Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

銀蘭の白い花・・・

ギンランギンラン 今年は、まだ開花したキンランは見ていないのだが、かつて、観たことがない場所で開
ギンランギンラン花状態の「ギンラン」を目撃。小さな神社の境内のアチコチで・・・十数本。。。環境の
ギンランギンラン変化??いずれにせよ、白い花を咲かせた、銀蘭の清楚な佇まいには品があり、美しい。日本の野生蘭のコトが書かれた記事など見ると、かつては雑木林の林床など何処にでも見ることができた花だったが、今では絶滅危惧種の花になってしまった。林の下草刈りをしなくなり、生育環境の変化や採取されてしまうことなども、その一因ではある・・・と言ったようなことが記されている。確かにそんなことも一因であるとは思うけれど、自然界に於ける「生命(イノチ)の連続性」の不思議は、人間がドウコウしなくても突然その姿を隠したり、「どうしてこんな所に・・・?」と、いったところに突然、大挙出現と言ったこともあるのだ。この花は、「菌根菌」と呼ばれる菌類と共生する特殊な生育形態を持ち、菌に対する依存度が強く、この「外生菌根菌」は林床などの特殊な土壌にのみ生息し、この花を採取して移植しても育てる事は不可能であるが、この時期に咲く同じ地生蘭のひとつであるエビネ類と混同され、採取されるコトも多いようなのだ。エビネは地下茎の形を海老に見立てて名付けられた日本の野生蘭のひとつだが、比較的栽培がしやすく、人工交配によって園芸品種も多いけれど、やはり野生のものは採取によって激減していると云われている。キンラン(金蘭)は金色に輝く花の意味でキンランと名付けられ、ギンランは花が白色で、キンランに対してギンラン(銀蘭)と名付けられた。キンランは黄色で目立ち、唇弁に赤い筋が入り、派手に咲くが、ギンランは地味で、花もほとんど開かない。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索