Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

カテゴリー内エントリ一覧

安倍晋三は、「在りようそのものが憲法違反」・・・

◆10月19日号、週刊新潮
アベノミクスを成功に見せるからくりをすっぱ抜く! 


Blog 郷原信郎が斬るを読んでいて、安倍政権に対する多くの批判や意見の中で、郷原信郎氏ほど理路整然として説得力のある文章は、他にあまり見たこともないし、記憶もない。「存在そのものが憲法違反」 ではないかと思っている「安倍晋三一派の現状」に対する的確な批判として抜粋、転載させて貰った。


  ◆郷原信郎が斬る
          

以下、 ↑
     ↑より抜粋、転載

   
 昨夜(10月11日)のテレビ朝日「報道ステーション」の党首討論で、安倍首相が、「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」と発言した。内閣の長である総理大臣として、絶対に許せない発言だ。

いずれも形式的には詐欺罪に該当し、検察がその気になれば「詐欺罪」で逮捕・起訴することが可能である。しかし、実際には、そのような助成金の不正受給が詐欺罪で告発された例はほとんどない。

「森友、加計疑惑隠し」と批判される解散を強行し、選挙が公示されるや、今回の、信じ難い「暴言」だ。

しかし、これらの事件について、そもそも刑事事件にするような問題であるか否かに重大な疑問がある。

このような首相発言が許されるとすれば、もはや今、日本は法治国家ではない。



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


カタルニア・オチル 総理がマタマタ語ってしまった。。。というハナシ。

「カタルニア・オチル首相」が今回は「テイネイに」語ったそうだが・・・「テイネイ」と言うコトバを連発することが「テイネイな説明」。。。と思ってるフシがある。サスガ「ボク、ソーリ!」・・・昨日の議会は自爆前哨戦・・・見てるだけで「詰み」だね。


【加計学園問題 安倍総理出席】 参議院 予算委員会閉会中審査
2017年7月25日 live on TV





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

ピエロではないぞ! 山本太郎氏は・・・

 そんなに急いで何処へ行く・・・と、いくら尋ねてみても、ピントの外れた話の羅列はいつものこと、時には恫喝まで交えて誤魔化したつもりが誤魔化し切れずに、ホンネを吐露してしまう・・・という茶番までご披露下さる我らが「総理、ソーリ!!」「何てったってアイドル・・・♪♪」 気持ちの悪いアイドルより 今、「話題の憲法」について勉強中の耄碌爺・・・モノやコト、人名の出辛さにもメゲ豆、阪神タイガースの野球のない日は「日本国憲法の、おベンキョー」と、若き日の不ベンキョーを取り戻すべく、やや、遅れ気味のおベンキョーに励んでおります。日本国憲法の草案はメイト゛インシ゛ャハ゜ン など- YouTubeで山本太郎氏は、やはりピエロでは無かったことを再確認、「ガンバレ!タロー氏!」モーロク爺の熱い春です。。。

2013/11/18 に公開
YouTube 日本国憲法の草案はメイドインジャパンに対するtouhokushien氏のコメントを転載させていただきました。

現行の日本国憲法はアメリカの押し付けだ、という定説は改憲派の論拠のひとつになっている。たしかに、GHQ草案をベースに現在の日本国憲法の原案(大日本帝国憲法の改正案)が日本政府によって作られたことは歴史的事実ではあるが、番組はそのGHQ草案の1ヶ月以上前にすでに日本の民間人による独自の憲法草案が存在し、その草案が逆にGHQ草案にも影響を与えた可能性を指摘した。
 それは有識者7人が1945年11月に結成した「憲法研究会」による草案で、主権在民や平和主義、表現の自由、男女平等などをうたっていた。7人の顔ぶれは高野岩三郎、森戸辰男、杉森孝次郎、馬場恒吾、鈴木安蔵、室伏高信、岩淵辰雄という、当時の進歩的な学者、評論家、ジャーナリストらで、いずれも戦時中は治安維持法違反などで逮捕・収監され、または職場から追放されるなど、塗炭の苦しみを味わった人々だ。

