Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

うららうららと 春うらら・・・

フォレスタ旧バージョン ”春の唄”


春のうた





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

月に想いを・・・・・

Hideko Yoshida 吉田 日出子   DJ saku dainaman cafe music


Get Out and Get Under the Moon(月光価千金) - DOOZY

Get Out And Get Under The Moon (訳詞:ゆうこ)

夜は どうしてすごしているの    
何もすることがないときは?
本でも読むの? ゲームをするの? 
毎晩 おんなじね

いいことを 教えてあげましょうか
気が滅入らなくなる方法を
わたしの助言は ためになるし
やるのは もっと簡単よ

どんな夜でも ひとりぼっちで
気持ちが ふさいでいるときは
帽子を持って 戸をしめて
月光の中へ 出て行くの 

明るい 銀色の光の下で
じきに 気分がよくなるわ
帽子を持って 戸をしめて
月光の中へ 出て行けば 

ほら 頭上には 星が輝き
ほら 恋人たちは 愛を語る
ああ わたしも 6月の夜がほしい

そうよ 簡単なこと どんな夜でも
気持ちが ふさいでいるときは
帽子を持って 戸をしめて
月光の中へ 出て行くの 



      ==================== * ====================


Doozy - "Get Out Get Under the Moon" from peter hastings on Vimeo.





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

恋は愚かというけれど・・・


.青年よ寂しさに屈するな 西部ゼミ2016年2月7日放送


なぜ?若者は恋愛をしなくなったのか 西部邁ゼミナール2016年2月14日放送






      ==================== * ====================


  土曜日、朝のTV番組「サワコの朝」、エッセイストの阿川佐和子が毎回、各界で活躍する著名人と1対1のトークを展開するのだが、先日は「おすぎとピーコ」がワンセットで登場した。番組序盤には「思い出の中で今でも輝いている曲」を、番組終盤には「今、心に響く曲」と題してゲストお気に入りの楽曲について語るのだが、この日は20歳の頃チカラを貰った曲として選んでいたバーブラ・ストライザンド「Cry Me A River(クライ・ミ・ア・リバー)」の圧倒的な迫力に訳詞をどうしても読んでみたくなり、探したのが下記のような内容の詞で、何処にでも転がっている痴話喧嘩・・・「気の済むまでドーゾ」なのだが。

 どうしてそうまでして「いい人(女)」でいようとするのか。人との関わりを避けるのか。「嫌われるまい、捨てられるまい」として、いいとこばかり見せようとしても、最終的には何も残らず、「Cry me a river」の彼と彼女は、なんだかんだいって、これからもダラダラ、ズルズル続いていくんやろうな、と推測する。

少なくとも、これがきっかけで別れることはないと思う・・・もし、二人が別れるとしたら、それはもっと他の理由によるのだろうと、ネ。
ぶつかって、ぶつかって、衝突を繰り返すことでしか、恋愛上手にはなれないのでは。。。Cry me a riverの彼女のように、自分の気持ちを思い切りぶっつけ、言うべき時に言わないということは、自尊心が傷つくだけで、相手との関係も結局は進展しないし・・・という歌。

 もうひとつの「今、心に響く曲」として上げられたビリー・ホリデイの「恋は愚かというけれど」は、どこまでも暗く重い唄ではあるけれど品格さえ感じさせられるのはBillie Holidayの為せるワザか。。。


Barbra Streisand - Cry Me A River

"Cry Me A River"

Now you say you're lonely
You cry the long night through
Well, you can cry me a river
Cry me a river
I cried a river over you

Now you say you're sorry
For being so untrue
Well, you can cry me a river
Cry me a river
I cried a river over you

You drove me, nearly drove me, out of my head
While you never shed a tear
Remember, I remember, all that you said
You told me love was too plebeian
Told me you were through with me and

Now you say you love me
Well, just to prove that you do
Come on and cry me a river
Cry me a river
I cried a river over you
I cried a river over you
I cried a river...over you...

