く秋の月さんが、崖を回り込んだところで「あれっ!?こんな所にリュウノウギクが咲いてるよ!これ、リュウノウギクに間違いないと思うよ・・・」と驚いたように声を上げた。近づいてみると野菊が一本だけ茎を横に伸ばしているので取り敢えずは撮影、帰宅後、画像を見ながらネットで調べてみたら間違いなく「リュウノウギク」なのだった。日本固有種のリュウノウギクが三草山にもあるコトを初めて知り感激している。リュウノウギクは、いろんな種類の野菊の中でも一番遅く咲いて、霜の 降りる頃まで咲いているらしい。 リュウノウギクの美しさに堪能しながら・・・近頃、想ってもいなかった植物に出合うことも多くなり、三草山界隈に豊かな自然環境が蘇りつつあることを思い知らされ、自然界の底知れぬ生命力にオドロキ桃ノ木イヌザンショウの木の今日この頃なのだった。

◆リュウノウギク(キク科 キク属)(植物生態研究室(波田研))













blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索