FC2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫12

咲き続ける、スプリング・エフェメラル・・・

ニリンソウニリンソウ パッと咲いて、サッと散る潔い花・・・サクラの季節も束の間に終わり、ヤマザクラの花が赤紫色の葉に包まれて薄桃色に染まる。山々が美しいニリンソウカタクリグラデーションを見せてくれる頃になり、ともすれば、センティメンタル・エロ・ロマンな気分に囚われがちになる今日この頃のエロボケ老人なのだけれど、あてもなく立ち寄った林の中で、健気に、まだ咲き続ける“春の儚い命(スプリング・エフェメラル)”に出会った。スプリング・エフェメラル・・・“春の妖精”・・・早春のごく短い一時期だけに現れ、いずれも、みな背が低く華奢で、すぐに姿を消してしまうので、そんな姿が「妖精」のようだというわけなのだけれど・・・人間さま、お得意の“儚いモノ好イチリンソウイチリンソウき”・・・勝手な思い入れに過ぎないとは思うけれど、この野草たちは、「儚い命」といわれるほどヤワではない。雑木林に本格的な春が訪れる前エンゴサクエンゴサクに花を咲かせ、木々が葉を広げる前なので、地面まで届く太陽光を独り占めできるのだ。そして、夏までに光合成を行い、栄養を地下の貯蔵庫に送り、次の春まで地中の地下茎や球根の姿で過ごすというのだ。つまり、やるべきことはちゃんとやって、したたかに生きているのだった。生き延びるための作戦で、仲間には、アズマイチゲ(地面に顔を出した途端に花をつけるといわれる)キクザキイチゲ、フクジュソウ、エンゴサクの仲間、カタクリ、ヒメニラ、ニリンソウなどがある。画像は上から、ニリンソウ、カタクリ、イチリンソウ、エンゴサクの順。

花の色は うつりにけりな いたづらに 
     我が身世にふる ながめせしまに
  小野小町(古今集)

(長雨に桜花の色は移ろい、私自身もつまらない物思いにふけっているうちに盛りの時を過ごしてしまった)




















blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索