fc2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫12

自生するキキョウ・・・三草山麓

オケラキキョウ 三草コースの山頂近くまで歩いたところで桔梗の出迎えを受け、近くには小さいけれどオケラも花を咲かせ始めている。日本の山野から急激にキキョウキキョウその姿を消した花のひとつと言われている“桔梗”・・・ではあるが、シーズンになれば、三草山界隈ではまだ自生する桔梗を、かなり観ることができキキョウる。それも約1ヶ月くらいの間にアチラで二輪、こちらで一輪といった調子で、草むらの中に自生する花の美しい姿を見せてくれる。桔梗(キキョウ)の名を持ったキキョウ科の花にはタニギキョウ、サワギキョウ、ヒナギキョウ、キキョウソウなどがあるけれど、タニギキョウは4~6月にかけて関西では低地の山裾に群生し、ヒナギキョウは夏から秋にかけて小さな可愛い花を咲かせ、野原などで群生すると言われているがコチラはまだ観たことがない。また、キキョウソウは北米原産の帰化種で、葉が茎を抱くように段々につくのでダンダンギキョウの別名があり、とくに関西ではその勢力を伸ばしているらしくて6~7月にかけて道端でもよく見かけるようになった。自生する桔梗の在来種が少なくなったと言われているけれど、三草山麓の自生するキキョウを見る限りでは、そんな話とは全く無縁に想えるほど美しい姿を見せてくれる。三草山麓に、これほどキキョウが自生しているとは知らなかった・・・。


◆幻のオケラ (知識の宝庫!目がテン!)
◆無病息災の薬草「オケラ」(オケラ | 植物の話あれこれ |日本新薬株式会社)

◆サワギキョウ(キキョウ科 ミゾカクシ属)(植物生態研究室(波田研))
◆タニギキョウ(キキョウ科 タニギキョウ属)植物生態研究室(波田研)
◆ヒナギキョウ(キキョウ科 ヒナギキョウ属)植物生態研究室(波田研)
◆キキョウソウ(キキョウ科 キキョウソウ属)(植物生態研究室(波田研))











blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

コメント

桔梗の花

桔梗の自生しているのは数年前までは自宅近辺で咲いていましたが最近は見たことありません。
お庭に咲きますが紫色の色がちがいますね!

お写真に何時も感動させられて主人共々共鳴しています。この桔梗自生種ならではの美しさを画像が表現
していると感じた次第です。
有難うございました。
2011/08/27 【Y・Y・Y・】 URL #- [編集]

チョッピリ化粧、素のママがいい・・・

Y・Y・Y・さん、こんばんは。

素のママがいい・・・ということを体現してくれているのが
これら、三草山に自生する桔梗たちではないかと想います。
花の色は言うまでもなく、その姿かたちから佇まいまで
“素”のよさを語り尽くしていると想うのですが・・・

そうそう、先日、山友から頂戴したオクラや蒼いぶどうにも
更には、昨日滑り込みで鑑賞してきた「山下清展」にも
強烈な“素”のパワーや良さを再認識してきましたよ。

2011/08/27 【Tokira】 URL #VL3GinqI [編集]

コメントの投稿







 ブログ管理者以外には秘密にする
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索