Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

河原松葉の花・・・

カワラマツバカワラマツバ いつも通り、あさ四時に目が覚めたので、即、テレビのスウィッチをON!・・・女子サッカーW杯ドイツ大会決勝、日本対米国を早朝観戦。パスを繋ぎながらチャンスとみれば、ボールと一緒に雪崩れ込む“なでしこジャパン”の面々、パワフルなプレイの連続に完全に引き込まれてしまった早朝の約3時間・・・なかなかエエ試合でした。迫力もあり“感動モノ”でした。アメリカチームの足元を転げ回るように擦り抜け、躰を張って攻め込む小柄な“大和撫子”たち・・・どこの誰が言い始めたのか知らないけれど“なでしこジャパン”とは、ネーミングとしても悪くない。“なでしこジャパン”のナデシコは当然「カワラナデシコ」である筈だし、そうでなければならないと思っている。カワラマツバ通常は、単に「なでしこ」といえば「カワラナデシコ」を指しており、当然“やまとなでしこ”もこの「カワラナデシコ」であると思うし、そうでなければならない。中国産のセキチクは「からなでしこ」であり、カーネーションは、さしずめ「毛唐(けとう)なでしこ」ということになるのかも知れない・・・。大柄な美しさのカーネーションと繊細で淡い色の“やまとなでしこ”の体を張った対決には、男のソレとは違う“美しさ”を見せて貰った。“なでしこジャパン”お見事!!
きょうの画像・・・泡をつけたような白い花が揺れる「カワラマツバ」で、「なでしこ」とはなんの関わりもないけれど「カワラ」だけで強引に「カワラナデシコ」・・・「なでしこ」・・・「なでしこジャパン」まで繋いでしまったという次第。

◆カワラマツバ(アカネ科 ヤエムグラ属)(植物生態研究室(波田研))
◆カワラナデシコ (ナデシコ科 ナデシコ属)(植物生態研究室(波田研))











blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!










関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索