“淋しくて、一晩中泣いたよ” って
今さら言うのなら
じゃ、私の前で泣いてみせて
涙が川になるまで泣いてみせてよ

私はあなたのことを想って
さんざん泣いたんだから...
“嘘ばかりついて、ごめん” って
今さら言うのなら

じゃ、私の前で泣いてみせて
涙が川になるまで泣いてみせてよ
私はあなたのことを想って
さんざん泣いたんだから...
気が狂うほど
人を好きにさせておいて

なのにあなたは
涙の一粒も こぼすことなんて無かった
覚えてる?
私はあなたの言ったこと 全て覚えているわよ

“お前との愛はつまらない” って
“もうお前とは終わった” って...
“愛してる” って
今さら言うのなら

じゃ、私の前でその証拠を見せて
涙が川になるまで泣いてみせてよ
私はあなたのことを想って
さんざん泣いたんだから...




(日本語訳:東エミ)




I'm A Fool To Want You = Billie Holiday


I'm a fool to want you
I'm a fool to want you
To want a love that can't be true
A love that's there for others too

I'm a fool to hold you
Such a fool to hold you
To seek a kiss not mine alone
To share a kiss that Devil has known

Time and time again I said I'd leave you
Time and time again I went away
But then would come the time when I would need you
And once again these words I had to say

Take me back, I love you
...I need you
I know it's wrong, it must be wrong
But right or wrong I can't get along

Without you


私の恋焦がれるあなたには他にも女性がいる。
どうしたって本物でない愛を求めるなんて
なんて私は馬鹿なのかしら。

何度別れようとしたことか...
でもやっぱり舞い戻ってしまう。

愚かなことと判っているけど、
あなたを求めずにはいられない。
どうか哀れな女と思って、
もう一度やり直して。

間違いは承知のうえ、
だけど、そんなの関係ない。
あなたなしでは生きられない..

☆I'm a Fool to Want You -Billie Holiday
INTERLUDE by 寺井珠重 対訳ノート(27)より抄訳を転載☆




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

ウイーンフィル ニューイヤーコンサート 2016

 ありがたい時代になったものです。ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート 2016がもう観賞できるとは・・・今回の指揮者はマリス・ヤンノンス氏、観客席に国連事務総長のパン・キムンさんの姿も-見えるとか。。。アップして下さった方のコメントでは、全てをアップしたいのだが、さすがに著作権問題がありますのでご容赦下さい。・・・とのことでした。国連行進曲から始まり、ヨハン・シュトラウスの「皇帝円舞曲」、「ポルカ狩り」、それに定番、ヨハン・シュトラウス父の発表した「ラデッキー行進曲」。コレだけでも感動モノです。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

汝はそも波に幾月・・・椰子の実 ♪

 台風絡みのつゆどき、昼間はムシムシ、夜になってやっと涼しくなってきたところで、スッキリとした歌でも聴きたくなった。アレレコれ探した挙げ句、「西部邁ゼミナール」でお馴染みの声楽家・青山恵子(メゾソプラノ)さんが三橋三智也の歌を唄っているのを聴き、コレだ!と、聴いてみた。いい!いいね、しっかりした声で聴く歌は・・・理屈抜きに楽しませて貰った。因みに、青山恵子氏は’87年声楽では日本初の博士号を、テーマ「日本歌曲の歌唱法の実践的研究」~伝統音楽との接点~で取得とか。西部センセさすがに渋い。。。

青山恵子音楽教室西部邁ゼミナール 2015年6月21日放送

「椰子の実」
島崎藤村 作詩  田中寅二 作曲
 
名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ
 
故郷(ふるさと)の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)
 
旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる
枝はなお 影をやなせる
 
われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ
 
実をとりて 胸にあつれば
新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)
 
海の日の 沈むを見れば
激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙
 
思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)
いずれの日にか 国に帰らん



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

灰色の瞳・・・

 「安保法制」に絡み、ゴリ押し内閣の詭弁は言うまでもなく、ウソまで平気で飛ばす傲慢さにはホトホト呆れ返るばかりで、少々疲れた。ところで、原発その後はどうなったか・・・と検索を繰り返していたら「チャイナシンドロームが始まった?TV朝日の報道に反響広がる 」・・・なにやら良からぬコトが起こっているらしい。「チャイナシンドローム」とは、原発の取材中に事故に遭遇し真実を伝えようとする女性リポーター、ずさんな管理に気づき事故を防ぐために命を懸ける原発管理者、不祥事を揉み消そうとする利益優先の経営者といった人物たちの対立を描いたアメリカのサスペンス映画のタイトルなのだが、劇中に登場した「チャイナ・シンドローム」という造語は映画の公開を通じ、メルトスルー(燃料の大部分が溶融し、圧力容器の底に溜まった状態をメルトダウンとし、高温により圧力容器の底が溶かされて燃料が容器の底を突きぬけること「溶融貫通」)を意味する用語として一般にも広がることになったらしい。福島原発事故に関する「Yahoo!知恵袋」の回答の出来は、なかなか良かったので一部抜粋転載させて貰った。