「押し付け憲法だから改憲、という論を聞くが、憲法9条は日本人が作った」――。2013年6 月5日、参議院議員会館で開かれた「第4回立憲フォーラム勉強会」に講師として登壇した作家・半藤一利氏はこのように話し、当時の幣原喜重郎首相が、 GHQ最高司令官であるダグラス・マッカーサー氏と会談した際に、憲法9条案を進んで提案したと説明した。
 著書『日本国憲法の二〇〇日』(プレジデント社)を出版した際は、マッカーサー氏側から提案があったと認識していた半藤氏だが、その後、勉強しなおし、先述の通りに結論を変えたという。
 曰く、幣原氏とマッカーサー氏の会談は通訳を介さずに行われ、録音なども残っていないため、証拠はない。しかし、マッカーサー氏は「幣原が提案した」と語っており、幣原氏は「自分が作った」と語っていないものの、否定はしていない。

 幣原氏が9条案を持ちだした背景には、1928年(昭和3年)8月27日フランス・パリで、日本を含む当時の列強諸国15カ国間で締結された「パ リ不戦条約」がある、と半藤氏は語る。不戦条約は、第一条において、国際紛争解決のための戦争の否定と国家の政策の手段としての戦争の放棄を宣言してお り、調印に関わった幣原氏は、同条項の影響を強く受けていたというのだ。
 ところが、昭和6年の満州事変。半藤氏は言う。
 「これが陸軍総ぐるみの謀略であることは間違いない。侵略戦争を『自衛』と称し、不戦条約違反にはあたらないとした日本に、世界各国は不信感を持った。国際的信用を失った日本はその後、太平洋戦争への道を突っ走った。せっかくの不戦条約を、日本自らが先に破ったのだ」
 「もう一度この精神を取り戻す」。幣原氏のこの提案に、マッカーサー氏は感動し、同意したという。
 新憲法制定に向けた議論を行う「衆議院憲法改正案小委員会」では、当時、憲法担当大臣だった金森徳次郎議員が1365回もの答弁に応じ、新憲法に関する議論は何重にも重ねられた。
 「昭和21年4月10日、選挙法が変わり、婦人参政権も入った。戦後日本は、新しい議員たちが、選挙で選ばれ、新しい議会を形成した。そこに、政 府が決めた憲法草案が提出された。新しい日本が始まった」。半藤氏は、こうした時代背景を語った上で、「決して憲法は押し付けでなく、戦後、新しく選ばれ た議員による討議を経て、やっと作られたものだ。こうした事実をみろ、と言いたい」と、「押し付け憲法論」に何度も釘を差すように語った。

日本国憲法が、歴史的・国際的な「正統性」のもとに生まれた、人類の英知の結晶
とも言うべき存在であることが強く印象付けられる。再現映像なども交えて当
時の議論のようすを丁寧に描写している。「人類の普遍的価値を体現した日本国憲法が、一時の政治的な思惑で安易に改変されていいのか」





山本太郎vs安倍晋三【全21分】1/25参議院・本会議


山本太郎 安倍晋三を問いつ






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

今や、安倍晋三総理大臣の在りようそのものが「憲法違反」ではないか!!

菅野完(ノイホイ)【安倍は黒!遂に証人喚問後ノイホイが証拠を続々提示!維新の松井知事と安倍首相は結党を約束していた仲であり、森友と関わりがない発言は安倍のウソであることが明らかに!


安倍首相「2020年までに憲法改正を」ビデオメッセージ



「開戦前夜」のような「危機感」を煽っておきながら閣僚たちは外遊、「改憲」については「読売新聞を読め!」とか、「ある時は総理大臣、またある時は「自民党総裁」安倍晋三氏、自身の“立ち位置”を使い分けているつもりか知らないが「国民をバカにするのもホドホドに」傲り昂ぶりの向こうに見えるのは・・・「墓穴」か。。。


ついに、新聞の社説に、安倍昭恵夫人の公式会見、もしくは国会での説明をすべきとの記事が掲載された。朝日新聞は、日刊ゲンダイ紙と同様に、あきらめずにマスコミの仕事を行っている。森友学園の新しい事実がわかる度に、昭恵夫人が関与していることが分かってくる。もう、安倍首相が、国会でどんなに屁理屈を捏ねようが、一般の常識ある人が見れば、安倍氏の言い訳は詭弁である。

