Aladdin's cock

日かげ いつか月かげとなり 木のかげ・・・山頭火       

なんともオゾマシイ名前、「瑞穂の國記念小學院」のハナシ・・・

 いよいよ「アベ自爆」の時がやって来たか。。。幼稚園児に「教育勅語」を暗唱させている学校法人、「森友学園」に格安で国有地を売却するという「トンでも話」が持ち上がり、アベ関連の問題が持ち上がっても居眠りでやり過ごしを決め込んできた「マスゴミ各社」も目を覚ましたフリを見せ始めた。これを黙ってやり過ごすことは、さすがにウシロメタイことではあるらしい。。。



◆政権の底が抜けるほどネタはある! 半歩前へⅡ/ウェブリブログ
◆安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然 |
日刊ゲンダイDIGITAL

◆内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑の闇
| 日刊ゲンダイDIGITAL

◆疑惑の愛国小学校設立案件がクロであることを証明する写真 : 経済ニュースゼミ
◆安倍国会答弁で安倍小学校の事件化は必須: 『知られざる真実』
◆ 恥を知れ、安倍晋三 売国奴安倍晋三完璧アウト - 生きるため
◆大阪・森友学園 寄付募った名称は「安倍晋三記念小学校」
| 日刊ゲンダイDIGITAL





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

あらひとがみ(現人神)~しょうちょう(象徴)へ・・・

  天皇陛下がビデオメッセージで「象徴」としての【心】を公開(16/08/08)されて以来、◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!や、 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日における細野豪志・民進党のキレ味鋭い質疑動画を見る度に深く考えさせられ、気付けば約3週間の思考停止状態に陥ってしまったようなのだ・・・幾度となく動画に耳を傾け、説得力ある文章を噛み砕くように読む・・・そして考える・・・こんなコトばかり繰り返していたけれど久しぶりにオベンキョーしたような気分に浸っている今日この頃なのだ。。。
 ◆日本一厳しく、的確な安倍批判を見つけた!

- 安倍首相に対する批判や罵詈雑言は数々ある。

 私も安倍批判においては言いたい放題、書きたい放題だ。

 しかし、これほど厳しく、なおかつ、的確な安倍批判は、後にも先にもないだろう。

 そう私が思う、いわば「日本一の安倍批判」を見つけたので紹介したい。

 まず黙って次の文章をお読みいただきたい。

 「安倍さんは、ずるい政治家です。政治の世界では、人を欺いたり、裏切ったり、ずる賢く立ち回ったりというのはありますが、それは政治家同士の権力争いで行われること。政策決定が国民の生活なり人生設計に影響がある場面で、そういうズルをやっちゃいけないんです・・・安倍さんを表現するとき、私は、二つの『ムチ』に集約できると思うのです。ひとつはignorantの無知、もうひとつはshamelessの無恥です。無知については、彼はまず歴史を知らない。戦後の日本人が築いてきた歴史を踏まえていないんです。ある政策を決定する場面で、現代に至るまで過去の政権がどういう議論と決定をしてきたか、そのプロセスを知る事は非常に重要な事です。しかし、安倍首相はそういう過去の世代へのリスペクトがまったくないんです。日本国憲法というのは、戦争で310万人もの人がなくなり、その犠牲者たちに対する義務感で作られた側面があるわけです・・・もうひとつ、安倍首相の無恥についてお話ししましょう。一言で言って、安倍さんはずる賢いんです・・・安倍首相は自分の考えに同意する人物を登用し、反対する人はクビにしてしまう。つまり、安倍政権のやり方というのは、『法による支配』ではなく、『人』による支配なんです。現在、政策の違憲性について指摘するのは最高裁判所と内閣法制局です。安倍さんは、これまで集団的自衛権について違憲だと唱えていた内閣法制局長官をクビにし、自分に都合の良い人物を据えた。内閣法制局長官が解釈すれば、それが法ですから、形としては法の支配です。しかし、裏を返せば、実際には人の支配なんですよ。これまでの歴代の内閣はこれだけはやってこなかった。人事に手をつけて自分の都合の良い解釈を引っ張り出して後の事は考えない。実に危険な考え方です。『無恥』としか言いようがない・・・」

 その批判はこう締めくくられている。

 「過去の世代が議論し築き上げてきたものへの敬意と次世代への責任。その二つを考えるなら、重要な案件はたくさんあります。少子高齢化、原発、地震など、国の存続に影響する重要課題は山積しています。きちんと過去と向かい合い、次世代につなぐ政権運営をするべきなのです」

