FC2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫05

ヒヨドリジョウゴの赤い実・・・

ヒヨドリジョウゴヒヨドリジョウゴ 年末にネットで発注していた文庫版、尾崎翠著「第七官界彷徨」が入り、少し読み始めたところで人間の第七官界・・・人間の五官(目・耳・口・鼻・皮膚)と第六感を超えた感覚・・・に響くような詩作を夢みる主人公、小野町子が炊事係の旅に旅立つときに祖母が買ってきたバスケットに詰めた最初の品について・・・こんなくだりがあり

祖母がこのバスケットに詰めた最初の品は、びなんかずらと桑の根をきざんだ薬であった。私の祖母はこの二つの薬品を赤毛ちぢれ毛の特効品だと深く信じていたのである。
 特効薬を詰め終わってまだ蓋をしないバスケットに、私の祖母は深い吐息をひとつ吹きこみ、そして私にいった。
「びなんかずら七分に桑白皮(ソウハクヒ)三分。分量を忘れなさるな。土鍋で根気よく煎じてな。半分につまったところを手ぬぐいに浸して・・・いつもおばあさんがしてあげるとおりじゃ。固くしぼった熱いところでちぢれ毛を伸ばすのじゃ。毎朝わすれぬように癖をなおしてな。念を入れて幾度も手ぬぐいをしぼりなおしてな」
祖母の声がしめっぽくなるにつれて私は口笛を大きくしなければならなかった。

ココまで読んだところで前から気になっていた“びなんかずら”の果実・・・サネカズラの果実・・・を思い出し急きょ墓地近くの林縁を歩きに出かけたのだけれど肝心のサネカズラの果実はほぼ消える寸前、かなり萎びたモノが2,3個あったので撮影用に持ち帰っただけ。ヒヨドリジョウゴヒヨドリジョウゴ 結局は、山歩ついでに赤い実がやたら目立っていたヒヨドリジョウゴを持ち帰り撮影しょうと思っていたら曇った空が日暮れで暗くなり朝から撮影となった次第・・・このヒヨドリジョウゴ、葉っぱのついているのを見つけるのにひと苦労、・・・葉がないと同定できないことがよくある・・・なんとか見つけた。どうやらヒヨドリジョウゴに間違いなさそうだ。ヒヨドリジョウゴの果実にはジャガイモの芽と同様のソラニンが含まれ、大量摂取で呼吸困難から死亡する事もあるという。名前はヒヨドリが好んでついばむことから、と言われているけれど、特別にヒヨドリが好んでいるような様子はなく、この時期になっても紅い果実は残ったままの状態で見ることができる。







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索