Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

紅い花・・・

「紅い花」 ちあきなおみ


きのうのゆめをおいかけて こんやもひとりざわめきにあそぶ
むかしのじぶんがなつかしくなり さけをあおる
さわいでのんでいるうちに .こんなにはやく ときはすぎるのか
こはくのグラスに うかんで きえる にじいろのゆめ
紅い花 おもいをこめて ささげた こいうた
あのひあのころは いまどこに いつかきえたゆめひとつ

なやんだあとの にがわらい くやんでみても ときはもどらない
つかれたじぶんがいとしくなって さけにうたう
.いつしかそとは あめのおと かわいたむねが おもいでにぬれて
あかりがチラチラゆがんでうつる .あのひのように
紅い花 ふみにじられて ながれた こいうた
あのひの あのころは いまどこに .いつかきえたかげひとつ

紅い花 くらやみの なか むなしいこいうた .
あのひ あのころは いまどこに
きょうもきえる ゆめひとつ きょうも きえるゆめひとつ



      ==================== * ====================


ノカンゾウノカンゾウ 夏に咲くノカンゾウの橙赤色の花には馴染みがあるけれど、貧弱になった耄碌爺のイマジネー
ノカンゾウノカンゾウションに、より強い活力を吹き込んで呉れそうな、少し遅れて、林縁などで咲き始めるノカンゾウが好きだ。ベニカンゾウ(紅萱草)とも呼ばれるように、紅色が強く、橙赤色より強力なイマジネーションを吹き込んでくるコト間違い無し。カンゾウ(萱草)の意味はこの美しい花を見ていると物も忘れる・・・という故事からの名で、忘れ草とも言うのだ。万葉集に次の歌がある。

「忘れ草 我が下紐に 付けたれど しこのしこ草 言にしありけり」
(あなたを忘れようと思って、下紐に忘れ草を付けたけれど、言葉通りの効果は無く、思いは募るばかりです)

中国原産の史前帰化植物で日本中に広がり、今でも山菜として食べられている。春の若芽や葉は和え物、お浸し、煮物になり、花は料理に添えられる。夏の山野を代表する花に霧が峰に群生するニッコウキスゲがあり、人里で普通に見られるキスゲの仲間がノカンゾウ(野萱草)とヤブカンゾウ(藪萱草)なのだが、ニッコウキスゲの花が横向きに咲くのに対し、ノカンゾウやヤブカンゾウは上向きに咲き、ノカンゾウがベニカンゾウ(紅萱草)とも呼ばれるように、紅色が強い。
花期もニッコウキスゲより一ヶ月ほど遅く咲き、夏も盛りの頃になる。ノカンゾウがキスゲのように一重咲きであるのに対し、ヤブカンゾウは八重咲きである。ヤブカンゾウはまだ散歩道の途中のあちこちで見られるが、ノカンゾウの花を見る機会は少なくて山裾で見られる程度なのである。中国原産の史前帰化植物で日本中に広がり、今でも山菜として食べられている。春の若芽や葉は和え物、お浸し、煮物になり、花は料理に添えられる。根は乾燥して利尿剤の漢方薬になる。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ





桔梗が咲いた・・・

キキョウキキョウ 今年は例年より、野に咲く花の数が少ないように思うのは耄碌爺の動きが鈍くなったセイばかりではないようだ。なかでもキキョウの花が少ない。それでも健気に咲く花はあった。ひっそりと咲く姿にも味わい深いモノがある・・・心やすらぐ景色。例年なら同じ頃に咲いている「スズサイコ」の姿が全く見えず、もうアノ不思議な姿は見ることができないのかも知れない・・・。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