 これほど厳しく、それでいて、罵詈雑言ではなく、これほど的確な批判があるだろうか。

 しかもこの批判をした人物はただの批判者ではない。

 大学の名誉教授である。

 しかもただの名誉教授ではない。

 安倍首相の政治思想史の恩師である加藤節成蹊大学名誉教授なのだ。

 恩師からこのような批判を受けるようでは、もはや安倍首相は、まともな神経の持ち主なら、日本の首相にとどまるわけにはいかないだろう。

 いくら野党が不在でやりたい放題出来るとしても、首相にとどまること自体が恥だ。

 それにしても、このような批判を、身分を明かして公言した加藤節名誉教授の勇気は凄い。

http://◆天木直人.com/ - 日本の動きを伝えたいより、転載。


細野豪志・民進党 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月26日




      ==================== * ====================


天皇陛下「お気持ち」表明 ビデオメッセージで公開(16/08/08)






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

「云々(うんぬん)」を読めず・・・(でんでん)でも・・・

 「云々(うんぬん)」を読めず・・・安倍晋三が「訂正云々」の云々を「でんでん」と読んだ。引用した文や語句のあとを省略するときに、以下略の意で、その末尾に添える語「云々(うんぬん)」が読めないまま、恥ずかし気もなく「でんでん」と読み上げたという話で妙に盛り上がっていたけれど、わたくし如き耄碌老人社会の住人には、ありがちなコト・・・というより「日常茶飯事」でもあり、枝葉末節、重箱の隅をほじくるような話なのだ・・・が、安倍首相の場合も首相得意の上から目線によるこれは蓮舫代表とのやり取りで安倍首相の口から飛び出てきた言葉で、プラカードを掲げた民進党や野党を皮肉る言葉を繰り返している中で「訂正でんでんというご指摘は全くあたりません」と発言。あまりにも安倍首相が堂々と言っていることから野党側も気が付いていない感じだったっが、後からジックリと見直してみると、文脈から見ても言葉の違和感が強いと言える・・・さすが総理、安倍晋三。

しかし、山本太郎氏「褒め殺しノリ質問」には迫力もあり、それなりの効果もあったけれど、問題はその後だ。安倍首相の答弁が終わると、伊達忠一参院議長が「山本君の発言につきましては速記録を調査の上、適切に対応したい」と宣言したからだ。たしかに山本の質問は少々煽り気味ではあったが、その内容は虚偽ではなく事実を並べ立てただけだ。もしもこの山本氏の質疑が議事録に残らないようなことになったとしたら、それは権力による事実の「改竄(かいざん)」に他ならない。

◆国谷裕子がNHK『クロ現』降板の舞台裏を告白!突如、上層部から交代指示が…|LITERA/リテラ



山本太郎vs安倍晋三【全21分】1/25参議院・本会議









blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



関連記事

山帰来・・・さるとりいばら

カジツサンキラ葉 実は日本の野草植物の中で、最も解毒効果があるといわれている。昔は、水銀中毒患者
サンキラ葉サンキラカジツに使われていたそうで、重金属を解毒する強力な植物とされている。水銀まで解毒するとは・・・また、梅毒によく効くそうで、昔は使われていたらしい。そして餅、西日本では、サルトリイバラの葉っぱで柏餅を包むのが(葉は食べないが)一般的に普及していた。







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ


関連記事

新春、播磨灘遠望。。。

ハリマナダハリマナダ 2017/01/11・・・新年、初登り。取り敢えずは、山頂直下のビューポイントを目指し、一
西山昭和池気に駆け上がった。此処まで来れば、明石海峡から西へ播磨灘がキラキラ輝く細いラインを引いて見せてくれるのだ。。。よく見れば工場の建造物や煙突などがよく解る。視界をゆっくりと西へ移動してみれば播州平野の穀倉地帯を挟むように、さして高くはない、なだらかな里山が横たわる。





blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

電線に引っ掛かった・・・満月

月月







【2017】新月・満月カレンダー 満月12THU-






blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

ツチアケビの薬効・・・

ツチアケビツチアケビ 現在までに、里山でも比較的よく眼にしてきた不思議な植物・・・見方によればグロテスクでもあり、卑猥でもあるファンタスティックな植物なのだ。森の中で突然このミステリアスな姿の植物に遭遇すれば、しばらくの間は目が釘付けとなることは間違いない。赤い果実は小振りのサツマイモのようでもある。別名にヤマトウガラシやヤマノカミノシャクジョウ、ヤマシャクジョウ、キツネノシャクジョウなどの名もあり、これらは果実が多数ぶら下がったサマを、修験者の錫杖(しゃくじょう)に例えたものなのだ。珍奇なものは何か効用がありそうな気持ちにさせられるのであろうか。薬学的な知見・講釈は目にしないし、一般性をもった漢方処方としての認知度は低い印象だが、民間薬としては案外広く知られていた模様で、「広辞苑」にまで、その〝興味深い薬効〟について記されている。つち・あけび【土木通】ラン科の多年草。山地の日陰に生える地下茎は地中を横に這い、地上茎は高さ約1㍍、褐色。葉を欠く。夏、黄褐色の花を開き、秋、赤色肉質の大きな果実を総状に垂らす。果実の形がアケビに似るのでこの名がある。果実を乾して「土通草」といい、漢方で強壮・強精剤とする。・・・と、興味深い薬効は、やはり、強壮・強精剤と記されているところなど、その姿形から受けるイメージが、少なからず影響していることは想像に難くない。。。ということで、薬効の方は姿形のインパクト倒れで「効いた」と想えば効く程度の「薬効」なのだろう。。。と妄想している耄碌爺・・・冬の朝。






