fc2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 01≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • ≫03

ムシたちの高度な飛行テクニック・・・

クロイトトンボクロイトトンボ イトトンボ科
(近畿地方のトンボ雑記)
 何処にでもいる「クロイトトンボ」のコトを暇つぶしに調べていたら、昨日エントリーしたアゲハチョウやジャノメチョウ、それに戦闘機のようなシオヤアブなど、昆虫の飛行速度が気になり、また深みにはまり込みそうになってしまったけれど、適当なところで折り合いをつけ、なんとか抜け出してきたという次第・・・いやぁ、何事についても言えることではあるけれど、深みに入れば入るほど出口が見えなくなり一体ナニをしようとしていたのか、その目的すら見失ってしまう。シロートの生半可な好奇心ほど危なっかしいものはない・・・今回、首を突っ込んだ「昆虫の飛行速度」をみて驚き、更に、その高度な飛行テクニックに驚く。昆虫の飛び方は、まさに、 自由自在、何でもあり・・・ 急旋回、垂直上昇、ホバリング・・・トンボは、前の2枚の羽根と、後ろの2枚の羽根を同時にではなく、交互に上下させながら飛ぶらしい。それによって、より複雑で、高度な飛行テクニックを使いこなすと言われているが、昆虫の中では、ハエが最も飛行技術に優れているらしいのだ。虫類ではスズメガの仲間の飛行速度は非常に速く、ギンヤンマに次ぐ速さだと言われている。その優れた飛行性能について、面白い記述があったので一部抜粋、転載させて貰った。

実際、スズメガの仲間の飛行速度は非常に速く、そのスピードは通常時速30~40km。
また種類によっては時速50kmほどにもなるそう。
これはギンヤンマの60kmに次ぐ速さ。

これがどれくらい速いか・・・

体長を仮に6cm、飛行速度を50kmとして、
通常の戦闘機のサイズに換算してみたらどうなるか、計算してみましょう。

現在世界最強戦闘機とも言われる米軍のF-22ラプターは全長約19m。
スズメガとのスケール比は1:317です。
スズメガがラプターと同じ19mだとすると飛行速度は50km×317となり・・・

なんと時速15833km!?

音の速さであるマッハ1が時速約1100kmですから・・・

なんとマッハ14.4!!

ちなみにF-22ラプターの最高速度はマッハ2.42。
そして搭載している空対空ミサイルAIM-120の速度でさえマッハ4.0ですから、
ミサイルすら全く追いつかない脅威の飛行性能な訳です。
(超高速飛行体!? 「コスズメ」|FLYING ROPEFISH!)







オモロナイ写真がイマイチ・・click!



関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索