Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

浅沙という植物・・・

アサザアサザ 珍しい植物との出合いには、いつも「閃き」のような見えない力が働いている・・・アトで思い
アサザアサザt-起こせばいつもそうだ。山間の道を走り抜けようとしていた、その時。小さな溜池に咲く、水草
アサザt-アサザt-の黄色い花・・・一瞥を呉れただけで走り抜けた、その数分後・・・「待てよ!?カメラも向けずに通り過ぎる・・・それは無いだろう!」ムシが起きた。クルリとUターン、小さな池の周囲を回り、あらゆるアングルからとってみたけれど俯瞰撮影ができず、岸辺近くで咲く花もない・・・最初の撮影で、この植物が絶滅危惧、希少種の「浅沙(アサザ)」であるらしいところまでは嗅ぎ付けたけれど"決定打"がまだ打てず、二日後の天気を見計らって再度花のアップを意識しながら撮影、花の俯瞰クローズアップはトリミングなどを試みながら、なんとか「決定打」まで持ち込む事ができた・・・やはりヨミ通り「浅沙」であった・・・快感。。。アサザはミツガシワ科アサザ属 別名:ハナジュンサイ(花蓴菜)アサザは他の植物と同様に「種子」→「芽生え」→「定着個体」→「成熟個体の開花・種子生産」という生活史をもっている。水面に葉を広げて毎年開花するほど成長した個体は、時として1個体が数百メートルの大きさを占有するほど、地下茎を伸ばして成長(クローン成長)する。 アサザはしばしば大きな群落を形成するが、湖底の安定化、地下器官からの酸素供給、消波作用、盛んな枯死分解による栄養塩供給などといった高い環境形成機能をもっており、それ自体が重要な生態系としての役割を果たしている。


◆絶滅危惧種アサザの生活史と、生態系としての機能=アサザ咲く水辺 =
◆アサザ(ミツガシワ科 アサザ属)=植物生態研究室(波田研)=






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索