ついに新聞の社説に、昭恵夫人の説明が要求される事態になった。 かっちの言い分/ウェブリブログより、抜粋転載。


◆新聞の社説に、昭恵夫人の説明が要求される事態になった。
かっちの言い分/ウェブリブログ


◆憲法をわかりやすく 第1部 第1章 憲法と立憲主義
三、立憲主義と現代国家-法の支配-




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

「開戦前夜を煽る」 安倍カルト政権・・・

 開戦前夜を煽りながら、我が身の綻びを隠し続け、まだ戦争ごっこを続けたいらしいオカルト政権の好戦ポーズは「大臣のポストを頂戴するまでは・・・」と待ち続ける大臣予備軍で満パイ、次々と飛び出すバカ政策に善良庶民はア然、ボウ然、現・安倍政権になって以来、国際的な奉仕活動などに取り組みながら人質に取られた日本人が一人でも救出、生還したというハナシがあったか・・・何処かのクニのハナシとして報道されたことはあっても、我が国には「人質生還のニュースなど聞いたことがない・・・」それでも、コトあるゴトに「国民の生命と財産を守るため・・・」と宣う総理はじめ閣僚閣下。何処へ行こうとしているのか、このクニは。。。楽しみなコトで。。。

<昭惠90万円、お付きの公務員に170万円の国費支出>(<往生際の悪い安倍夫妻>より抜粋転載)

 安倍昭惠は、法的には一介の私人・主婦でしかない。たまさか夫が首相だとしても、公人になれるわけがない。
 現に、第一次安倍内閣が沈没すると、福田康夫は、首相夫人のためのお付きの公務員を廃止した、と福田赳夫秘書が報告してきた。康夫は正しい。彼は過去を知る政治家として、靖国参拝に反対した、真っ当な総理大臣だった。細川護煕・鳩山由紀夫はまともで、右翼ではない。
 福島瑞穂議員の質問主意書で、2016年の私人・安倍昭惠に90万円が国庫から支出されていたことが判明した。彼女にお付きの公務員が付いていたことに仰天した国民は多いのだが、お付きにも170万円の手当てが支払われていた。
 国費を拝借して、教育基本法と憲法に明白に違反する、神道小学校建設推進のために使用されたことになる。
<詐欺横領公務員法違反>
 私人昭惠に90万円、彼女にお付きの公務員をあてがって、手当として170万円が支払われている。ここに法的根拠はない。違法である。
 一心太助いわく「二人は詐欺横領、そして国家公務員法に違反している。その証拠に二人とも逃亡しているではないか。後ろめたく無ければ、堂々と国会に出てきた証言すべきだ」と指摘する。全くそうである。



◆<往生際の悪い安倍夫妻>首相官邸大炎上<本澤二郎の「日本の風景」livedoor Blog
◆アメリカに追い詰められる安倍政権=高島康司 | マネーボイス
◆安倍政権の背後にある「日本会議」の知られざる実態と自民党=高島康司 | マネーボイス

「日本会議(ニッポンカイギ)」の実態・・・菅野完氏に聴く

  ◆籠池の代わりに菅野完が会見、マスコミが中継を打ち切った爆弾発言の中身!…|LITERAでマスメディアのジャーナリストというより、リポーター連中にマイクを向けられながらポンポンと歯切れのいいコトバのやり取りというより、説得力のあるコトバの一方的な流れに耄碌爺の直感が目覚めたのだ・・・見掛けは、今風の若いお父さんだが、今どき見ることも少なくなってしまったキモの据わったジャーナリストと踏んだのだ・・・が、ご本人は著述家と言い切って居られる。今となってはファンになってしまった耄碌爺、「dmcr.tv」というネットtv に出合い、いま一番の関心事「日本会議(ニッポンカイギ)」を知り、更に分け入ってしまったという次第。

池田香代子の「100人に会いたい」28人目 菅野完さん 日本会議を知る


池田香代子の「100人に会いたい」39人目 菅野完さんパート2 日本会議に分け入る YouTube



      ==================== * ====================

こんな話も出ているが・・・。


◆安倍晋三首相は「300億円」で「森友学園問題」を解決、
近々に「内閣改造→辞意表明→内閣総辞職」の手順で退陣!!

 

blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

国家権力総動員の“籠池潰し”・・・海外メディアも重大関心

◆海外メディアも重大関心 国家権力総動員の“籠池潰し” | 日刊ゲンダイDIGITAL・・・一部抜粋転載

 あからさまな口封じは国策捜査以外の何ものでもないが、「やれるものならやってみろ」だ。籠池劇場に注目するのは、今や日本の有権者だけではない。国際社会も注視する「衆人環視」の状況下で、国家権力を総動員して一私人を血祭りにあげれば、この政権は国際世論を敵に回すだけだ。政治評論家の森田実氏はこう言った。

