Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

いろはみち・・・

黄葉枯葉道

いろ葉みち




紅葉山紅葉

色はいろいろ




枯葉道ツバキ落葉

老いひとり






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

解らぬコトが多すぎる・・・TPP

◆「リアル」政治に踏み出す共産 接近する志位氏と小沢氏
=:朝日新聞デジタル=

 解ったような気分にさせられたまま「大筋合意」などという都合のいいコトバに誤魔化されてはならない。本来(アメリカの企業)の目的は「関税より医療やサービスなど非関税障壁を取り除くことにあり、我が国の政府も肝腎なことを何一つ公表しょうとはせず、包み隠したままなのだ。何故、隠す必要があるのか・・・おそらく国を売り渡すような内容の話ばかりなのだろう。

◆ TPP協定の 「医薬品」と「ISD条項」を翻訳しました=「参議院議員 山本太郎」オフィシャルサイト |=

TPP大筋合意 三橋貴明「中国・韓国の反応と、アメリカの本当の狙い!日本はどうなる?」

TPPで日本撃沈されますよ。 その1


堤未果が解説 TPPの大筋合意で日本の医療制度が崩壊する!?


みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

ニクい人が居る・・・修復されていた、案内板・・・

修理された案内板修理された案内板 数日前の投稿記事・・・【Aladdin's cock】・・・里山は秋、たけなわ・・・に書いた
案内板案内板「壊された案内板」が見事に修復されていた。「人の想いは、いろいろ」・・・風の冷たい日であったけれど、ソレは、温もりが芯から這い登ってくるようなひとときだった。人知れず、こんなコトをやってくれる人がある・・・「君のさり気なさに、ありがとう!」・・・耄碌爺、初冬の午後でした。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

極秘に進められているという、TPPとは・・・

 アメリカ国内でも極秘に進められているというTPP交渉。その内容に気づき始めた市民からも反対の声が上がりつつあるようだ。アメリカでも市民によるTPP反対のデモが起きているという。TPPの本当の対立軸は、「グローバル企業」対「庶民」なのであって、輸出で経済がどうのこうの言っていると問題の本質を、完璧に見誤ることになる。表向きは「貿易協定」だが、実質は「企業による世界統治」なのだ・・・と言われても、モーロク爺には、まだ分かり難いのでネタ不足の穴埋めに、もう一度「TPPとは・・・」と。。。

【 TPP 】 こんな馬鹿げた世界支配の道具を推進しているのは誰だ!


三橋貴明 TPPの恐るべき真実 1/3

三橋貴明 TPPの恐るべき真実 2/3

三橋貴明 TPPの恐るべき真実 3/3

5分で分かるTPP!どうしてダメなのTPP? 三橋貴明







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

つかの間の、記憶・・・

 ややこしい政治家?が登場し始めたなぁ、と想っていたら、私たちが知る、骨っぽいアーティスト代表格の両氏、大島渚監督(2013年1月没)、野坂昭如氏(2015年12月9日没)も続いて逝ってしまった。微かに終戦の匂いを記憶する世代の人間にとって、アニメ『火垂るの墓』に登場する「サクマ式ドロップス」の缶は、とにかく懐かしい・・・つかの間の、記憶・・・として。


◆大島渚 - Wikipedia
◆野坂昭如 - Wikipedia
◆原作者・野坂昭如が語った ジブリ作品「火垂るの墓」の真実 - NAVER

◆干されてもメゲずに訴える 石田純一“覚悟”のスピーチ再録=日刊ゲンダイDIGITAL=
◆野坂昭如が死の4ヵ月前に綴った、「安倍政権は戦前にそっくり」「国民よ、騙されるな」|LITERA/リテラ -
◆二人が公衆の面前で殴り合いを繰り広げた訳とは? - NAVER まとめ -

