FC2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫09

地形図はイメージング ワンダーランド・・・

100418rngmt0223_RJ.jpg100418rngmt0304_RJ.jpg 4/21エントリー記事・・・地形図をなぞりながら行く“木地師の里から蓮花山へ・・・”後続記事ということになるのだけれど、Eポイントで昼食、山頂(1232m)から東に続く、ゆったりと開けたなだらかな尾根筋の景観は地形図からも想像がつく・・・尾根はブナの宝庫、辺りは一面、落下したブナの果実でいっぱい・・・ドングリを踏みながら歩く里山の秋の様相を見せているのだった。中にタネのある状態で落ちているモノは少ないけれど、時にはハッとするほど美しいブナの果実にお目に掛かれることがある。しばし果実拾いに興じたアトはEポイントから(Fポイントは時間の都合で立ち入らず)、ほぼ真東のGポイントへと気持のイイ尾根歩きが続く・・・激下り激下りこの気持ち良く開けた尾根歩きがともすれば道迷いの原因になることはよくあることだという。縄師・Kさんが先週のコース下見中に、霧の中で熊の唸り声に遭遇したのがGポイント辺りで、熊の生息域でもあるらしい。ここから南東方向のHポイント(951m)へ向かうのだけれど地形図を見ても非常に迷いやすい地形であることはシロートにも想像できる・・・とは言ってもシロート、無事に事が終わればこその話であり、ココでも縄師・Kさん、渾身の下見調査の重要性を再認識。地形図をじっくり眺めてみればGポイントでの“読み”の難しさが見えてくる・・・“最初の一歩”の出し方次第では北東へ、東へと簡単に入り込み、結果は目先真っ暗の迷い道彷徨となることは明白、ちょっと想像しただけでゾッとする激降下桜Hポイントから距離はさほど長くはないけれど両サイドが切れ落ちた尾根を行けば激下りのスタート地点、Iポイント(900m)・・・ここまで来ればアトはBポイント、隧道東側の林道を目指し下りあるのみ・・・ヤレヤレと言ったところではあるけれどこの下りがハンパではない激下り、薄暗い木立の中で下の沢を見れば、視覚的には真上から直下を見下ろしているように見える。先を行くお嬢さん方の動きが乱れはじめカン高い声すら聞こえ始め、尻を擦りながら下ろうとするお嬢さんもいる・・・尻を擦りながら下るのはキケン!ミヤマカタバミヒトリシズカ転げ落ちそうになり、必死でしがみついた木から離れることも出来ず、滑った先の木に引っ掛かり身動きとれず・・・あれやこれやと賑やかな激下りも無事終わり、やっとひと息ついた頃はもう5時・・・アトは約30分の林道歩き。縄師・Kさんとの後日談で、あらためて地形図を見れば隧道の西側は絶壁が続き下りることは不可能、Bポイントへ下りるにはこの激下りしかない。竹の秋渓流緊張から解放され、ドット溢れ出る汗に山里の風は心地よかった。奥深い山間の桜はいまが満開なのだった。夕刻の林道歩きは静かで穏やかなときが巡り、渓流の音だけが心地よいリズムを刻む。ヒトリシズカは朝日を浴びて光り輝いているのもいいけれど、岩陰に消え入りそうな佇まいがよく似合う。陽も当たらないのに開花しているミヤマカタバミや秋色に染まり始めた竹が揺れる。渓流イチリンソウ開放感からか、薄暗くなり始めた林縁の植物がよく見える。イチリンソウの蕾が可憐な姿を覗かせ、先行く山友たちの、深い林の向こうへ歩む姿も心なしか穏やかなのだった。素晴らしい山行は、私たちに“最上の安らぎ”と“自然に対する畏怖の念”を抱かせる・・・それは、ただ「エコ・・・」を呪文のように唱えることではなく、人類が消え去ることも自然界の営みのひとつなのだと認識することである・・・と。地形図はイメージを煽る・・・それは、怖ろしくも、楽しくも・・・縄師・Kさんは言う「今回の地形図にはポイントだけで、歩行ルートの記入を敢えてしなかったのは見る人に想像力を働かせて貰うため・・・」なのだと。歩行距離約10km、約8時間、良き山友との素晴らしい山行に感謝!










blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!


関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索