◆光合成をやめたラン科植物ツチアケビにおける鳥による種子散布
-動物に種子散布を託す初めてのラン科植物の発見- 京都大学
-
◆ナラタケに寄生する植物、ツチアケビの果実 : 木咲KINOSAKIブログ
◆ツチアケビ・・・ラン科の腐生植物 【Aladdin's cock】
◆ツチアケビ咲く播磨の森・・・【Aladdin's cock】







blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

“総理のやることは何でも素晴らしい”と言わんばかりのその姿は、もはや痛々しいほどである。

 我が国にはジャーナリストと呼べる人が居なくなって久しい。そんな中でいつも冷静な目で捉えながら、的確な解説や見解を示してくれる人が居る・・・今となってジャーナリストと呼べる数少ない人、それが池上晃、この人だと思っている。今朝(1/06)コノ池上晃氏が、有働アナ、井ノ原快彦(アイドルグループ「V6」のメンバー)が司会するNHKの「あさイチ」に登場、元NHK職員でもある池上氏をゲストに呼ぶとは・・・NHK内部に改革でも・・・ !? と勘ぐってはみたけれど果たしてどうなのか。。。

最初に取り込んでいた YouTubeの動画が午後には全て削除され、使用できずYouTube以外のサイトにあったので取り込み使用させて貰った。。。


池上彰の2017年 世界を見に行く 2017年1月3日

池上彰の2017年 世界を見に行く 2017年1月3日 170103... 投稿者 tvbagi

池上彰の2017年 世界を見に行く 2017年1月3日170103... 投稿者 Usagi-1



◆安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表!
2017年もコイツらには要注意|LITERA/リテラ

:◆日銀、株高下支えの上場投信購入 「10%超保有」が年内、13社に:経済(東京新聞)


blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ



関連記事

「活動的な馬鹿より恐ろしい物はない」・・・

 ウソに塗れた2016年も、なんとか誤魔化し終えた安倍政権・・・まだ、活動的な馬鹿とまでは成長し切れていないようではあるが、潰すなら今の内・・・ 「活動的な馬鹿より恐ろしい物はない」。。。

◆国の借金は1000兆円を優に突破これが2016年の安倍晋三だ! 半歩前へⅡ
◆天皇が「主権回復の日」に「沖縄の主権は回復されてない」と異議を唱えていた!
安倍政権に奪われる天皇の発言機会
|LITERA/リテラ

◆言えないことをズバッと、さすが「世界の北野」だ 半歩前へⅡ/
◆日本政府に一片の「反省なし」を世界に宣言! 半歩前へⅡ/
◆なぜここまで平気で嘘をつけるのか?
2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10!
/リテラ
-
◆弱者を救済せずして何が政治家かバカ者! 半歩前へⅡ
◆国の不正が発覚!
ついにデータ捏造を政府が認めた
simatyan2のブログ




      ==================== * ====================




New Year's Concert 2017 Vienna Philharmonic
Gustavo Dudamel Classical Music Library



2017 ウィーン・ニューイヤー・コンサートでも聴きますか!?
◆2017年はグスターボ・ドゥダメル指揮 2017ニューイヤーコンサート



blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

白日夢・・・なにもかも引き受けて逝ってしまった男の物語・・・

  ながい永い昼寝・・・こんなに長時間に渡る昼寝は初めての経験だ・・・もしかして、一睡もせず、妄想の世界をひたすら繰り続けていただけだったのかも知れない。先程から Blog 記事を過去に遡って検索を試み、縄師・ K氏が三草の岩壁にマスク姿でザイルに絡み付き、ユーモアたっぷりにぶら下がり、おどけたポーズで「撮っておいてくれ・・・」と言ったような気がして、シャッターを切り続けたあのシーン、まだ、このパソコンの中に残っていた・・・縄師・ K氏がイキイキと蘇ってくる。この日のショットはすべてCDに入れ縄師・ K氏にはプレゼントしているから、今頃観てくれているのかも知れぬ。。。白昼夢の中の縄師・ K氏・・・やはり、生きてるやないか!