野坂昭如&大島渚流「緊張と緩和」


Grave of the Fireflies (火垂るの墓) 1988 English sub






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

安倍、バラ撒きツアーのカゲで・・・

 あれだけ社会から関心を集め、大規模デモが起こり、著名人たちも一斉に反対を唱えるという大きな問題に発展した安保法制ではあるけれど、成立してしまえば、瞬く間にマスコミの関心は薄らいでしまったように見える。コレこそが安倍政権の目論むところのモノだったようだ。内閣改造後も、安倍首相からすれば、安保法制が成立さえすれば、一刻も早くこの問題を国民から忘れさせたいというのが本音であり、戦略なのだ。もちろんそうした安倍政権の意向をマスコミも十分に承知している。そのため“安保後”のマスコミ、特にNHKや読売、産経といった親衛隊メディアは安保問題を早々に切り上げ、次なる話題に世論を誘導しようとしているのがミエミエで、臨時国会など開こうともせず、なりふり構わず、連日“バラ撒きツアー”への逃走劇?を繰り返し、安倍が就任後に世界中でバラまいてきた資金援助の額は、総額3年間で30兆円に上るという。国民には消費税アップや社会保障費の削減を迫りながら、世界各国には気前よく公金をバラまくとは、安倍もどうかしているけれど、一方で、共産党の野党共闘の呼びかけや民主党の安保法案抗議の街頭演説、あるいは反対デモの動きなどには一切ふれないマスメディアでは、安保問題は完全に過去の終わった話扱いになり、安保法制成立からたった3日間で、多くの国民に影響力のあるテレビから安保法制問題が消えたのだ。そして、挙げ句の果てに現れたというより、登場させたのが「沖縄へディズニーリゾートを・・・」というハナシ。。。多分、適当なところで立ち消えになる話だとは想うけれど・・・どこまでも、傲慢な動きを見せる政権のカゲにも、ダイナミックに動き続けている世界はある。

官房長官 宜野湾市のディズニー誘致 支援検討 NHKニュース
◆|ジャーナリスト堤未果氏 「国民皆保険の切り崩しは始まっています」
2015年12月7日
◆アメリカ上院議員、アメリカと同盟国のテロ支援を認める
◆佐高信氏「安倍は使いものにならない秘書官」
「自民党に天罰を!公明党に仏罰を!」
- Yahoo!ニュース

◆福島伸享議員「TPP合意文書の翻訳を出せ!」
⇒甘利大臣「英語は世界共通だから、英語解釈を優先する」
|真実を探すブログ

◆鳩山元首相「イスラム国とはCIAによって作られたものだ。」よくぞ言った!
|wantonのブログ





鳩山元首相「パリ同時テロの真相について」日本を拓く!
未来塾_ワールドフォーラムシンポジウム




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

月が美しい・・・寒い朝

moonmoon 寒い朝(12/01早朝)やや西寄りの空に明るい月が、まだクッキリと残っていた・・・更待月(ふけまちづき)と呼ぶらしい。寒くなると月が美しくクッキリと見える・・・更待月(ふけまちづき)は陰暦二十日の事なので、「二十日月(はつかづき)」とも呼ばれる。だいたい、午後10時ごろに月の出を迎えるのでこう呼ばれている。旧暦18日の居待月、19日の臥待月(ふしまちづき)、寝待月(ねまちづき)、よりさらに月の出が遅くなって、午後10時頃となるため「夜が更けるのを待つ」の意味で「更待月(ふけまちづき)」 旧暦20日の月・・・と言うことになっている。ココまで細かく月の名前が付されているとは・・・日本人古来の美意識の為せるワザか。。。月の満ち欠けは「朔望」とも言われ、太陽との位置関係で決まり、太陽と同じ方向にある場合を新月(朔)、反対方向にある場合を満月(望)、その間に上弦・下弦(半月)がある。

◆月の満ち欠け図(拡大図)=三嶋暦(みしまごよみ)=


      ==================== * ====================

 師走を迎え、街の空気も少しは変わったか・・・臨時国会も開かず、ソーリは「カネ撒きツアー」に余念がない・・・国民の安全と平和を守るために?・・・ご苦労さまなコトで。SEALDsのラップデモの動画を観るのも久しぶりだけれど、イマ風のデモを妨害するために現れた安倍親衛隊、右翼の街宣車は、『イマも昔も「七ふく」』でお馴染みの便秘薬ではないけれど・・・「時代」を感じさせ、ナニやら昭和の色濃いドラマのワンカットを見せられたようで、「お呼びでない」空気と違和感ばかりが立ち籠め、パトカーのサイレンがなければ「存在感ゼロ」、登山道の案内板を破壊する輩も「同じ穴の狢(ムジナ)」・・・時代は変わった。