今の政治家を火事場泥棒詐欺師と言う反面教師として仰ぎ、次の時代までに日本や世界を滅ぼさないように知恵を結集させる努力をするしかない。今回の事故の実験は、まだ人類が誰も実験どころか理論すら組み立てていない未知の領域。原子炉一基分で発電後の効率で10万kwのエネルギーを持つ発熱体が、1000から2800度の間で、1500度程度で溶ける鉄やコンクリートを溶融しながら、3ヶ月経った。それらの燃料は、鉛より比重が大きく、ある程度拡散はしても、地中を地殻通過を目指して深耕中である。それしか答える事ができません。単純な物理でもこのような予想が妥当であり、希望的観測で「想定外」を作り出した日本人なのだからその点を十分反省して、最悪の事態に備えるのが常識的です。
(Yahoo!知恵袋より一部抜粋転載)

ザッとこんなところですが「アンゼンだ!安全だ!と、金を積まれ騙された!」と言ってみても、騙された方だけが正しいワケではない・・・静かに天の裁きを待ちましょうや。。。という話。

◆チャイナシンドロームが始まった?福島第一原発 ── TV朝日の報道に反響広がる (News Spiral)
◆チャイナ・シンドローム (映画) - Wikipedia
◆メルトダウン → メルトスルー → チャイナシンドローム 最後はどうなるの... - Yahoo!知恵袋

.
チョット侘びしくなったところで、こんな音楽を聴くのもいいかも・・・と、少し昔のサウンドになるけれど加藤登喜子の「灰色の瞳」があったので聴いてみた。

加藤登喜子
灰色の瞳
作詞:Tito Veliz 日本語詞:加藤登喜子
作曲:Una Ramos

枯れ野に咲いた小さな花のように
なんて淋しいこの夕暮れ
とどかない想いを抱いて
なんて淋しいこの夕暮れ
とどかない想いを抱いて
私の大事なこの笛のうたう唄を
あなたは聞いているのだろか
どこかの小さな木の下で
あなたは聞いているのだろか
どこかの小さな木の下で
済んだ音色で響くこの笛
あなたは聞いているのだろか
泣きくたびれた笛の音を
あなたは聞いているのだろか
泣きくたびれた笛の音を

山は夕暮れ夜が闇がしのびよる
あなたは何処にいるのだろか
風の便りも今は途絶え
あなたは何処にいるのだろか
風の便りも今は途絶え
山の坂道一人で歩いて行った
あなたは今も唄っている
彼方の空に声が聞こえる
あなたは今も唄っている
彼方の空に声が聞こえる
一人ぼっちででかげを見つめる
あなたは何処にいるのだろか
風の便りも今は途絶え
あなたは何処にいるのだろか
風の便りも今は途絶え
ララララ・・・・・・・・・・




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

サマータイム・ブルース・・・RCサクセション

 衆院予算委員会の中継動画を探していたら、早世した天才ロック・ミュージシャン、忌野清志郎のライブ動画(反原発詞)を発見、年甲斐もなく色気を出してチョイと聴いてみたら、やはりイイ!!聴けば聴くほどいい。忌野清志郎、若き日の渾身のライブパフォーマンス。忌野清志郎氏が連呼し続けた「あぶねえ」が、今、現実のものになってしまっている・・・福島原発事故が起きる約2年前の2009年5月2日に癌で無くなった忌野清志郎は、今から20年以上も前の1988年に反原発ソングをリリースし、東芝EMIから1988年8月6日(広島平和記念日)に発売される予定であったけれど、「ラヴ・ミー・テンダー」と「サマータイム・ブルース」で反核と原子力撤廃が歌われており、特に後者は露骨な原発批判の反原発ソングのため、原子炉メーカーでもある親会社、東芝からの圧力がかかり、「素晴らしすぎて発売できません」という所属レコード会社の新聞広告(1988年6月22日付全国紙)と共に発売中止となった「COVERS」・・・先を見通していた天才ミュージシャンの手になる音楽に、今や、名画に魅入るような感慨に震えている耄碌爺なのだ。