「政権サイドの極度な狼狽ぶりをみて、多くの国民はウソをついているのはどちらか、もう直感していると思います。証人喚問以降の昭恵夫人の雲隠れと、先の日曜の首相との不自然なツーショットを目の当たりにして、ますます確信したのではないですか。やはりウソをついた側が弱みがある分、追い込まれるのは世の常で、もがけばもがくほど墓穴を掘る結果を招くだけです。安倍首相は『関係していたら、首相も国会議員も辞める』と軽々しく発言した自分を呪うほかありません」

 野党は絶対にひるんではダメだ。民進党も日和見幹事長を引きずり降ろしてでも、追及の手を緩めてはいけない。


☆森田実 - Wikipedia

blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

謎解きアッキード事件~森友学園疑疑獄の真相・・・

(

◆弥生の季節に馬脚を現した肝の小さな政治家たち(田中良紹) - 個人 - )より一部抜粋転載 -

弥生3月は草木が芽吹く季節であるから変化が起きやすい。乱のきっかけになることも多い。旧くは日本に戦乱の時代をもたらした応仁の乱が応仁元年3月に始まり、最近では6年前の3月に大震災が起きて日本人の意識を変え政治の混迷を深めさせている。そして今年の3月はよく似たタイプの政治家が揃って窮地に陥った。

強がりでわがまま、相手の主張に耳を傾けようとせず力でねじ伏せようとするが、失敗すると他人のせいにする。その一方で、国民の支持を気にするポピュリズム型でもある。そのよく似たタイプの政治家としてドナルド・トランプ、石原慎太郎、安倍晋三の3人がいる。




平成29年 3月1日 参議院 予算委員会にて
なみだ目で声をふるわせる安倍総理 ▼


「日本会議の研究」の著者・菅野完氏 記者会見

◆菅野完 - Wikipedia

<外国特派員協会>森友学園 籠池泰典理事長 記者会見

◆籠池泰典 - Wikipedia - 籠池泰典






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関係者をすべて国会に呼ばない限り、首相(ボク・ソーリ)は追い込まれていくだけ 昭恵喚問か内閣総辞職か | 日刊ゲンダイ

☆口利き証明ファックスが決定打 昭恵喚問か内閣総辞職か | 日刊ゲンダイDIGITAL




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

浪花の野望、隙間風の向こう側で・・・

★阿修羅♪掲示板 すべての虚構を暴き、真実に到達しようとしている
安倍辞任必至? 籠池理事長が昭恵夫人付役人から「予算化を調整中」の報告を受けたと証言、物証のFAXも存在(リテラ)
(☆Confessによる「森友問題証人喚問前に 菅野完」動画 要点書き起こし | ネットニュースMTMより一部抜粋転載)

- これはあまりにも「ニホン」的な事件なんですよね。みんななんかわかんないけどこれはちょっと、官僚の言葉を借りると、「マル政案件」だって話になって、腫れ物に触るように書類を触って、斜めにしか押せないハンコをまっすぐに押しちゃったりとかってことを積み重ねてくるっていうのは、どこの会社でもあることですからね。それがやっぱりいちばん怖いですね。
で、その怖さをどうするかっていうとね、今の「ニホン」では流行らへんのかもわからんのやけど、「みんないっぺん杓子定規に戻ろうよ」って思うよね。もう、法律に書いてある以上はできないと。それ以外のことはできないんだっていう。そこを曲げてみたり新たな解釈やってみたりあるいはたとえばホリエモン的にレギュレーションとレギュレーションの間をみつけて真ん中を走っていくのがクレバーだっていうのは、おれは絶対間違いだと思う。
法律は法律だから、で正義は正義だから、正論は正論だから、っていうところで、杓子定規に戻るというのが、おれはもうめっちゃ今回の事件で自分の中でも痛感したことですね。

今の籠池さんを表現するのにもっとも適当な言葉は「カルト脱会者」なんですよ。
おそらく自由民主党はそういうことは無視するだろうけども、ぼくは彼は立ち直りつつある人間なんだというメッセージを、ぼくの知ってる野党議員および自由民主党の議員には伝えていくつもり。

籠池本人よりも、おれは政治家をみたほうがええと思う。何の質問をするか。
これが人権問題だってことがわからん人間はね、党派とか陣営関わらずね、近代国家で国会議員をしててはいけないと思うの。

で、その批判的な目というのは自由民主党の政治家だけじゃなくて、すべての党派の政治家にぼくは同じく批判的な目線が注がれるべきだと思ってて、籠池がどういう手段に出てくるかぼくももう全然予想もつかないし、おれがペットみたいに預かってるわけでもないわけで、よくわからんけども、いかに彼がトリッキーな存在でトリッキーな発言をしようともやっぱり質問側に立った与党野党問わず国会議員がどういうスタンスで籠池に接するかというのは、ぼくはかなり重要なポイントだと思う。何が語られるかではなくて。そこを見てほしいっすね。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