アベ親衛隊の右翼がSEALDs若者デモを街宣車で妨害!
2015.12.06 SEALDs東京・銀座デモ



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

鉄錆色・・・里山は秋、たけなわ・・・

savisavi 三草山の秋景色と、早くも破壊され掛かっていたコース案内板が気になり、一週間振りに歩
savisaviいた・・・隠れ家から昭和池周回コースをとりながら、鉄錆色の豪華な山の秋を満喫。好天
savisaviにも恵まれタイミングはバッチリ・・・これほど豪華な里山の姿を見ることは、久しくなかった
savisaviコトだ。京都の秋とは対極にある里山の秋、どちらがいいと言い切れるものでもなく「根」が違うとしか言いようがないけれど、今年の里山は美しい・・・とは言っても私の知る里山は、加東市の三草山界隈でしかないけれど・・・今年は、コトに美しかったように思う。


      ==================== * ====================


 この日、通りかかった炭焼き窯跡コースの登り口案内板が壊されていた。この頑丈なつくりの案内板をどうやって壊したのか、相当な体力、腕力、それにも増して、強烈な怨念と執念が不可欠、それでも一片しか剥がすことが出来なかった。・・・人の心の不思議・・・Oh Fantastic!! 

案内板案内板






案内板案内板









blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

山帰来とサルトリイバラ・・・

サルトリイバラサルトリイバラ 初冬に差し掛かり、里山は赤い実が目立つようになった。一番よく眼にするのは「サルトリイ
サルトリイバラサルトリイバラバラ」。サルトリイバラの名は、トゲのある茎を伸ばして藪のようになり、そこに入りこむと猿も
サルトリイバラサルトリイバラ動けなくなるであろう、ということから命名されたというのが一般的な話。別名の「山帰来(サンキライ)」は中国に産するユリ科のつる性木本である「土伏苓(ドブクリョウ)」を指す俗称とされてきた。追って、これによく似た同じくユリ科のつる性木本であるサルトリイバラの俗称・・・というより・・・混同されてしまった・・・というのが正しいのではないかと思う。そして、よくある連鎖話しなのか、山帰来はサルトリイバラの別名であるとして、その名前の由来に関するさまざまなパターンの伝説?を見かけることになってしまい、その出所については胡散臭さばかりが募ったのではないか。依然として山帰来の名前の起源がどこにあるのかさっぱりわからないままではあるが、木に関するサイト=木のメモ帳=には、山帰来の名称の由来とされる典型的な話として、「梅毒を罹った者が山に追いやられ、そこで山帰来の根を食して元気になって山から帰った」とする内容があり、梅毒の治療は現在では抗生物質に委ねられているため、これに関連して山帰来(ケナシサルトリイバラの根茎)が登場することは考えられないけれど、以下の川柳= いただいて飲むもくやしき山帰来==巻き添えに逢って女房も山帰来=のように様々なバリエーションが見られる。口述の昔話が時間の経過とともに派生・増殖する如く、ネット上の引用で派生形が生じた可能性が強い。山で遭難した人が滋養強壮の効果があるこのサンキライの根を食べて帰還できたからという辺りの話が落とし所ではないかと思う。因みに、サンキライとサルトリイバラは別物なのだ。

◆サルトリイバラ(猿捕り茨)(ユリ科 シオデ属)=(松江の花図鑑)=
◆サルトリイバラ 山帰来(サンキライ)ユリ科シオデ属=イー薬草・ドット・コム=
◆山帰来=名前の起源は=(木のメモ帳)=






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事

赤い実が ポロり冬・・・

ガマズミガマズミ 「コバノガマズミ」・・・だと思う・・・赤い果実が目につくようになってから、もう1ヶ月が過ぎ
ガマズミガマズミてしまった。コレと言ってナニも特別なことをやっているわけでもないのに、過ぎて行く時の速さには驚かされるばかりだ。上段の2枚が1ヶ月前、下段が直近の画像なのだが取り立てて言うほどの変化はないけれど、雑木の葉が落ちていることで巡る時は見て取れる・・・赤い実が ポロり冬。。。



◆類似種の見分け方 ガマズミ-コバノガマズミ-ミヤマガマズミ
=葉と枝による樹木検索図鑑=




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TB

ご当地風見鶏

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索