RCサクセション サマータイムブルース&LOVE ME TENDER


             〈小出裕章さんに聞く 「原発」〉


◆事故責任と「自己責任」-福島復興「加速」という名の福島「切り捨て」
(金子勝ブログ)
◆報道で今こそ異論を/私の視座(3)秋山豊寛氏
(<神話の果てに>| 河北新報オンラインニュース)


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

いま一度、アンコールを聴く・・・Vienna Philharmonic New Year's Concert

 行ったこともなければ、無論、住んだこともない「永世中立国・オーストリア」の「楽都・ウィーン」には、憧れにも似た妙な想い入れがある。モーロク爺、まだ観ぬ“ウィーン”への想い入れのウラには、若い頃に観た映画「第三の男」や近年では「愛の嵐」など、映画の影響が少なからずある・・・所詮は「映画小僧の誇大妄想」の域を出るモノではないけれど。初めてフルに聴いたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート・・・ 「ウインナワルツ」は、いわゆるワルツの「ブンチャッチャ・・・」では理解しにくいのだという。「ダダダン!タン、ダダダン!タン」くらいの勢いで解釈した方がウインナワルツの感じがつかめるというのだ。作曲家によっても違うが、ヨハン・シュトラウス2世のワルツはわりと猥雑なので、お上品なノリにしないほうがいいとも言われている。また、この有名なニューイヤーコンサートでは、毎年決まり事のように守られる「お約束ゴト」があるのだ。アンコールは3曲演奏され、2曲目は『美しく青きドナウ』、ラストは『ラデツキー行進曲』が演奏される。『美しく青きドナウ』の冒頭が演奏されると一旦拍手が起こり、指揮者は演奏を中断し新年の挨拶を行う。そして再び最初から演奏を始める。『ラデツキー行進曲』では、指揮者が観客に手拍子を求めるのが慣習となっている・・・そんな慣わしがあるとは知らなかった。それでというわけでもないがアンコールと新年の挨拶部分などで指揮者それぞれの持ち味が楽しめる。また、その年によってカメラワークが変わり、視覚的にも楽しませてくれる ・・・歴史ある「楽都ウィーン」ニュー・イヤーFes・・・「ウィンナワルツ祭り」といったところなのだ。モーロク爺には、想った以上に気楽に楽しめるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートは、なるほどヨハン・シュトラウス、なるほどウィンナ・ワルツなのだった。。。最後に今年のニューイヤーコンサート、指揮ズービン・メータ:の後半部、アンコールタイムRadetzky-Marsch(ラデツキー行進曲)までの動画も並べてみた。

◆第三の男(The Third Man ) - YouTube
◆愛の嵐(The Night Portier) - YouTube

シュトラウスⅡ世 美しく青きドナウ  小澤征爾 ウィーン・フィル


Radetzky March with Happy New Year on Neujahrskonzert 2002


指揮 : ズービン・メータ
Vienna Philharmonic New Year's Concert 2015 Part 2
2.Concierto de Ano Nuevo 2015_Orquesta Filarmonica de Viena





