FC2ブログ

Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       
  • 08≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫10

紋黄蝶の季節・・・

モンキチョウモンキチョウ 何処にでも居るといえば、言い過ぎか・・・でも、何処にでも居る「モンシロチョウ」同様なじみ深い蝶なのだ。ただ、コチラは紋白蝶に対して紋黄蝶なのだ。黄色の紋のある蝶という意味なのだが、すべてのモンキチョウが黄色というわけではない。いろいろ検索を繰り返している内に知り得たことなのだが、黄色は雄であり、雌は白っぽい色をしているのだという。「何処にでもいる蝶」と呼ばれるほど有名な蝶ともなれば、私のような、いわゆる一般人には「ほとんど何も知られていない」というのが「常識」になっているのかも知れぬ・・・ところが、黄色全てがオスかといえばそうでもない。メスの中にも黄色いモノと白いモノがいるからだ。北方に行くほど白いものが多いと言われている。辺りの野原では霜の降りる頃まで活動しているのを目撃することもあり、寒さに強い蝶のようだ。黄色い雄と白い雌のモンキチョウがもつれ合いながら飛んでいるのを見かけることがある。黄色い雄が先に飛んでいて白い雌が後を追いかけているように見える。これは、雌が積極的であるのでも、雌がすなおに雄につき添っているのでもない。実は飛んでいる雌を見つけた雄が、雌が通るのを妨害しているということらしい・・・どうでもいいようなコトばかり妄想している間に「秋の彼岸」になってしまった。強化ガラスに頭部をブッ付け、三途の川を渡りそうになりながら、なんとか此岸に踏み留まったのが「春彼岸の入り(03/18)」、縫合ヶ所(数十ヶ所)の抜糸(04/19)、今日秋彼岸の入り(09/20)、事故以来、すでに半年が経過・・・ガラスの小さな破片が少しずつ剥がれ、腫れが引き始めるに連れ、空恐ろしい現実に引き戻される今日この頃ではある。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

桔梗が咲いた・・・チョウトンボの池。

キキョウキキョウ チョウトンボの池に桔梗が咲いた。眼に見えて、減少し続けるチョウトンボ
チョウトンボチョウトンボの出現数が気になり始めてからもう数年になる。それ以前のこの池では、シーズ
チョウトンボチョウトンボンともなると大きなメタリックカラーの翅を羽ばたきながら の見事な乱舞シー
チョウトンボチョウトンボンも、今や懐かしい夢物語になってしまった・・・これらBlog の画像を揃えるために 一日に二度、約1週間通いつめ拾い集めたもの。何分にも現れてくれる個体の絶対数が少ないので水面を飛びながら交尾や産卵を繰り返す姿には涙ぐましいシーンもあり、開花したばかりの桔梗が文字通り花を添えてくれるチョウトンボの夏なのだった。

秋の月さんより下記のようなコメントを頂戴しました。「チョウトンボとジュンサイ」の関わりやその影響など、・・・あるのか?ないのか?耄碌爺なりに現在も調査中です・・・。

秋の月 > 桔梗が咲いた???蝶蜻蛉の池・・・ “ この夏の 水面の濁り 一輪の 蜻蛉すいすい 清きに映る ” 私が初めてチヨウトンボを見た池…あの美しい翅…エメラルド色に輝く…手の平に止まってくれた…蝶蜻蛉が乱舞する棲家でした…。画像は、其の当時のように美しい…。 ( 2018/07/21(土) 12:43 )




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

チョウトンボの夏・・・

チョウトンボチョウトンボ 「チョウトンボの夏」がやって来た。季節が巡ってくれば必ず数回は足を運び、チョウトンボの美しい姿を撮り始めてから約十年は過ぎた。近ごろ、その数は眼に見えて少なくなり、飛び回るトンボの動作にも余裕が無く、目視する数も明らかに減少した・・・環境変化と言えばそれまでの話なのだが・・・こんなコトを繰り返しながら「イノチつなぐ」自然の営み。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ




キバナノマツバニンジン

キバナノマツバニンジンキバナノマツバニンジン 何度も見ているはずなのに「名前が出てこない・・・」こんなコトの連続で無駄に時間を費して一日が終わってしまう。こんなコトの繰り返しでは何事も「遅々として進まない」・・・「キバナノマツバニンジン」もそんな状態で、もがいた挙げ句にヤッと解放された「よく知られた帰化植物」なのだ。