浅沙という植物・・・

アサザアサザ 珍しい植物との出合いには、いつも「閃き」のような見えない力が働いている・・・アトで思い
アサザアサザt-起こせばいつもそうだ。山間の道を走り抜けようとしていた、その時。小さな溜池に咲く、水草
アサザt-アサザt-の黄色い花・・・一瞥を呉れただけで走り抜けた、その数分後・・・「待てよ!?カメラも向けずに通り過ぎる・・・それは無いだろう!」ムシが起きた。クルリとUターン、小さな池の周囲を回り、あらゆるアングルからとってみたけれど俯瞰撮影ができず、岸辺近くで咲く花もない・・・最初の撮影で、この植物が絶滅危惧、希少種の「浅沙(アサザ)」であるらしいところまでは嗅ぎ付けたけれど"決定打"がまだ打てず、二日後の天気を見計らって再度花のアップを意識しながら撮影、花の俯瞰クローズアップはトリミングなどを試みながら、なんとか「決定打」まで持ち込む事ができた・・・やはりヨミ通り「浅沙」であった・・・快感。。。アサザはミツガシワ科アサザ属 別名:ハナジュンサイ(花蓴菜)アサザは他の植物と同様に「種子」→「芽生え」→「定着個体」→「成熟個体の開花・種子生産」という生活史をもっている。水面に葉を広げて毎年開花するほど成長した個体は、時として1個体が数百メートルの大きさを占有するほど、地下茎を伸ばして成長(クローン成長)する。 アサザはしばしば大きな群落を形成するが、湖底の安定化、地下器官からの酸素供給、消波作用、盛んな枯死分解による栄養塩供給などといった高い環境形成機能をもっており、それ自体が重要な生態系としての役割を果たしている。


◆絶滅危惧種アサザの生活史と、生態系としての機能=アサザ咲く水辺 =
◆アサザ(ミツガシワ科 アサザ属)=植物生態研究室(波田研)=






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


河原撫子という花・・・

カワラナデシコカワラナデシコ 山上憶良の歌で知られる秋の七草は、実際には秋には咲かず、これらの植物が咲くのは八月の終わりから九月にかけての夏の終わりである。以下、耄碌爺の後学のため、稲垣栄洋著「身近な花の知られざる生態」より、抜粋転載させて貰った・・・暦の上では八月上旬か、立秋が秋の始まりである。その為八月に咲く花は「秋の花」になるのである。「秋の七草」に云われている植物は、現在の名前では、萩の花は「ヤマハギ」、尾花はススキ、葛花はクズ、なでしこの花は「カワラナデシコ」、女郎花は「オミナエシ」、藤袴は「フジバカマ」である。あさがおの花は現在のアサガオではなく「キキョウ」のコトであると考えられている。カワラナデシコはダイアンサス属の植物でダイアンサス属にはさまざまな園芸種があり、総称として「ダイアンサス」の名前で売られている。ダイアンサスはローマの最高神の「ディオスの花」という意味である。その美しさから「神の花」と呼ばれるほど高貴な花なのである。よく出てくる話ではあるが耄碌爺の記憶力には垣根は高い。まぁ知らずに居てもどうってことは無いけれど、余りにもよく出てくる話なので記録として取り込んだというハナシであるが、カワラナデシコの「花の美しさ」「ファンタスティック!」であることに変わりはない。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



姫檜扇水仙から檜扇へ・・・

ヒオウギヒオウギ 当ブログの前回記事に書いた姫檜扇水仙の花・・・から「檜扇の花」へと巡る限りな
ヒオウギヒオウギいハナシには複雑怪奇とまでは言わないけれど、あまり意味のない難解さだけが残り、何ゆえに、こうなるのか・・・と、取り残された気分に追いやられる耄碌爺。いずれにせよ、「朱赤」が醸し出す強烈な個性に惹き込まれる花ではある・・・檜扇 (アヤメ科アヤメ属) と姫檜扇水仙(アヤメ科ヒメヒオウギズイセン属)・・・ヒメヒオウギズイセンは夏の河川敷や土手等で朱赤色の目立った花を咲かせる。盆花としても利用されており、古来から日本に生育していた花かと思ってしまうが、明治時代にヨーロッパから渡来した園芸種が野生化し、日本各地に広がったものなのだという。ヒメヒオウギズイセンはスイセンの名は持つが、スイセンと同じヒガンバナ科ではなく、サフランと同じアヤメ科の花なのだ。南アフリカ原産のヒオウギズイセンとヒメトウショウブがヨーロッパで交配されたものとされ、色合い、形は南アフリカを思い起こさせる雰囲気を持っている。姫檜扇水仙(ヒメヒオウギスイセン)と書くように、葉の付き方が檜扇(ひおうぎ)の様で、花は水仙に似たヒオウギズイセンより小型と言うところから名の由来が来ており、お盆に欠かせない仏前花としても重宝され、サフランの香りがする等、ユニークな花なのだ。