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

ウィーン・フィルハーモニーのニューイヤーコンサートを聴く・・・

 三度、病院へ・・・チョットした油断が、風邪を見事に拗らせてしまったようだ。いったん落ち込んだ無気力の淵は深い・・・こんな気分に浸りきってしまうことは良くない・・・と、1月になれば、以前から良く耳にしていながら、まだじっくりと聴いたことがない「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の「ニューイヤーコンサート」 を聴いてみようと探してみたら、小澤征爾氏が指揮する“Vienna Philharmonic New Year's Concert 2002 ”が YouTube で見つかった。全編通しで聴くにはかなり体力も消耗するけれど、こんな時でもなければ聴くことは出来ない・・・約2時間。馴染みのあるヨハン・シュトラウスのウィンナ・ワルツ もかなり演奏されていて退屈することもなく、結構楽しめた。なんの知識もなく、全くの無知状態であったけれど毎年1月1日に開催される、ウィーン楽友協会 大ホールは、1870年に建設され、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として知られる演奏会場であり、また同じ建物に資料室や出版社、ピアノメーカーなどが同居しているコトなども知ることになった。ホール内部の絢爛豪華な装飾とともに、その音響の素晴らしさから「黄金のホール」とも呼ばれ、煌びやかな歴史を想わせる佇まいには圧倒される。1939年から始めたニューイヤーコンサートは現在最も世界的に有名なクラシックのコンサートとなっている。このコンサートは、ヨハン・シュトラウス2世を中心としたヨハン・シュトラウス一家の曲を多く演奏しているコト。この演奏会ではアンコールとして演奏される3曲のうち、2曲目に『美しく青きドナウ』(ヨハン・シュトラウス2世)を、最後の曲に『ラデツキー行進曲』(ヨハン・シュトラウス1世)を演奏するのがならわしとなっているコト。 また『美しく青きドナウ』の冒頭が演奏されると一旦拍手が起こり演奏を中断、指揮者およびウィーン・フィルからの新年の挨拶があり、再び最初から演奏を始めるのも慣わしになっているコト・・・なども知ることとなった。 YouTubeの動画をフルスクリーンで観ていたら観客席の片隅に和服を着込んで音楽に聴き入る日本人女性を2名発見した・・・凄いね日本のセレブも。



Vienna Philharmonic New Year's Concert 2002




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ







冬眠中に聴いた心地よい音楽・・・

 正月の間に風邪に見入られた。痰が絡みヒューヒューと妙な音を発し続ける喉、10日に再度病院へ・・・5日頃と症状に大差はないと想うのだが、持って生まれた軟弱体質が災いしているようで・・・それにしても、寝込むにはまだ早い・・・などと回転の鈍いアタマに想いを巡らせていたら、心地よい音楽が耳に飛び込んできた。
それは盲導犬が登場する「ACジャパン 日本盲導犬協会CM」

より流れて来る小澤征爾指揮・ベルリオーズ「幻想交響曲 作品14 Ⅱ.舞踏会」という曲で、ひたすら眠り続けていたノーミソが目覚めた・・・。

小澤征爾&B.S.O. 幻想交響曲(1978) 第2楽章


暫くはこの曲を聴きながら気分転換を図り、モーロク爺なりの日常を取り戻そうと想っている今日この頃。










blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

「30秒の誘惑」・・・TVCM

SUZUKI ワゴンRスティングレー TVCM「30秒の誘惑」篇


 夏あたりからよく耳にする SUZUKI 「ワゴンRスティングレー」のテレビCMでジャニス・ジョプリン「Move Over」をカバーしているアーティストが気になり、探してみたら新世代ロックユニット「GLIM SPANKYの松尾レミ(Vo, G)」という日本のアーティストであることが解った・・・昔ながらのブルージー気分の中にもイマ(現代)を醸し出し、なかなかエエやないか・・・聴き比べてみよう・・・というワケで。

◆新世代男女ロック・ユニット、GLIM SPANKY | EMTG MUSIC


GLIM SPANKY「MOVE OVER」ティーザー映像



MOVE OVER by Janis Joplin

ジャニス・ジョプリン / Move Over
作詞・曲 / ジャニス・ジョプリン ( Janis Joplin )


消えてちょうだい

もう終わったというのねベイビー
そうよ終わりよ
だったら何をグズグズしてるの
さあ、とっとと消えてちょうだい

アタシは男が欲しいのよ
だから言ったじゃない
アタシは男が欲しいのよ
それはアンタもわかってるじゃない
なのにアタシが誘ったら
’さあね’ですって そんなのないわ

頼むからそんなことしないでよ、ベイブ
アタシの愛を受け入れるか、さもなきゃ放っといて

一人歩きはできないわ、no、no
心の準備ができてないの
でもアンタのウソを放っちゃおけないわ
ああ、宙ぶらりんなアタシ

心を決めて、アタシをもてあそばないで
決心してよ、ダーリン
アタシをオモチャにしないで、さあ
恋人になってくれるの? 抱かせてくれるの?

