fc2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫04

十薬にモノサシトンボ

ドクダミドクダミドクダミ 別名:ジュウヤク(十薬)
 ドクダミ科
(植物園へようこそ )
 梅雨時の林縁、薄暗い溝の側でひときわ目立つドクダミの花・・・

ゲンノショウコ、センブリとあわせ、三大民間薬として、古くから用いられ、又、天ぷらとして食用にもされ、人々の生活から切り離せない植物であった。
又、その繁殖力の強さに驚かされる花でもある。 ゲンノショウコを始め、昔からあちこちに咲いていた花がだんだん周囲から姿を消していく中で、この花だけは今でも住宅地や道端に繁茂し、その強い繁殖力を誇示している。 地中に白い地下茎を縦横に張り巡らし、そこから沢山の芽を出し、群生するが、抜いても抜いても少しでも地下茎が残ればすぐ又芽を出してくる。 ヤブガラシにしろ、ヒルガオにしろ地下茎で増える植物は同じ様に繁殖力が強い。
ドクダミ科として一家を成し、花は白い花びらのように見える部分が目立つが、これは苞(ほう)で、ドクダミには花弁も萼(ガク)も片(へん)も無く、黄色の部分は雄しべの葯(やく)が密集したものである。
(野の花散歩)

モノサシトンボモノサシトンボ トンボ目・モノサシトンボ科
( 昆虫研究所)
 ドクダミの花を撮っていたらファインダーにモノサシトンボ♂が飛び込んできた。♂は青白く、♀は黄緑色をしている。平地から低山地にかけて、水辺周辺の草などにとまっているのをよく見かける。






オモロナイ写真がイマイチ・・click!



関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索