◆キバナノマツバニンジン=(Y.HADA'S Home Page)=
◆マツバニンジン目撃情報=(Y.HADA'S Home Page)=



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

薮萱草 (やぶかんぞう)の花・・・

ヤブカンゾウヤブカンゾウ 車を走らせている間に眼に飛び込んできたヤブカンゾウらしき色の花のある
ヤブカンゾウヤブカンゾウところ数カ所に立ち寄ってみたけれど全て「ヤブカンゾウ」であった。カンゾウとは中国語
ヤブカンゾウヤブカンゾウで「緩草」と書き、憂いを忘れる草という意味だそうだ。ノカンゾウとの違いは「一重」と「八重」の違いだ。「藪のように複雑なのがヤブ」と記憶することにしている。ノカンゾウにはもっと花の色が濃い、「ベニカンゾウ」があり、花は一重で分かり易い。ヤブカンゾウは雌しべと雄しべが弁化して八重咲きになった。ノカンゾウの蕾や若葉は食べられる。

秋の月さんより、歌が寄せられていましたので転載させて戴きました。いつも有難うございます。

     草木萌ゆ 川の流れの 藪萱草
        生き生きとして 野辺に咲くかな・・・秋の月








blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


束心蘭の花・・・

ソクシンランソクシンラン 花期は4~6月で、花茎は高さ30~50㎝になり、長さ15~20㎝
ソクシンランソクシンランの穂状花序に多数の花をつける。花は長さ5~6㎜のつぼ形で、白色または淡紅色を帯びる。花茎や花被片に腺毛が密生する。ソクシンランは(ユリ科 ソクシンラン属)の多年草で、本州・四国・九州・沖縄、朝鮮南部、中国などの日当たりのよい山麓の草原や道端などに生える。根茎は太くて短い。花茎や花被片に腺毛が密生する。


◆ソクシンラン=(Y.HADA'S Home Page)=





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

銀竜草の花・・・

ギンリョウソウギンリョウソウ 「ギンリョウソウ」、北海道から南西諸島までの広域に分布。葉緑素を欠いているため
ギンリョウソウギンリョウソウ大部分が白色で、その姿かたちを竜にみたて「銀竜草」の名がつけられた。植物のなかには光合成をしなくなり、菌類(キノコやカビの仲間)から栄養を奪って生きるものが知られているが、ギンリョウソウもそんな「菌従属栄養植物」の1種で、ベニタケ類の菌糸から栄養を得ている。特に光を必要としないため、暗い森の中での暮らしも難なく暮らしていけるのだ。もっとも地上部に植物体が現れるのは、花を咲かせ、実をつけるための約2か月間だけと短期間なのだ。どちらかと言えば暗いイメージの植物ではある。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

畦の花、靱草・・・

ウツボグサウツボグサ 「靱草」という植物を知って以来、すでに十年は有に過ぎるけれど、これほ
ウツボグサウツボグサど群生し、開花した状態の靱草を観るのは初めてだ。その迫力には圧倒される。植物のあるが儘の姿に触れ
ウツボグサウツボグサることの感動に酔い痴れる一日になった。また、例によって、秋の月氏より、サラリと短文が寄せられていました。現在の私には書けない文章・・・勝手に転載させていただきました。いつもありがとうございます。

秋の月 > 畦の花、靫草・・・野道を歩いていると、年に一度出逢えるかどうか…偶々ラッキーな花散歩でした 。野道にウツボグサの豊に群れて咲く田園風景はvivaldi の四季「夏」の曲が爽やかな風に揺れ聴こえてくるようでした。。。…



以下、生薬としての歴史、情報など「生薬の玉手箱」の記事を一部転載させていただきました。

生薬の玉手箱


 【夏枯草(カゴソウ)】  平成6年07月15日号より


基源:ウツボグサ Prunella vulgaris Linne var. lilacina Nakai (シソ科 Labiatae)の花穂.

 淋病と云えば,昨今は淋菌による性病を意味しますが,本来は排尿時の不快感や残尿感など淋病に似た排尿障害を幅広く意味する言葉でした.昔はそうした淋疾患が多かったのでしょうか,俗に「小便薬」と呼ばれる利尿を目的とした生薬が非常にポピュラーでありました.今回話題に取り上げました「夏枯草」もその一つです.