菅野 完(すがの たもつ)氏が語る、「浪花の野望」・・・その後。。。

  菅野 完氏のハナシが説得力あり、面白い。。。菅野完 事件の責任は迫田前理財局長と松井一郎大阪府知事・・・菅野 完という人は見かけに似合わずキモの据わった人で、少し気になり調べてみれば、橋下氏以下大阪維新の面々と似た土壌から始まり、成長過程で、もの書きの視点に目覚めたのか、 『日本会議の研究』の出版が知られている。現代日本のマスメディアやジャーナリストとは「ひと味違う・・」と感じたのは、「なるほど。。。」であった。インタビューにならないインタビューでお茶を濁し、一人前のジャーナリスト面をしている似非ジャーナリストよりは数段オモシロイ。。。

◆菅野完 - Wikipedia

:◆森友学園の籠池理事長が会見を延期した理由について、
菅野 完氏が取材に応じた。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

浪花の野望・・・

  「浪花のジャニス」小林万里子氏に出会ったのは、神戸・三宮のジャズ喫茶が満席で相席させて貰ったのが約40年前、大学の友人らしき女性と二人、「今、父親に勘当されている・・・」などと、気さくに話してくれる元気な女子学生といった風であった。今想えば、彼女が神戸大学時代に出会っていたようだ。彼女のヒット曲、「朝起きたら・・・」は、すでに聴き憶えがあったし、友人の個展会場まで出向き、ギター1本で聴かせて貰った「浪花のブルース」の数々・・・今もよく憶えている。「松井氏」を「顔がヤクザ!」と皮肉ってみせる感性ははさすがなのだ。。。

◆昨日、 「同業者としてのみなさんへのお願いです。この人たちこそが悪い奴なんです」
塚本幼稚園で行われた修了式において籠池理事長は
|LITERA/リテラ

◆森友問題、国有地9割引きの責任者が現国税庁長官というブラックジョーク- Yahoo!ニュース
◆ 木村真と菅野完の二人の英雄は、もはやこれ以上、森友疑惑で何もしないほうがいい
安倍首相を追い込んだ勇気ある二人の英雄
  天木直人 赤かぶ


◆小林万里子 (シンガーソングライター) - Wikipedia

<森友学園>籠池理事長の野望の裏に潜む「大阪維新」幹部の影


小林万里子「パンク橋下徹」






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

カルト思想、“おかしなオッサンの思いつき”・・・根は深い、

 ここにきて、現政権が吹っ飛びそうな材料がゴロゴロ、それとなくアブナイ政策の撤収に取り掛かるあたりは「積極的平和主義を掲げながら口先政策に奔走し続ける安倍政権」らしいと言えばラシイ・・・が、もう崩れかかっていることには間違いない、そう遠くはないハズ。。。政治腐敗が目を覆うばかりになっている。悪党が善人に見えるほどなのだ。

◆土の搬出業者がトイレでの変死直後、唐突に、安倍でんでんと麻生太郎が「8億円は妥当」と開き直った - のんきに介護
◆<悲鳴を上げた心臓>官邸炎上<本澤二郎の「日本の風景」 - livedoor Blog(ブログ) -
◆安倍首相の怯えが手に取るようにわかる 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆<南スーダンPKO>撤収 政府本音はリスク回避 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
◆森友問題の原点 安倍・松井・籠池を結びつけた団体の正体(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
◆“歴史を変えた伝説の2・26会談” 森友問題の原点 | 日刊ゲンダイDIGITAL
◆第二の森友学園、安倍首相の友人学校に36億円の土地!|情報速報ドットコム






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


なんともオゾマシイ名前、「瑞穂の國記念小學院」のハナシ・・・

 いよいよ「アベ自爆」の時がやって来たか。。。幼稚園児に「教育勅語」を暗唱させている学校法人、「森友学園」に格安で国有地を売却するという「トンでも話」が持ち上がり、アベ関連の問題が持ち上がっても居眠りでやり過ごしを決め込んできた「マスゴミ各社」も目を覚ましたフリを見せ始めた。これを黙ってやり過ごすことは、さすがにウシロメタイことではあるらしい。。。



◆政権の底が抜けるほどネタはある! 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然 |
日刊ゲンダイDIGITAL