さもなきゃ放っといて
ハニー、アタシを自由にさせて
頼むから、お願いだから好きにさせてよ 意地悪な人ね
アタシの気持ちをもてあそんでるのね
オモチャにしてるんだわ
もうゴメンよ、ベイビー

ましてその気はないわ
アタシの気持ちを
つなぎ留めとく気なのね
まだついてくると思ってるんでしょ
ニカワかなんかでくっつけたみたいに・・・


訳:武内邦愛

(◆もっとボーカル! - ジャニス・ジョプリン )




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


OK GO !

先日、退屈紛れに YouTube を漁っていたらオモシロイMV(Music Video )に出くわした。なんでも、このロックバンド「OK Go」の MV「I WON'T LET YOU DOWN」 は、「OK Go」のMVでは恒例となっている全編ワンカット撮影・・・つまり、すべてが切れ間なく続いている映像なのだ。それに、このミュージック・ビデオはOK GoとHondaのコラボレーションにより制作され、Hondaの最新技術を集めた研究開発中のパーソナル・モビリティーUNI-CUB(ユニカブ)が使用されている。撮影は千葉県某所で8月末に行われ、制作には、ディレクターや監督、ダンス振付など、まさに現代日本を代表するクリエイターたちが顔を揃えた驚くべき規模のワンカット映像であると話題沸騰中。。。

OK Go - I Won't Let You Down - Official Video



◆ OK Go | The Official Website of OK Go
◆I Won't Let You Down/OK GoのMV撮影の裏側 【ワンダードライビング】)
◆「OK Go」の超大規模PV「I Won’t Let You Down」- GIGAZINE
◆【OK Go】のミュージッククリップ全16作品 一発撮り・コマ撮りPV( - NAVER まとめ)

OK Go - Skyscrapers - Official Video



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


聴いてみよう・・・・・「春の唄」

 四季の移り変わりが見え難くなった今日この頃、五月十日ともなれば、日中は“夏日”になることが多くあるけれど、朝夕の冷え込みが尋常ではない・・・油断をすれば風邪から肺炎を発症、救急車で運ばれる老人もある。「夏」と「冬」だけが明確になり、移り変わる季節のグラデーションが見え難くなった。春も、もう終盤に差しかかっている・・・判りにくくなっている「春」を・・・懐かしい歌、「春の唄」の聴き比べで楽しんでみる春の宵。

「国民歌謡」というラジオ番組からのヒット曲といわれ、作詞の喜志邦三は、早稲田の英文学科卒。29歳のときに神戸女学院の教授となった喜志は、翌年30歳に結婚、歌詞の「あの新妻」は貴志のつれあいで、一説には教え子といわれている。作曲の内田元は、東京は築地生まれ。東京音楽学校卒、東京シンフォニーを主宰していたが、新天地を求めて関西に来たのがこの歌が作曲される1年前。そして1年後、喜志と内田は、阪急西宮北口駅をはさんだ両側に住む「ご近所の間柄」となり、歌に出てくる市場は2人の地元「北口市場」のこと。同じ地元で、日常的に利用していた市場のにぎやかな様子を描いたという。

~春の唄~【由紀さおり・安田祥子】歌詞付:歌だよりVer.026-02

フォレスタ 春の唄 HD

春の唄

  歌詞  喜志邦三
  作曲   内田 元

   1.ラララ 紅い花束  車に積んで
     春が来た来た  丘から町へ
     すみれ買いましょ  あの花売りの
     可愛い瞳に  春のゆめ

   2.ラララ 青い野菜も  市場に着いて
     春が来た来た  村から町へ
     朝の買い物  あの新妻の
     かごにあふれた  春の色

   3.ラララ 啼けよちろちろ  巣立ちの鳥よ
     春が来た来た  森から町へ
     姉と妹の  あの小鳥屋の
     店の頭にも  春の唄

   4.ラララ 空はうららか  そよそよ風に
     春が来た来た  町から町へ
     ビルの窓々  みな開かれて
     若い心に  春が来た








blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

夢は、ロックスター・・・!!