 夏枯草は『神農本草経』の下品に収載された薬物です.その原植物は日本薬局方ではシソ科のウツボグサであるとされ,『図経本草』記載の徐州夏枯草の付図からも明らかにウツボグサであると思われます.ウツボグサの分布域は広く世界中におよび,リンネが記載した基準種の Prunella vulgaris はヨーロッパ産の植物です.ドイツでもブルネレと呼んで薬用にしており,全草を煎じて結核,胃潰瘍,糖尿病などに内服されるようです.成分としては他の多くの利尿薬と同様,大量のカリウム塩を含み,利尿作用を示すものと考えられています.他に防腐作用を持つような物質の存在が知られていないところから,淋病に用いられたのは尿路を頻繁に洗い流すことが目的であったと考えられます.

 夏枯草の薬用部位は現在薬局方には「花穂」と規定されていますが,従来は全草生薬であったようです.現在のように花穂のみが使用されるようになったのは清代になってからで,見栄えのよさという商品価値的な理由であったのではないかとする研究報告もあります.実際,民間薬としては,日本,韓国,台湾などでは今でも全草が使用されていて,花穂ばかりを集めた商品に比べますと雑な感じがしないでもありません.なお,昨今の日本市場は中国からの輸入品ばかりが出回り,すべて花穂のみの商品です.薬局方の記載もこうした事情を反映したものと考えられます.

 先述のように夏枯草は古来重要生薬であり,またどこにでも見られる一般的な植物であったため,わが国の本草書にもかなり具体的な記載が見られます.現在の市場の状況からしても原植物はウツボグサで問題はなさそうですが,本草書の中には違った意見が述べられています.

 稲若水は「葉は金沸草に似て裏に紫条あり,花は微紅,空穂草(ウツボグサ)に似て長く,ウツボ草には有らず.ウツボ草は用いて功なし」とし,小野蘭山は「今薬肆に売る所の夏枯草みなうつぼぐさなり,然れどもうつぼぐさは除州夏枯草にして真物にあらず.--- 此草夏枯れず夏至以後始めて花あり.夏枯草の名に稱はず.しかれども効用は近にして代用するゆえに除州夏枯草という」と述べ,原植物にジュウニヒトエ(同じシソ科の Ajuga nipponensis Makino)を充てています.

一方,『用薬須知』には「和名ウツボグサ.本草ニ夏ニ入リテ枯ルトイウ.今ノ靭草ハ枯レザルヲ以テ疑イテ真ニ非ズトスル人アリ.之詳審ニ之ヲ考窮セズノ誤也.此ノ物新苗已ニ生ジテ舊根枯ル.此新旧相代ワルナリ.夏ニ入リテ枯ルルノ説ニ能ク合ス.是真ナリ.疑ウベカラズ.一種救荒本草ニ出ズル所ノ夏枯草アリ.審ニ之ヲ察スルニ此レ紫背龍芽ノ一種ニシテ恐ラクハ真ノ夏枯草ニアラズ.且ツ和邦古ヨリ靭草ヲ用イテ毎々経験アリ.宜シク靭草ヲ用ユベシ」とウツボグサが正品であると記載されています.

 夏枯草の原植物がウツボグサであったかあるいはジュウニヒトエの仲間であったかは論議の別れるところです.石戸谷保氏は,韓国市場で Ajuga(キランソウ)属植物を基源とする夏枯草を入手したと報告しており,また『本草綱目拾遺』の「白毛夏枯草」は「葉梗は夏枯草と同じだが,ただ葉上に白毛がある」とあり,ジュウニヒトエの仲間であったようです.ただし,1793年に幕府の求めに応じて中国から夏枯草の種子が持ち帰られ,播種育成したところウツボグサであり,従来の所用品と一致したとされていることから,やはり正品はウツボグサとするのが妥当なような気がします.わが国で種々論議されたのは,夏枯草の薬効がそれほど優れたものではなかったからかも知れません.中国でも『神農本草経』,『名医別録』以降は殆ど記載がなく,余り重要な生薬ではなかったようです.ただ,こうした原植物の誤認は「夏枯草」すなわち夏に枯れる性質に起因しているもとの考えられ,現在韓国で夏枯草として使用されているビャクダン科のカナビキソウもそうした例の一つです.
 なお,中国医学での薬効は「清熱明目」薬として肝胆の欝火を除くことによりそれにより生じたリンパ節結核や甲状腺腫瘍,耳下腺腫を治するもので,夏枯草の昨今のわが国での使用方法とは異なることを付記しておきます.
(神農子 記)








blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



鹿の子草の咲く頃・・・

カノコソウカノコソウ この花が、妙に目立つ季節がある。花弁がゴーカである、とか・・その佇ま
カノコソウカノコソウいが、際立ってチャーミングであるといった、特定のモノ、そのモノが美しいワケでもないけれど、何か心騒ぐトキがある。シャッターの回数こそ多くはないが、この花は毎年撮っている。対象が植物や動物など森羅万象なんであっても、バランスのいいタイミングで撮るコトができれば、耄碌爺にとって「気分のいいショット!!」・・・ということになるのだ。

