fc2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫05

なでしこいろいろ・・・

カワラナデシコカワラナデシコ 通り掛かりに、ときどき立ち寄る空き地の片隅に、また、カワラナデシコが咲いた。女子サッカー日本代表・なでしこジャパンが団体として初めて国民栄誉賞を受賞することが決まったとのニュースが流れる。ワールドカップで優勝したときから盛んに聞かれる「やまと撫子」というコトバ、あるローカル紙の記事には「東北大震災の被災地に“やまとなでしこ”を植え込み“がんばろう東北”などと書き込んだ大きな鉢を送った・・・」など賑やかなことこの上なし・・・だが、「やまとなでしこ」という種はなくて、日本女性の凛として清らかな美しさを称えるコトバとして存在する・・・。カワラナデシコ『枕草子』には「草の花はなでしこ。唐のはさらなり、大和のもいとめでたし」。『枕草子』のいう「唐のなでしこ」は石竹(セキチク)のことで、平安時代に伝来したので古来のものに「大和」の冠詞をつけたらしい。また、「やまと撫子」について・・・大昔から日本女性の褒め言葉として「大和撫子」が使われていたかは疑わしい。日本のことを倭(やまと)と呼んだのは日本人自らではない。中国人からの「背が曲がって丈の低い小人」の意味の蔑称である。『旧唐書』には702年、「倭国みずからその名の雅ならざるをにくみ改めて日本となす」とある。・・・また、「日本」を訓読みにするなら「ひのもと」であり、熟語で訓読みするのなら「やまと」であろう。(「日本」という国名の読み方について)・・・などといったような記述もあり、ひとたび「やまと(大和・倭)」というコトバが絡み始めるとややこしくて煩わしい。大勢の日本人が感動すればするほどややこしくなりそうで、“なでしこジャパン”のお嬢さん達が気の毒にさえ思えてくる今日この頃、夢を追う女たち、神にもなれば人にもなる、鬼にもなれば蛇にもなる、いろいろな価値観を並立する女の時代がやってきたのだ・・・と見るのが正しいのではないか・・・色もいろいろ、ナデシコいろいろ、色々あればこそ撫子・・・取り敢えずは“なでしこジャパン”に乾杯!・・・クマゼミが鳴き始めた真夏日の朝。

◆【なでしこ国民栄誉賞】選手コメント集( - MSN産経ニュース)












blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索