◆内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑の闇
| 日刊ゲンダイDIGITAL

◆疑惑の愛国小学校設立案件がクロであることを証明する写真 : 経済ニュースゼミ
◆安倍国会答弁で安倍小学校の事件化は必須: 『知られざる真実』
◆ 恥を知れ、安倍晋三 売国奴安倍晋三完璧アウト - 生きるため
◆大阪・森友学園 寄付募った名称は「安倍晋三記念小学校」
| 日刊ゲンダイDIGITAL





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

あらひとがみ(現人神)~しょうちょう(象徴)へ・・・

  天皇陛下がビデオメッセージで「象徴」としての【心】を公開(16/08/08)されて以来、◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!や、 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日における細野豪志・民進党のキレ味鋭い質疑動画を見る度に深く考えさせられ、気付けば約3週間の思考停止状態に陥ってしまったようなのだ・・・幾度となく動画に耳を傾け、説得力ある文章を噛み砕くように読む・・・そして考える・・・こんなコトばかり繰り返していたけれど久しぶりにオベンキョーしたような気分に浸っている今日この頃なのだ。。。
 ◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!

- 安倍首相に対する批判や罵詈雑言は数々ある。

 私も安倍批判においては言いたい放題、書きたい放題だ。

 しかし、これほど厳しく、なおかつ、的確な安倍批判は、後にも先にもないだろう。

 そう私が思う、いわば「日本一の安倍批判」を見つけたので紹介したい。

 まず黙って次の文章をお読みいただきたい。

 「安倍さんは、ずるい政治家です。政治の世界では、人を欺いたり、裏切ったり、ずる賢く立ち回ったりというのはありますが、それは政治家同士の権力争いで行われること。政策決定が国民の生活なり人生設計に影響がある場面で、そういうズルをやっちゃいけないんです・・・安倍さんを表現するとき、私は、二つの『ムチ』に集約できると思うのです。ひとつはignorantの無知、もうひとつはshamelessの無恥です。無知については、彼はまず歴史を知らない。戦後の日本人が築いてきた歴史を踏まえていないんです。ある政策を決定する場面で、現代に至るまで過去の政権がどういう議論と決定をしてきたか、そのプロセスを知る事は非常に重要な事です。しかし、安倍首相はそういう過去の世代へのリスペクトがまったくないんです。日本国憲法というのは、戦争で310万人もの人がなくなり、その犠牲者たちに対する義務感で作られた側面があるわけです・・・もうひとつ、安倍首相の無恥についてお話ししましょう。一言で言って、安倍さんはずる賢いんです・・・安倍首相は自分の考えに同意する人物を登用し、反対する人はクビにしてしまう。つまり、安倍政権のやり方というのは、『法による支配』ではなく、『人』による支配なんです。現在、政策の違憲性について指摘するのは最高裁判所と内閣法制局です。安倍さんは、これまで集団的自衛権について違憲だと唱えていた内閣法制局長官をクビにし、自分に都合の良い人物を据えた。内閣法制局長官が解釈すれば、それが法ですから、形としては法の支配です。しかし、裏を返せば、実際には人の支配なんですよ。これまでの歴代の内閣はこれだけはやってこなかった。人事に手をつけて自分の都合の良い解釈を引っ張り出して後の事は考えない。実に危険な考え方です。『無恥』としか言いようがない・・・」

 その批判はこう締めくくられている。

 「過去の世代が議論し築き上げてきたものへの敬意と次世代への責任。その二つを考えるなら、重要な案件はたくさんあります。少子高齢化、原発、地震など、国の存続に影響する重要課題は山積しています。きちんと過去と向かい合い、次世代につなぐ政権運営をするべきなのです」

 これほど厳しく、それでいて、罵詈雑言ではなく、これほど的確な批判があるだろうか。

 しかもこの批判をした人物はただの批判者ではない。

 大学の名誉教授である。

 しかもただの名誉教授ではない。

 安倍首相の政治思想史の恩師である加藤節成蹊大学名誉教授なのだ。

 恩師からこのような批判を受けるようでは、もはや安倍首相は、まともな神経の持ち主なら、日本の首相にとどまるわけにはいかないだろう。

 いくら野党が不在でやりたい放題出来るとしても、首相にとどまること自体が恥だ。

 それにしても、このような批判を、身分を明かして公言した加藤節名誉教授の勇気は凄い。

http://◆天木直人.com/ - 日本の動きを伝えたいより、転載。


細野豪志・民進党 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日




      ==================== * ====================


天皇陛下「お気持ち」表明 ビデオメッセージで公開(16/08/08)






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索