◆ヒオウギ(緋扇)=松江の花図鑑=
◆ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
=松江の花図鑑=
姫檜扇水仙の花・・・






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

姫檜扇水仙の花・・・

ヒオウギヒオウギ ヒオウギはアヤメ科アヤメ属の多年草であるが、姫檜扇水仙(ヒメヒオウギスイセン)はアヤメ科ヒオウギズイセン属。夏の河川敷や土手等に朱赤色の目立つ花を咲かせる。盆花としても利用されており、古来から日本に生育していた花かと思ってしまうが、明治時代にヨーロッパから渡来した園芸種が野生化し、日本各地に広がったものである。





◆ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)アヤメ科ヒオウギズイセン属
=松江の花図鑑=




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



忘れていた麻疹(はしか)という病・・・

ハシカグサハシカグサ .山間の田の畦道を少し入ったところに咲く、小さな花が眼に止まり、撮影し持ち帰ったのがこれらの画像・・・「ハシカグサ(麻疹草)」アカネ科フタバムグラ属の一年草。山野の道ばたなどに生え、地面を這って広がり、茎の節から根を出し、先端部は斜上する。葉は卵形から狭卵形で対生し、まばらに軟毛が生える。8月から9月ごろ、茎頂や葉腋に小さな白色の花を咲かせる。花冠は筒状で先端は4裂する。珍しい名前は、葉が乾くと赤褐色に変色し、その様子が発疹に見えるということからきているらしい。・・・以上が耄碌爺の調査結果なのだが、「麻疹(ハシカ)」という久しく聞くこともなかったコトバに触れ、そういえば、10年くらい前に、麻疹(はしか)の流行による大学の休校騒ぎが起こり、ワクチンの不足等、騒動の記憶が甦る。



◆ハシカグサ(オオハシカグサを含む)=(西宮の湿生・水生植物)=


 
blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

夕萓のとき・・・

ユウスゲユウスゲ 夏の夕暮れに、細長い葉の間からまっすぐに長く伸ばした花茎の先に、鮮やかな黄色の
ユウスゲユウスゲ花が斜め上を向いて咲き、翌朝にはしぼむ。ユリ科ワスレグサ属、原産地:日本 別名:キスゲ(黄菅)夕方に開花し、翌朝には萎んでしまう。いわゆる、「ニッコウキスゲ」で、こちらはニッポンの中部より北に多く、夕萓(ゆうすげ)の方は南に多く分布している。夏の夕暮れに、細長い葉の間からまっすぐ1m以上に長く伸ばした花茎の先に、鮮やかな黄色の花が斜め上を向いて咲き、翌朝にしぼむ。夕方に開花し、翌朝には萎んでしまうと簡単に解説してくれるけれど、現実には夏の夕暮れという定義が曖昧であり、雨の降り出しそうな曇り日とか、日中であってもこの植物が夕暮れと判断してしまうことも少なからずあるようで、一輪だけ日中であるのに咲き始めていたりもする。例外を言えばキリがないかも知れないけれど、真っ昼間でも開花状態の夕萓を観ることはできるというハナシ。


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


鬼百合の紅い花・・・

オニユリオニユリムカゴ ユリ科ユリ属 日本には珠芽(むかご)を付けるユリは、オニユリしかない。似た花に珠芽
オニユリオニユリ(むかご)を付けないコオニユリがある。コオニユリは実生から6~8年経ないと開花しない。オニユリはムカゴから3年くらいで開花する。強烈な花色から受けるイメージには毒々しさもあり、近寄り難い雰囲気も漂わせているけれど、この植物の生命維持には不可欠のコトなのだろう。




◆オニユリ(ユリ科ユリ属)=四季の山野草=




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


夏藤の夏・・・

ナツフジナツフジ 例年なら、キキョウやユウスゲなどが姿を見せ始める頃となっても、一向にそのような気配も見られない。その代わりなのかどうかは知らないけれど、触れただけでハラハラ花散らすナツフジだけは例年より逞しい姿を見せていた。ナツフジは「木本?」であったか・・・と錯覚させるほど木に登り、見事な姿を見せていた。やはり、今年の土手は例年に比べて「異常」に見舞われているのかも知れない。





