Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

黄金の花・・・十九の春

  星が流れた・・・

なんや 石ころや

犬なら吠えもするけど

なんの役にも たたんなァ

自分のことやから わかるけど

人のことは わからんわ

それでも 涙が出てくるワ・・・





十九の春


沖縄俗謡歌
本竹祐助 補作詞



私があなたにほれたのは
ちょうど十九の春でした
いまさら離縁というならば
もとの十九にしておくれ


もとの十九にするならば
庭の枯木を見てごらん
枯木に花が咲いたなら
十九にするのもやすけれど


みすて心があるならば
早くお知らせ下さいね
年も若くあるうちに
思い残すな明日の花


一銭二銭の葉書さえ
千里万里と旅をする
同じコザ市に住みながら
あえぬ吾が身のせつなさよ


主さん主さんと呼んだとて
主さんにゃ立派な方がある
いくら主さんと呼んだとて
一生忘れぬ片想い


奥山住まいのうぐいすは
梅の小枝で昼寝して
春が来るよな夢をみて
ホケキョホケキョと鳴いていた










blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索