           クリック
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
◆ 縄師・K 参上 !!【Aladdin's cock】
◆心ある市会議員さん、加東市の誇りやと思いまっせ! 【Aladdin's cock】
◆ みくさの山の古くて新しい道・・・【Aladdin's cock】



      ==================== * ====================


NP池畔景 山友が逝ってしまった=11/30(wed) am.02:00=。勝手にニックネーム“縄師K”も、
炭窯沢有象無象の全てを快く引き受け、サッサと逝ってしまった。あまり褒められたりするのは、好みでは無さそうだったので止めておくが、耄碌爺には数少ないインテリ友人の一人でもあった。K氏と三草山を歩き始めてから約8年になる。そんなに高い山ではないけれど、好天の日には淡路から明石大橋、光る播磨灘などが一望できる味わい深い山でもある。


◆No.2856.秋の月=あしアト神戸新聞「 三草山に新コース 」= do_On!




blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ

関連記事

北しぐれ 山友しのぶ 枯れ葉みち・・・

NP池畔景 山友が逝ってしまった=11/30(wed) am.02:00=。勝手にニックネーム“縄師K”も、
隠ー釜炭窯有象無象の全てを快く引き受け、サッサと逝ってしまった。あまり褒められたりするのは、
炭窯沢好みでは無さそうだったので止めておくが、耄碌爺には数少ないインテリ友人の一人でも
沢沢あった。K氏と三草山を歩き始めてから約8年になる。そんなに高い山ではないけれど、好天の日には淡路から明石大橋、光る播磨灘などが一望できる味わい深い山でもある。三草山には、今も、備長炭の原木「ウバメガシ」が多く見られ、古い林道や沢沿いに炭焼き窯の跡も数多く見られるのだが、これらの古い林道や炭焼き窯跡などに目を付け、古道再生をいち早く手掛け、現在の三草山に見られる通りの変化に富んだ登山道やその景観の再生、整備を一人でこつこつと成し遂げてしまったのが「我らが山友、縄師K氏」なのだった。K氏が一番嫌がる派手な騒ぎは此の辺りで終わりにして、12/11(日)、彼が教えてくれた“大人の隠れ家”~炭焼き窯跡~沢筋道へのショートカット道を独り山歩、“山友”偲ぶ枯れ葉みち・・・この道には「鉈(ナタ)の刃傷による目印」が、まだ数か所残されている。また後日談によれば、秋の月さん、T夫妻、Nーbeer工房、等それぞれ「偲ぶ山歩」をやったらしい・・・Kさん、ありがとう。

◆No.2856.秋の月=あしアト神戸新聞「 三草山に新コース 」= do_On!

blogram投票ボタン
オモロナイ写真がイマイチ・・click!

ブログパーツ




関連記事

ナナホシテントウ

テントウムシ ナナホシテントウは、日本全国広範囲に渡って分布し、春から秋にかけて活動するが暑さを苦手とし真夏の気温の高すぎる日は活動せず、ナナホシテントウはテントウムシの中でも最も人気が高く、アメリカやヨーロッパなどの国々でも「幸せを呼ぶ虫」として昔から親しまれているらしいのだ。ナナホシテントウの特徴は全体的に丸い形と赤い羽の部分にある七つの黒い斑点があげられます。この可愛らしい外見と植物の栽培において害虫とされている「アブラムシ」を食べる益虫であるというイメージなどが、ナナホシテントウが子供から大人までに愛されている要因のひとつとなっている。成長が早い事で知られているナナホシテントウは春から秋までのワンシーズンで、3、4回世代が入れ替わると言われており、冬になると成虫の姿で越冬する事となりますが、そこまで寒さに弱い訳ではないようで、冬でも寒さの厳しい時期以外はたまに見かける事もあるようだ。


◆ナナホシテントウ=(昆虫エクスプローラ)=


関連記事
 

Clock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

Profile

Tokira

Author:Tokira
写真、山歩き。
マイルス・デビスやチャーリー・ミンガスもいいけれど
浅川マキのセンチメンタルジャーニーにシビれるジャズ好き。
近頃は吉田日出子の「リンゴの木の下で」を聴いては
ホロリと黄昏れている・・・
時々、照れ隠しに『淫蕩火』を名乗るエロ老人。

mail to
mail.png

-↓Link-Banner↓-
img75533.gif


あしアト掲示板
あしアト do_On!


【YouTube世界のミュージシャン】
Let's enjoy Music Time !

Link list

Counter

Unique Visitors & Pageviews

Category

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TB

Arcives

ページアクセス・ランキング

ブログ内検索