◆ナツフジ(マメ科ナツフジ属) =松江の花図鑑=



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

咲き始めた桔梗の花・・・

キキョウキキョウ 数十年に一度の降雨量の大雨や、若しくは数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧による暴風雨などによる被災地にはお気の毒としか言いようがない・・・そんな日本列島、北から南まで気象状態は「「異常のネタ」でハチ切れそうなのだ。「地軸の傾き」に何か変化でもあったのではないか・・・といったシロート理論が罷り通りそうな気配すらある。とにかく今年の梅雨は空梅雨であり、どの溜池も保有水量の減少が尋常ではなかった。例年なら見ることができた野草や水草の花、トンボなど昆虫類の発生状態にも異変を感じさせられることが多くあった。数十年に一度というい異常気象に見舞われることがなかった地域では、どちらかと言えば乾き切っていたのではないだろうか・・・そんな中で、萎れたようにも見えるが、キキョウの花が健気な姿を見せ始めている。




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

ヤブカンゾウは八重咲き・・・

ノカンゾウノカンゾウ この花を見たときから「ノカンゾウ」と勝手に決め付けていたのだが、調べていく内に「ヤブカンゾウ」の存在を知り、画像のモノは八重咲きであり、コレは「ヤブカンゾウ」と同定したのだが、間違いはないと思っているのだが。。。




◆ヤブカンゾウ(薮萱草)(ススキノ科ワスレグサ属)=松江の花図鑑=
◆ノカンゾウとヤブカンゾウの見分け





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

夕化粧の花・・・

ユウゲショウユウゲショウ  「夕化粧」とは、なんとも色っぽい名であり、「アカバナユウゲショウ」の別名もあるが、昼咲きであって夕方には花を閉じてしまう。明治時代に輸入本州中部~西日本で観賞用に栽培されていたものが野生化、「オシロイバナ」という名もあり、黒い種の中にある胚乳が、おしろい(白粉)に似ていることに由来するとか。男性には少し解りにくいが、化粧をする際にファンデーションの上から塗り、化粧もちを良くするのが白粉(オシロイ)なのだそうだ。





◆ユウゲショウ(アカバナ科マツヨイグサ属)=松江の花図鑑=



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


ホタルブクロ・・・

ホタルブクロ(w)ホタルブクロ(w) 6~7月に丹波地域に入ると、林縁に白花ホタルブクロを多く目にする。「ホタルブクロ」
ホタルブクロ(w)ホタルブクロ(w)はほぼ全国に分布し、「ヤマホタルブクロ」は東北地方から中国地方東部に分布すると言われている。どちらも山地性の野草。両者は花を比較すれば、区別できるらしいのだが、花の色は区別点にはならず、ホタルブクロは普通西日本に行くほど白花が多いと言われている。ヤマホタルブクロは京都府が分布の西限に近く、数は非常に少ないようだ。京都府の絶滅危惧種に指定されている。従って山野でよく見かけるホタルブクロは、普通のホタルブクロである可能性が高いと考えた方がいいようだ。鐘のような大きな花を多数つけるホタルブクロは全国の山地に生え、薄紅紫色や白色がある。淡紅紫色は東日本に多く、白色は西日本に多いそうだが、確かに丹波域では淡紅紫色の花と出会う機会は非常に少ない。花期は夏だが、丹波域では山間部の道端などで群生しているのをよく見かけた。また、ヤマホタルブクロは丹波地域には少なく、京都府では絶滅危惧種となっている。






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


毛氈苔の白い花・・・

モウセンゴケモウセンゴケ 今まで観たことがない場所で、初めて観る植物や花に出合うと完全に戸惑ってしまうこと
モウセンゴケモウセンゴケがある。今回の「モウセンゴケ」もそんな花なのだった・・・白い小さな花を咲かせているが・・・「モウセンゴケの特徴ある腺毛の生えた根生葉をロゼット状に広げ、その中心から巻散花序(けんさんかじょ)を直立する」・・・といった特徴を入念に確認していたならば、変な錯覚に陥ることもなく、余計な回り道をすることもなかった。耄碌爺、悔やまれてならない植物になり、忘れられない植物になったことだけは確かだ。



◆モウセンゴケ(モウセンゴケ科 モウセンゴケ属)
=(西宮の湿生・水生植物)=
◆【Aladdin's cock】 コモウセンゴケの花
トウカイコモウセンゴケとイシモチソウ・・・

◆モウセンゴケの仲間=(昆虫エクスプローラ)=

blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


 

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。



あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索