fc2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

滴水に生きる・・・ミミカキグサ

ミミカキグサミミカキグサ 花のあと、ガクが大きくなって果実を包む姿が、耳かきに似ているところからこの名があるら
ミミカキグサミミカキグサしい。確かに、ミミカキグサの黄色い花の咲く辺りには、梅干しのタネのような形の果実を付け
ミミカキグサミミカキグサたモノも多く見ることができる。ミミカキグサは湿地に生育する食虫植物で、水が染み出す裸地や
ミミカキグサミミカキグサ溜め池の縁などに見られるといった記述が多い。今回の撮影現場は、雨が降れば水溜まりも少しはできるといった程度の環境で、折からの連続猛暑日にカラカラに乾き切った車の轍の間に群生していたけれど、すぐ側にある小高い岩山から染み出す「滴(しずく)」のような水を待っているようだ・・・若い頃、撮影に出かけた丹後の本庄浜で出合った老人が書いてくれた色紙「滴水に生きる」こんなコトバが、暑さに朦朧とした頭をよぎる。・・・その柔和な風貌の陰に時々見せる鋭い眼光に惹かれ、撮影をお願いした老人。「まぁ、お茶でも飲んでいけよ・・・」と誘われ、上がり込んでしまった小さな平屋・・・軒下に薪が積み上げられた方形の家。部屋にはベッドが一つ、壁には小さな油絵が一枚、シンプルな部屋が若造の想像をかきたてて止まず、老人が熱く語り聞かせてくれた一大ロマンを書き切るには、現在、ボケ老人のパワー不足は否めず、また機会を見て書いてみたいとは思っているが・・・この老人は三島一声 という昭和初期の歌手。ご当人の話では、絵の勉学に行っていたパリから帰国し、歓迎パーティーの席で歌っているのを、偶然、となりの部屋に居合わせた山田耕筰が聴き、スカウトされ「東京音頭」を最初に歌った人なのだった。約50年前の薄れかかった記憶を再確認させてくれるようなblog LAST TANGO IN 丹後 (広域版): 浦嶋神社(宇良神社) があったのでリンクさせていただきました。このblogにも三島一声さんの名前は登場している。「秋に来いよ、美味いゴボウ飯を食わせてやるから・・・」と再会を約束し、後日、NHKにTV出演することになったからと郵便書簡 - Wik・・・三島氏はいつも郵便書簡だった・・・が届いたけれど、上手くタイミングが取れず、結局ゴボウ飯にはありつけず、次に訪ねた本庄浜“方形の家”の主(今浦島)は乙姫が妖しく舞う竜宮城へ旅立ったアトだった。いま思い返しても凄いエロ爺、尊敬に値する老人ではなかったか・・・とつくづく想う、空は桔梗色。

◆LAST TANGO IN 丹後 (広域版): 浦嶋神社(宇良神社)
◆ミミカキグサ=(Y.HADA'S Home Page)=





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
スポンサーサイト



関連記事
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索