・・・「鹿の子草」の画像は気に入っているのだが、「三途の川」の妄想に取り憑かれて以来、久しく書けなかった「我がBlog」の記事が落ち着かずイライラ・・・チョット覗いてみた「あしアト do_On!」に、歌でお馴染みの、秋の月さんから書き込みがあり」そのサラリとした文体とその内容に感銘、力めばいいってものじゃない・・・と、ありがとうございました。

秋の月 > 鹿の子草が咲く頃・・・Tokiraさんが感じる「心騒ぐトキがある」…。確かにそんな花…大輪の鹿の子草は森の緑に映え、その、爽やかな美しさは控えめ、清楚、安らぎを感じます。花言葉も「親切、真実の愛情、気さく」だそうです 。 ( 2018/06/17(日) 19:48 )






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ




テイカカズラとスイカズラ・・・

スイカズラスイカズラ 「三途の川」を前にしたカルチャーショックに囚われている間に花は次々と
テイカカズラテイカカズラ開花、季節はどんどん巡る。 「忍冬」、日本でもニンドウとも言われ、冬にも葉が青々していることから付いた名前だ。「受粉した花は色が変わる」と、別の本で読んだこともある。色が変わるのは、受粉を担当する虫の目から見えにくくするため。つまり、まだ受粉していない花に虫を導くために、受粉済みの花は見えにくい色に変わる、ということなのだ。「済み」って感じでしょうか。スイカズラは別名“忍冬”とも呼ばれる常緑の蔓性の植物で、英語名はHoneysuckle(ハニーサックル)、フランス語ではChevrefeuille(シェーブルフォイユ)と呼ばれ、花は白くその香りはジャスミンのような、清潔感のあるフレッシュな香りを持ち、レモンのような柑橘系の香りの部分も感じられる、まさに初夏にはピッタリの香りを持つ植物なのだ。スイカズラは、その蔓の巻く姿が美しい為か、洋の東西を問わず一つのデザイン(文様)として古い時代から使われて来ている。日本で唐草と呼ばれるデザインは、一般的にはこのスイカズラ(忍冬)の蔓や葉が絡み合って延びている様子を図案化した模様であり、遠い昔にギリシアで考案されたリズミカルな模様が、インドや中国を経て、仏教美術の装飾用として伝わり、日本風のデザインになって行ったものと考えられている。テイカカズラはキョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木。有毒植物である。 和名は、式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説に基づいた話なのだ。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ






アサザという花

アサザアサザ アサザ 【浅々菜・阿邪佐】ミツガシワ科アサザ属に属する多年性の浮葉植物・環境省レッドリスト 絶滅危惧Ⅱ類 にランク 和名のアサザの語源は「水深の浅い所」=浅沙(アササ)に生育することに由来していて、この名前は平安時代から呼ばれていたそうだ。本州から九州までの低地や浅い池沼に生える植物で別名を「ハナジュンサイ」という。六月頃から咲く花は花径約4cm。早朝に開花して昼過ぎには閉じる一日花。花びらは五つに切れ込み、縁には多くの長い毛が付いている。どこかキウリの花に似ていて次々に咲く。葉は表面は緑、裏は紫褐色で、水底から伸びる丙に付いていて水面に浮かぶ。葉縁から葉柄まで深い切れ込みが入るがハート型にはならず根茎は泥の中を長く這っている。 


◆絶滅危惧種アサザの生活史と、生態系としての機能=アサザ咲く水辺 =




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

雨に咲く花・・・

アジサイアジサイ 「コアジサイ」という名の紫陽花がある。耄碌爺にとっては初見の花なのだ。近畿地方の
アジサイアジサイ「入梅」はまだ発表されず、例年より一週間は早くなりそうだ。「梅雨入り」も「梅雨明
2018-05-16180523-163127-IMG_3307.jpgアジサイけ」も「正式には宣言は無い」そうだ。紫陽花も種類が多く美しい花もあるけれど、バレーボール大のビッグサイズ化は好みに合わず、数年前に観た「ヤマアジサイ」以来「美しい紫陽花」と感じたのは丹波の里山に咲く「コアジサイ」の静かな佇まいなのだった。


