FC2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫01

枇杷の花 咲いて冬・・・淫蕩火

ビワとツマグロヒョウモンホトケノザ 山頂の変貌を知ってから二度目の山歩となった白髪岳、一週間の間に2度も訪ねたことになる。山麓の村、住山集落の朝はシットリと朝露に濡れ、枯れ草までが生き生きと見える。林道へ入る前に辺りのあぜ道を歩いてみたらホトケノザが咲いていた。本来は早春から6月頃が花期なのだけれど秋にも花を咲かせるらしく、畑では冬から春の雑草となるのだった。秋に開花した花は総体に色が薄く清楚な感じであるが、春のモノは紫色が残り花の色も濃いと言われている。いつでも何処でも見ることが出来る雑草の花、ホトケノザも朝露に光るサマは、どこか愛おしくてボンヤリと眺めていたら、もう、殆ど見ることもなくなった蝶「ツマグロヒョウモン♂」が一頭ヒラヒラやって来た。見上げれば枇杷(バラ科ビワ属)の花が咲いているので吸蜜にやってきたのだった。ビワの花は11月の終わり頃から咲き始め、12月が花盛りと言われている。5~6月頃に見られるオレンジ色の果実はよく知られているけれど、花は意外に馴染みが薄く地味な花で、2月まで見ることができる花なのだった。ツルアリドオシ2ツルアリドオシ 山麓の村、住山集落の人たちの熱い思いが籠められ、開けた山頂で見る赤い実が即座に同定できず、しばらく悩んだのも「変化」の成せるワザで、開放的な環境下では見るモノ全てが、違うモノに見えてしまうのだった。山頂の赤い果実・・・地面を這う赤い実、これがツルアリドオシ(蔓蟻通し)アカネ科ツルアリドオシ属の果実だと確認できるまでに、それなりの時間を喰ってしまったのには、同定するのがシロートであることを差し引いても、環境変化が大きな要因であることは否めず、小さな「変化」がもたらす近い未来を、また、楽しませて貰えるのかも知れない。









blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!


関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索