Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

カテゴリー内エントリ一覧

雪の朝、根状菌糸束を想う・・・

雪の朝 “根状菌糸束”などという小難しい話に捉えられ、エロボケ爺、久々の夜更かしに少し寝過ごした朝は、淡雪がチラチラ辺りは薄化粧。カメラを取り出し、家の前に出て数枚撮っているうちに、また、夕べの“菌糸”や“根状菌糸束”がボケたノーミソをつつく・・・雪の朝、根状菌糸束を想う・・・なんて、なんかエエやないか・・・。と、また悪乗りしたワケでもないけれど、「きのこ」のことを復習、整理してみたらこんなことになった。“きのこ”というより、シイタケを例にとれば、私たちフツーは材木の樹皮上に頭を出したモノを「シイタケ」と見ているけれど、これは“子実体”という繁殖のための器官に過ぎず、きのこの本体というべきものは材木の幹の中に広がる菌糸なのだった。材木の中に植え付けられた種菌のシイタケは菌糸を伸ばし、酵素を出すことで周囲の木材を分解し、吸収して成長し、子実体(キノコ・シイタケ)を造ることで“シイタケというキノコ”が“きのこ”として表面から見えることになるのだった。子実体も菌糸から構成されていてホントは樹木の中に広がっている菌糸が本体であり、菌糸として成長し、菌糸から分化することによっていろいろなシステムが構築され、、そこで生殖も行われるということなのだった。美味い!!香りがいい!!といって喰っているのは“菌糸の生殖器”なのだった。ココまで辿り着けば「ほんにマツタケのような・・・」という言い回しにもエロボケ老人ナットクの寒い朝なのだった。

◆材質腐朽菌の感染経路(材質腐朽について)

◆ナラタケというきのこ

◆キノコの話(雑科学ノート)








blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ナラタケの菌糸束・・・

ナラタケ菌糸束 みくさ再生古道“9つの炭焼き窯跡コース”を歩いていたら不思議な模様が描かれている木に出くわした。黒い線が複雑に絡み、美しくデザインされているのだった。調べてみたら「ナラタケの菌糸束キンシソク」ということだった。またまた、新たなややこしいモノの出現に頭を悩ませるハメになった。「菌糸束」とはなんぞや?より深く知りたいと思われる向きはココをクリックし、ベンキョーして貰うことにして・・・「ナラタケ」は、主に枯れた広葉樹の株や根に菌糸束を伸ばし、それを分解して、栄養にしている木材腐朽菌で、人気のあるキノコであるらしいのです。「木材腐朽菌」・・・なにやらまた難しい名前の出現に頭が痛くなりそうだが、簡単に言えば「枯れ木のキノコ」のコトなのだった。枯れた木に繁殖し、樹を腐らせ、分解などをする菌糸類で普通は枯れ木の表面には見えず、キノコの形として見えているのは、胞子を飛ばすための菌糸の繁殖器官が見えているので・・・植物で言えば花に該当するものでシイタケやサルノコシカケなどもこの仲間なのだった。食用もあれば、毒性のあるものなどがあり、 ときには、生きた果樹や、作物にもとりついて、病気にしたり、枯らしたりすることもあるのだった。画像の場合はとりついた木が何なのかは解らないけれど、生きた木にとりついた「菌糸束」が、なにかの弾みでその姿が樹皮の表面に現れたというのが正解らしい。「森の殺し屋」?ナラタケといった記述もあり、なるほど撮影した木は死にかかっていたのか枝が脆くなっていた。菌糸類・・・生き物の不思議に尽きることはないようだ・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上の記事をエントリーしたところで、当日同行し、菌糸束の撮影時に手伝ってくれたピュアCさんより「あの時見た木は、椿の木で、しかも上の方には生き生きとした葉っぱまで確認していますが・・・これ如何に?」と連絡が入り、急遽再調査。あれやこれやある中で、最も解り易いのはこれではないかと一部抜粋転載させて貰ったのがコレ

県立広島大学環境学部 森永力 
公開講演会「魅力のあるキノコの世界」より・・・

・・・生きたものにつくキノコと死んだモノにつくキノコの仲間には、植物、動物そして菌につくものがある。植物につくものでは、植物の根に寄生し腐らせてしまうものや、マツタケのように共生という形で植物と一緒に生活しているモノもあります。植物の根に寄生するキノコについてですが、ナラタケというキノコがあります。このキノコは林産家にとって非常に厄介なモノで、ときに木を腐らせて森を全滅させます。ナラタケは人工培地で分離し、生育させると培地中に目で見える太い菌糸束を形成します。通常のキノコの菌糸束は5μmほどで、肉眼では見ることができないがナラタケは根状菌糸束と呼ばれる非常に太い菌糸束を形成し、それで植物の根に巻きついて栄養を奪い取り木を枯らせてしまうのです・・・

◆人工培地とは:例えば寒天培地
◆μmとは?環境用語:1マイクロメータ。
μm=1/1000mm=1/1000000mの長さ。

どうもこの辺りの記述が、まるでテキスタイルデザインのような模様、即ち、これが肉眼でクッキリと見ることができる「根状菌糸束」を形成した状態らしいのだが、なぜ樹皮の外に形成されたのかは後日の課題として残ったけれど、この椿の木もほどなく枯れていく運命にあるということらしい。


 






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索