ジョージ川口率いるジャズコンボ、ビッグ・フォアであった・・・中村八大 6月10日はその命日。ここは、「雨に咲く花」よりも、天才・ちあきなおみ 「黄昏のビギン」でしょう。








blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

非常識な生き方を獲得した植物・・・石持草

イシモチソウイシモチソウ 移動してきたこの場所で、「イシモチソウ」を見て以来、もう6年が過ぎてイシモチソウイシモチソウしまった。食虫植物であるイシモチソウの繁殖や分布域拡大策戦はどんな仕組み
イシモチソウイシモチソウになっているのかは知らないけれど、こんな場所にまで出現、すでに6年とはお見事という他ない。さすがに、冬から夏へと極端な寒暖を繰り返す“異常気象”に食虫植物と言えども影響は避けられず、粘液煌めく“草花火”に収穫物の影もなく心なしか揺れる白い花が寂しい。イシモチソウの草花火(=分泌粘液に煌めく葉)に絡め捕られた虫を観るたびに、地球上のエネルギー循環=太陽→緑色植物(生産者)→草食動物(一次消費者)→肉食動物(二次消費者)へと順次推移する=の基本的な法則を逆転し、自然の摂理に真っ向から逆らうといった非常識なことが「自然の選択」とか「棲み分け」といったような「風の吹きようで・・・こうなった」という、長時間に渡る自然の成り行きの結果として獲得された・・・とは俄に信じ難く、極貧状態の厳しい環境下で生き抜くには、「ムシたちを喰うことが一族の繁栄と存続のためには最善の方法である・・・」といった微弱ではあっても“意志の力”らしきモノが働いたに違いない・・・と想像することでしか“緑色植物が草食動物を喰って生き延びる”といった“非常識な生き方”を獲得したコトに今も納得することができずにいるエロボケ老人の老後ではある。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


時の流れ・・・

2018-01-16-mixa180116-140633-IMG_1120_20180124145856fbd.jpg2018-01-16-mixa180116-140642-IMG_1123_20180124145857b73.jpg しばらく書くことを忘れていた。「時の流れに・・・」こんなフレーズで2018-01-16-mixa180116-140658-IMG_1125_20180124145859317.jpg2018-01-16-mixa180116-144002-IMG_1127_2018012414590140d.jpg書き出してみれば、「何か書けそうな気がしたけれど・・・結果は、安っぽい七五調のフレーズが浮かび上がるだけで画像までないがしろにしてしまう・・・1月の半ば、久しぶりに上がったビューポイントから朝靄に煙る播磨灘を望む冬景色なのだ・・・運動不足に喘ぐ老体にムチを入れながらなんとか辿り着いた“三草古道ビューポイント”からの景観は爽やかだった。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



三叉(みつまた)の花・・・

ミツマタ 和名はミツマタで、漢字表記は、三叉(みつまた)及び三椏(みつまた)(ジンチョウゲ科 ミツマタ属)中国原産で、冬に葉を落とす落葉性の低木。枝が三つ叉に分かれるところから「ミツマタ」と言うが、見た目そのままで非常に説得力があり覚えやすい名前なのだ。和紙の原料としてよく知られるが、樹形のまとまりがよく、花もきれいなので、庭木や鉢花、盆栽などで栽培される。樹高は1m~2mでよく枝分かれし、まるい樹形になる。秋に枝の先端に花芽を作り、早春に小さな花を半球状にまとまって咲かせて芳香を放つ。花びらに見える部分は筒状の萼で、実際は花びらをもたない。花は下向きに咲き、小さな蜂の巣のような雰囲気があり、色は外側が白で内側が黄色になる。開花時期はまだ葉っぱが出ておらず、花が葉っぱで隠れることがないので樹全体が色づいたようになり美しい。日本には1600年頃の慶長年間に紙をつくる材料として渡来したと言う記録が残っているが、万葉集に「サキクサ(三枝)」の名前で詠まれているものがミツマタを指し、すでにその頃(8世紀後半)には日本で見ることができたという説もある。樹皮は和紙の原料として利用され、ミツマタを原料とした和紙は光沢があり丈夫でしなやかなで破れにくいという特徴があり、それらの長所から、紙幣の原材料のひとつとして用いられており、高知県を中心とした地域で主に栽培されている。今回、blog用に撮った画像は二月の初めに撮影したもので、こんな時期にミツマタの花を観たのも初めてなら、撮ったのも初めてのコトで、現物に忠実を心懸け、補正を加えていたらモノクロ写真のようになってしまった。



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索