「キンチョーの夏!」・・・ニッポンの夏を想わせるような花火で「ソチ冬季五輪」は幕を下ろした。テレビも“総集編”などを組んで特集番組の連発だ。身体が動かずネタ切れ状態に陥っているモーロク爺のblogも総集編のイロを濃くして、フィギュアのエキシビション完全版・・・ロックスターを夢みる町田樹のエアーギターがいい!・・・を組み、それぞれの、テーマ曲動画でお茶を濁すことにした。

ソチ冬季五輪、閉会式の花火


エキビジションマッチ完全版

(画像上部に流れるコメントを消すには画像右下スミの[・・・]をクリック、[×]にする)

DON'T STOP ME NOW - クイーン


IMA(イマ)- スマイル/この素晴らしき世界


ブエノスアイレスの春 高橋 大輔 Daisuke Takahashi 音源


川井郁子 ホワイト・レジェンド(チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」より)




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

Smile ・・・この素晴らしい世界 !

 数々のドラマに酔わせてくれた、ソチ冬季オリンピックも閉会式を待つだけ・・・なかでも、我らが真央ちゃん・感動のドラマを忘れることはないだろう。ひと皮脱いで、より大きく成長した“浅田真央”明るく穏やかなエキビションの動画とテーマ曲「IMA(イマ)- スマイル/この素晴らしき世界」の音源と動画探しで・・・brogに貼れる最新の動画はロシア語のモノしか見つからず・・・それでも、昔から多くの人たちに親しまれてきた名曲はシンプルで味わい深く、一日を楽しんでしまった耄碌爺・・・あたたかい午後の紅茶。

IMA(イマ)- スマイル/この素晴らしき世界


Mao Asada(Exhibition) / 浅田真央(エキシビション)~2014 ロシア語解説

上部の煩わしいコメントは右下の[○○○]をクリックして[×××]で消える。




Nat King Cole - Smile (Capitol Records 1954)


Smile John Turner Charlie Chaplin  
★Nat King Cole/Natalie Cole
Elvis Costello/Michael Jackson

Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky
You'll get by
If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll see the sun come shining through
For you

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear
May be ever so near
That's the time you must keep on tryin'
Smile, what's the use of cryin'
You'll find that life is still worthwhile
If you'd just smile
(x2)


スマイル

微笑んでみて つらくても
微笑んでみて 傷ついていても
空が雲に 覆われていても
きみなら 越えられる
恐れや 悲しみを越えて 微笑むならね
微笑んでみて 明日にはきっと
また太陽が 輝きだす
君のために  

今ある喜びで 笑顔を輝かせて
全ての悲しみの 跡をかくして
涙に ぬれていても
きっと すぐそこにあるよ
今は 試す時なんだ
微笑んでみて 涙にくれそうな時も
君はきっと 日々の価値に 気付くはず
君が微笑みを 忘れないなら


(訳詞はEcho's Tapestry 洋楽訳詞集から転記しました )

  

What a wonderful world - LOUIS ARMSTRONG


What A Wonderful World 
★Louis Armstrong

I see tree of green,red roses too
I see them bloom for me and you
And I think to myself,what a wonderful world
I see skies of blue and clouds of white
The bright blessed day,the dark sacred night
And I think to myself,what a wonderful world

The colors of the rainbow,so pretty in the sky
Are also on the faced of people going by
I see friends shaking hands,saying how do you do
There're really saying,I love you

I hear babies cry,I wacth them grow
They'll learn much more than I'll ever know
And I think to myself, what a wonderful world
Yes, I think to myself, what a wonderful world


この素晴らしき世界

木の葉は緑に 薔薇は赤く
君や僕のために 咲いてる
僕は思う この素晴らしき世界を
空は青く 雲は白く
清らかな日差し 静寂の夜
僕は思う この素晴らしき世界を

虹は淡く 空を彩り
過ぎ行く人の 顔に映る
友達が「元気かい」と言いながら 手を振る
本当は「君が好きだよ」と言ってる

赤ん坊の 泣き声を聞き 成長を見つめる
僕らより 遥かに多くを 学ぶだろう
僕は思う この素晴らしき世界を
そう 僕は思う この素晴らしき世界を


(訳詞はEcho's Tapestry 洋楽訳詞集から転記しました )








blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ
 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TB

ご当地風見鶏

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索